たま男日記

アクセスカウンタ

zoom RSS PS3の内蔵HDDを東芝製の高速SSDや大容量HDDに交換(換装)する方法の件

<<   作成日時 : 2014/06/01 00:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

コンバンワたま男です
今晩もパソコンやPS3で遊んでみましょう
今回はPS3の内蔵HDDを
東芝製の高速なSSDや大容量のHDDに交換(換装)する方法の件



動画もあるでよ!
お急ぎの方は↓下の動画をどうぞ!




さてイキナリだが
「PS3のHDD交換」という話は
昔からよくある件で
現在は既に色んなブログやウィキで
詳細にその方法が紹介されている



なのでお急ぎの方はソチラを見てもらえばOKなのだが
折角なので
現在は以前よりもHDD選びなどは更に簡単になったし
PS3を昔から使ってる人の中には

・交換用のHDDってどれを買えばいいの?
・そろそろHDDもくたびれてきたし容量も足りなくなってきた
・SSDってどうなの?速い?

なんて人もいるでしょうし
「PS4」でも基本的にはやり方は同じなので
自作PCに興味ある方にもちょっとした話をしながら


今更ながらPS3のHDD交換の件!




さて
HDDにもイロイロある
イロイロあるのでパソコンとかに詳しくない方には
交換するHDDはどれを買えばいいの?って悩ましいトコだ

だが
それは以前の話で現在はそれほどイロイロではなく
主流のダケを憶えておけばOKだ


まず「大きさ」


画像


向かって右が
デスクトップパソコンなどに使われる3.5インチ
向かって左が
ノートパソコンやPS3などに使われる2.5インチ

この2つの大きさがあって
PS3は「2.5インチ」の方だ

他にも「1.8インチ」や今は「mSATA」などもあるけど
それは今回は無視



そして
HDDをパソコンやPS3につなげる「接続端子」は

画像


「SATA」(シリアルエーティーエー)という名前

昔の2.5インチHDDは「IDE」(PATA)が殆どだったが
現在は新品ではあまり無いので気にしない

SATAにも種類があるが速度の面では

「SATA1.0」・・・150MBy/s(1.5Gbps)
「SATA2.0」・・・300MB/s(3Gbps)
「SATA3.0」・・・600MB/s(6Gbps)

と大きな区切りと更に細かく種類がある(数字が大きい方が速い)
一般的に
6年以上前くらいの古いパソコンの内蔵HDDはSATA1や2で
それから近年→SATA3と進化してきた


なので
家庭のパソコンや自作PCパーツの古いか最新かによって
対応状況は異なり装着した時の性能(速度)が変わるが

PS3の場合はそのパーツ選択の点での速度差はあまり関係なので
SATAの種類は気にしなくてもOK

以前は
「SATA3」のHDDを使用するには少し注意が必要だった時もあったが

現在は
PS3のシステムの「アップデート」をちゃんとやってれば
とにかく「SATA」であればOKになった



次に交換で使う2.5インチのHDDやSSDの「厚み」の件


PS3では「7mm」か「9.5mm」の厚みのを使用します


普通に売っているHDD・SSDは殆どこの厚みです
ただし1TBなど大容量のHDDには
「12.5mm」や「15mm」というのもあるのでそれだけは注意!



HDDの場合は「回転数」(rpm)というのも違いがあります

その場合
5400回転と7200回転なら7200の方が速い?
と思われがちですが
実感できるほどの違いはないので

HDDを購入する時は
5400回転の方が静かってくらいで
とにかく安い方を買えばOKです

同じような話で
「バッファ」や「キャッシュ」という項目も気にしなくてOK!




さてここまでで

PS3のHDD交換に使うHDD・SSDは


・2.5インチ
・SATA
・9.5mm厚以下


という3点を憶えれば大丈夫という事が解ったので
後はお好きな「容量」を決めて

PCショップなどに行き
↑この3点に合うHDD・SSDを買えばいい

まぁよく判んないならお店の店員さんに
「PS3で使えるHDDください」
といえばOKだし

アマゾン等で買う場合は口コミ・レビューに
大体PS3や4で使えたかの報告があります(→コチラ





という事で私が今回買ってきたのは


画像



東芝の「HDTS351XZSTA」

先に言っちゃうとこれは「パソコン」の為に買ってきた
今回の日記は
「その前に折角なのでPS3に入れてテストしてみよう!」
って遊びな件w

これは東芝の東芝製だけど

似た様な「CFDの東芝製」も売ってる
それもPS3に使わなくてもいい少し高い製品だけど
これはそれよりもう少し高くて性能が良い

シーケンシャルリード554MB/s
シーケンシャルライト512MB/s

ととても速い
この東芝製SSDは

「Q Series Pro」

というシリーズで
パソコンに使うにはオススメのSSDだ



ちなみに
「HDTS351XZSTA」は128GBで1万前後だけど
安めのSSDなら128GBで7500円前後で買える

なのでPS3やPS4で使う場合は
割安の「256GB」あたりを狙ってもいいだろう

コチラ




HDDとSSD
「PS3に使うには交換方法違うの?」
と思われるかもしれないが
心配無用!やり方は全く同じ

大きさも接続端子もHDDと同じなので
大容量HDDに交換でもSSDに交換
でもやる事はおんなじ




では実際の交換方法を見ていこう!


まず何にしても元のPS3の内蔵HDDの

バックアップ

をしなければならない


1番確実な方法は
PS3のXMBから
「本体設定」→「バックアップユーティリティー」を開き

画像


ここで
内蔵HDDを「丸ごと
「USBの外付けHDD」にバックアップすればいい

それを後でリストア(復元)すれば
インストしてあるゲームも丸ごと移行できる

注意点があるとしたら
元の内蔵HDDが「320GB」や「500GB」で
それを殆ど使用してる状態で

「128GB」の低容量SSDに移行しようとすると
当然容量不足でリストアできなくなる




↑上の方法でも↓の方法でも
HDD・SSD交換に必要な「ファイル」があって

「システムソフトウェア アップデート」が必要になります

使うのは大きなHDDなどでなく
いわゆる「USBメモリ」だけでOK

画像



このファイル少し準備が必要で
先にソニーの公式ページで

「システムソフトウェア アップデート」(容量200MBくらい)

をパソコンでダウンロードして
USBメモリに入れておく必要があります

つまり
交換するHDDやSSDはまっさらなので
後でそこにPS3のシステムを入れるからですね

コチラ


このソニーのページの
「パソコン経由でのアップデート」の項目を参照して
「UPDATEフォルダ」を作っておきます

画像


つまりこういうカンジ
こうやって「PS3フォルダ」作って
その中に「UPDATEフォルダ」作りの
その中にダウンロードしたのを入れておくってワケ


少し注意点
この「UPDATEファイル」を入れるストレージの「フォーマット」は
「FAT32」でじゃないといけません

とはいえスティック状の「USBメモリ」なら殆ど大丈夫ですが
「外付けUSBHDD」を使用する時は
そのHDDがNTFSではなくFAT32でフォーマットされてないといけません

PS3のUSBがそもそもNTFSのHDDを認識しない仕様だからです


なので
「丸ごと」のバックアップをする時の
USB外付けHDDも「FAT32」でフォーマットされてないと


「保存先の記録メディアを接続してください」


とメッセージが出て「HDD丸ごとのバックアップ」できないし
復元の時は「UPDATEファイルが見つからない」となり復元できません

買ってきたばかりの外付けHDDなら
殆どはFAT32でフォーマットされていますからOKですが

パソコンに使ってたHDDを
バックアップや復元に使用するならFAT32か確認するか
フォーマットし直しましょう

フォーマッタというソフトが使えます→コチラ




ちなみに
ゲームのいわゆる「セーブデータ」のバックアップは

↑上の「丸ごと」なら大丈夫ですが

1番確実な方法は
有料の「PSプラス」に加入しておく事ですw

殆ど全てのセーブデータはUSBメモリなどにバックアップはできません!


「トロフィー」のバックアップは必要なく
元のHDDの時に「同期」しておけば
交換後にまた「同期」するだけでOK





次に

「1からインスールし直す」方法

こちらはバックアップ用に大容量外付けHDDを使用しないで
もう遊ばないゲームなどをインストしないでスッキリしたい場合


↑の「丸ごと移行」の方法だと

160GBのHDDを110GB使用してたPS3の場合

バックアップに5時間!
リストア(復元)に5時間!!

かかりましたw

それなら
1から今後も遊ぶゲームだけをダウンロードしてインストした方が
結果的に速く移行ができるでしょう


ただし!
↑上の「HDD丸ごと移行」では「セーブデータ」も移行できますが
この「1からインスト」の方法では
「セーブデータ」は移行できません!

「PSプラス」に加入してセーブデータを保存しておきましょう





ではやっと実際の交換手順!w


・・・とはいえ
物理的な交換方法は実はめっちゃ簡単で
説明するほどの事ではありませんw

↓下の動画見ればOKですが
一応やっておくと


本体裏のフタで隠れてるネジを1本外す

前の空気取り入れ口のカバーを横にずらして外す

画像


HDDのマウントが見えるので
取っ手を起こして引き抜き

HDDを固定してるネジを4本外す

画像




外したHDDは
日立製の160GBの7mm厚でした

画像


これをSSDに交換します

まぁ外す時の逆をやればいいだけw
SSDはまだしもHDDの場合はネジ4本を確実にしめましょう!





SSDやHDDを交換したら
電源やHDMIケーブルやLANケーブルを元に戻して
電源ON!

おっとその前に
1からインストールする場合は

さっきの
「システムソフトウェア アップデート」
が入ってる「USBメモリ」をPS3の前面端子にさしておきましょう!


電源ONすると
とうぜんSSDには何も入ってないので
「フォーマット」がはじまります

画像


それが済んで
USBメモリに正しく
「システムソフトウェア アップデート」
が入ってればアップデートがはじまります

「セレクト」と「スタート」のボタンを両方押し

という操作があります




それが終わると
PS3を買ってきた状態
いわゆる「工場出荷状態」になりますので
モニターやLANの設定をすると・・・


画像



普通に見慣れた画面で起動!

ヤッタネ!



後はPSNのアカウンントでログインして
「カウント管理」→「購入管理」→「ダウンロードリスト」
から今まで購入したゲームを再インストールします


画像



とりあえず「バトルフィールド3」をインスト




さて

・結局SSDって効果あんの?
・ゲームの起動やロード時間速くなるの?
・ファイナルファンタジー14速くなる?
・ネトゲー廃人はSSD必須?

という当然の疑問


ぶっちゃけちゃうと
パソコンにSSDに交換したような
劇的な高速起動やロード時間の短縮は
当然PS3では起きません

それはハード的な問題で
いくらストレージを速くしても受け手のPS3が追いつかないからです

ですがHDDよりは確実に速くはなるので

数秒のロード時間短縮が俺には必要!」

という方向けですw


↓下の動画の最後にも入れましたが
「バトルフィールド3」の起動時間では

タイトルでスタートボタンマークが出るまで
だいたい「7秒」くらい短くなりました

ただしトロフィーのチェックはやる度変わるかもしれないので
とりあえず数秒速くなったという程度です

それより
近年の電源ON後の
「注意」と「飛ばせないロゴ」は

SSDにしようが全く関係ないので
なんにしてもゲーム遊ぶまでには時間はかかる件w




ちなみに
交換した元の内蔵HDD160GBは・・


画像



この様なUSB外付けHDDケースに入れると
パソコンや液晶テレビの録画用などに再利用できて便利です

注意点

完全にデータを以降できてるか確認が済むまでは
元のHDDは削除しないでしばらくそのままにしときましょう
特にセーブデータが移行できてないとメンドウですからねw

それに「完全バックアップ」という意味で
元のHDDのそのまま残しておくのもアリかもしれません

再利用する場合は
一度PS3で使用したHDDはそのままではパソコンで認識しないので
フォーマットする必要があります

正確にはパソコンは「認識」はしてるので
ケースに入れてUSBでパソコンにつないだら
「FAT32」や「NTFS」にフォーマットするだけで使えます

ポイントは

パソコンに使用→NTFS
TV録画に使用→FAT32

にフォーマットするといいでしょう
それだけでPCの「コンピュータ」に
「ローカルディスク」(ボリューム)として認識されます

フォーマットにはこのソフトが簡単です


I-O DATA ハードディスクフォーマッタ→コチラ






今回の日記を動画にしました!
内容はSSDの開封と交換と起動テストです







↑上に表示再生できない大きな画面で見る場合は→コチラ





SSDの定番はこれです
CFD販売 SSD 256GB 2.5inch TOSHIBA製 内蔵型 SATA6Gbps CSSD-S6T256NHG6Q

CFD販売 SSD 256GB 2.5inch TOSHIBA製 内蔵型 SATA6Gbps CSSD-S6T256NHG6Q
シー・エフ・デー販売
2014-03-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by CFD販売 SSD 256GB 2.5inch TOSHIBA製 内蔵型 SATA6Gbps CSSD-S6T256NHG6Q の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


現在は2.5インチHDDは1TBでも安価で
PS3にもそのまま使えるので
一気に大容量化できます
日立 HGST Travelstar パッケージ版 2.5inch 1.0TB 8MB 5,400rpm 0S03509 9.5mm厚



玄人志向 2.5インチ HDDケース USB2.0 ケーブルを本体収納 専用ポーチ付き 簡単組み立て GW2.5SC-SU2









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク



PS3の内蔵HDDを東芝製の高速SSDや大容量HDDに交換(換装)する方法の件 たま男日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる