たま男日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スーパーカブにスマホホルダー「ミノウラ iH-200-S」を装着した件

<<   作成日時 : 2015/03/09 00:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

コンバンワたま男です
今晩もバイクで遊んでみましょう
今回はスーパーカブにスマホホルダー「ミノウラ iH-200-S」を装着した件



今回は「動画」を詳しくしたので
お急ぎの方は↓下の動画をどうぞ!



追記

現在は新製品の「ミノウラ iH-220-S」が出ていますが
基本的には同じで更に改良されています

コチラ



現在バイクが人気再燃らしい

・・それは殆どバイクメーカーと広告代理店に仕掛けられた
ただの「流行」を後付けする戦略としての流布でしかないのだけど
それでもジワジワと人気というか効いてきてるらしい

TV番組ではオッサン芸能人が
ハーレーや昔の憧れの旧車やハーレーなどの愛車を披露するのを最近よく見るだろう
(大事な事なので2回言ったw)

なんだかんだで日本は

・団塊世代という戦後日本を消費・消費・消費して逃げ切った世代と
・その遺伝子を色んな意味で受け継いだ子供達の団塊ジュニア世代

という2つの大クソ層とで構成されている
そしてバイクユーザー(ライダー)もそれで構成されている

それは圧倒的な「数」の力だ
個の能力や資質ではない
この2つの層が絶望的に「人口」が多いので

政治的な政策からコンビニに並ぶ惣菜まで
その層に合わせたモノが通るようにシステムが出来上がってる

オッサン向けに作られたバイクや価値観が売れるので
それが流行り
流行に乗るのが特権の若者が「最新」として踏襲する


現在「リターンライダー」による事故が多いそうだ

昔憧れてたり乗ってたバイクに
ずっと「バイクを降りていた」のに
金と時間があるオッサンが体力の減退に気付かないフリをして出戻り乗り始め
見事というか必然というか事故るのである

若者ライダーならある意味事故ったりコケたりするのは解る
初心者なんだからしょうがない

だが現代はいわゆるリターンライダーや
初心者といってもオッサンやBBAになってから免許を取る人達の事故が増えてるそうだ




・・とまぁそんな前置きはどうでもいい話と思いきや

今回の「スマホホルダー」の件とわりと関係ある

それはなぜかと言うと
現在この様な電子機器をバイクに装着するのが普通になってて
初心者ほどバイクにゴチャゴチャと装着したがるモノ

ETCやカーナビやスマホやドリンクホルダーなどなど
装着すれば便利になるだろうけど


先に大事な注意点なので
特に初心者ライダーにはマジなアドバイスなのだが

ハンドル周りとくに走行中の視界に入る位置に
この様なディスプレイなどのデバイスがあると

注意力が散漫になり
目のピントがソチラにとられたりするので

とても危険!


解り易いのは昔まだ
車の走行中の携帯がそれほど規制されてない頃

携帯のメールや着信音がなった時にソチラに視線を移したり
携帯が床に落ちてそれを拾おうとしたり

そんな時に事故がよく起きた


後から見たら
・そんな事で事故る?
・携帯より事故を起こさない様に対向車とかを優先しない?
と思うかもしれないが

人間は不意なアクシデントや音には「反応」する様にできているし
初心者ライダーほどそれを「無視」できないモノです

なので「スマホホルダー」や「カーナビ」や
そしてヘルメットに装着する「インカム」や「スピーカー」の類

現在バイクが人気!とされているバイク界隈において
これ等の商品は「売れる」ので
こぞってレビュー動画などがYouTubeなどで溢れていて

初心者やまだ詳しくない人向けに危険性や注意喚起もせずに
昔の価値観を「正」として若者に金を出させるために
ただ都合の良い事だけが垂れ流されている近年のバイク界隈の現状

私は初心者ライダーにはこの様な商品をオススメしません




・・・と現在

ユーチューブで若者と初心者に人気バイク屋を軽くディスったところでw


ここからが今日の本題ですw



スーパーカブにスマホを付ける為に
スマホホルダーを買ったよ!


画像



購入したのはミノウラの「iH-200-S」
(追記:基本的には現在の220-Sも同じ)

これは定番中の定番の商品なので
それほどレビューとか必要ないくらいネットに情報はあるので
ソチラや↓下の動画で十分なんだけど

今回のポイントは2つあって

・数あるミノウラのホルダーの中でiH-200-Sが良い点
・バーハンドルではないカブに装着する方法

この2つがこの日記の件です




まず1つ目のポイント

なぜ「iH-200-S」にしたのか?

ミノウラのスマホホルダーは基本的に「日本製」です!!

まぁそれ自体はこの手の商品にしては珍しいね
ってくらいなのですが
後々装着して4ヶ月使ってみた感想として
とてもシッカリしてて良くできています

精度もよくブレや振動もなく
モチロンスマホが外れる様な事はありません


アマゾン等では
300円くらいで激安の防水カバータイプのが売っていますが
安物を買うくらいなら少し高いミノウラを買う方がベストです

ていうかスマホが落っこちたりしたら安く済まないからねw

ミノウラのホルダーは高めといっても
アマゾンでは2千円前後です(→コチラ


店頭やアマゾンなどでミノウラのホルダーを買おうとすると
結構種類があります

現在おそらくよく見かけるのは
今回の「iH-200」と「iH-500」の二つでしょう
(追記:現在は220と520)

画像


他に「400」や「100」などもありますが
現在バイクで使うにはこれ等になります

では
200と500の違いは?というと
↓の動画にも入れときましたが

「バーハンドルに固定する基部が固定式かワンタッチ式か」

という違いです


画像


この金属部分でバーハンドルと固定するのですが
200だとこの様にワンタッチ式ですが
500だとボルトで固定する式なので

この「基部自体」を何度も付け外ししたい
1つでバイクと自転車で両方使いたい
なんて場合は200がオススメです


ちなみに200でも500でも
基部とホルダーがこの様にワンタッチで分離するので
基部さえ何個かあれば差し替えはどちらでもできます

画像


基部自体をワンタッチで装着したい
という場合は200が良いという意味です


ちなみに基部とホルダーがワンタッチで外れるので
スマホを横画面にしてカーナビにして使いたい!
など横画面にも直ぐにできるのはカナリ良い特徴だ



200と500の違いはそんなとこなんだけど
さらに分類があって

型番をよく見て間違わないように購入したいとこなんだが

今回の日記のホルダは「iH-200-S」という名で

Sが付いている

これはSサイズの意味でMサイズもある

一般的なバイクや自転車のパイプは22.2mmくらいからなので
22.2〜28.6mm対応の「S」を購入するのがベストだ



そうそう大事な件で

対応するスマホ・カーナビのサイズは

幅が55〜75mmまで
厚みが6〜18mmまでで

もちろん保護ケースに入れてたらその分も合わせてだ
ちなみに私はアイフォンをシリコンケースに入れたまま使ってて大丈夫だった

気になるiPhone 6の対応だが

・iPhone 6はそのままOK
・iPhone 6 Plusは条件付でOK

というカンジ
200-Sは左右からガッチリ装着できるのでそれでOKなんだが
上下にも押さえがあるけど
iPhone 6 Plusだとその上のパーツを外さないと使えない


追記:

現在の新製品220・520ではアームパーツ交換で
iPhone 6 Plusに対応してます
他の大き目のスマホのエクスペリアZ3・Z4やゼンフォン2・5などでも
おそらく大丈夫でしょう




では次は2つ目のポイント

・バーハンドルではないカブに装着する方法の件


さてミノウラのスマホホルダーが定番商品で人気なのは解った
だがスーパーカブ乗りの少年はフト思った(いや私はオッサンだけどw)

カブってバーハンドルじゃないから装着できねぇじゃん!!

という大問題!w

現在スーパーカブは110ccのいわゆる中華カブなど
見た目や性能(FIなど)が変わって
殆ど別物って感がありますが

昔からハンドル周りはカバーがかかってて
中は一応バー(パイプ)ハンドルなのですが
金属のカバーがかかっています
(今のカブはプラスチックかな?)

ミノウラのホルダーはパイプに装着する前提で作られています
クロスカブ以外や一部のカブを除き
カブにはそのパイプが無い

・・・どうするべきか?


いや答えは簡単
パイプが無いなら付ければいいじゃない!w


という事で買ってきたのが


画像


デイトナ マルチバーホルダー!


スーパーカブやスクーターなどの
パイプハンドルにカバーがしてあるバイクに
パイプマウントアクセサリーを装着できるようにする

「バックミラー」のネジ穴にこれをかませてステーを作るという商品です
8mm10mmのネジ穴に対応してるので
原付に限らずビックスクーターなどにも使えるかもしれません


・・・なのですが!
すごく大事なハナシなので注意点!!

スーパーカブC50にこのデイトナのバーホルダーをそのまま装着すると

グリップ周りがすごくジャマになります!!

画像


バックミラーのネジ穴とグリップが近過ぎるのが
↑上の写真ではそうでもないですが実際グリップを握ると
手の甲とホルダーが当たりそうになります

現在のFIカブなどはわかりませんが
リトルカブなど昔ながらのC50のカタチなら同じでしょうから

カブにバックミラーを利用したバーホルダーを付ける時は
南海などから出てるこの様なカタチのバーが良いでしょう

画像


NANKAI PB-05M マルチホルダーKANIシリーズ ミラーパイプクランプ
(私が実際試したわけじゃないので↑は自己責任で!)



私はデイトナのバーを買っちゃったので
それでどうにかするしかないので
ホームセンターでプレートを買ってきて延長して使用してみました

画像


ちょっと写真がわかりにくいですが

・プレートで内側に延長して
・そこにバーホルダーをつけて
・そこにスマホホルダーを装着して
・そこにアイフォンを装着!

という構造ですw

少しメンドウでしたが
結果的にこの様な構造にしたら
風防より内側になったので良かったです

画像


風が当たらないし雨もある程度はOKですw
というよりカブには風防でしょう!!ww




バックミラー周りにホルダーや風防やステーなどを付ける場合
そのままだと干渉したりボルト長が足りなくなったり
作業がメンドウになる事があります

そんな時はミラーの「延長アダプター」が使えます

画像


この様なアダプターを左右2つ使います
カブのミラーは左右とも8mmの正ネジです

このアダプターは
「TAKATSU A8・ミラーアダプター 1871」です→コチラ





さて実際の使用感ですが

逆にマジで特に感想も無いってくらい
ミノウラのスマホホルダーは問題が無いですw

振動もないしモチロンスマホは外れたりしません

何より良いのは
スマホの取り外しが楽で簡単ってとこです
上下のストッパーを始めに合わせておけば
あとは使う時に左右のツメでギュっと挟むだけでガッチリとホールドしてくれます

まぁそういうのは↓の動画でどうぞ!



そしてカブに限らずバイクにスマホを装着する理由の
現在の目的の殆どは

・カーナビ

としてスマホを利用したいからというのが多いでしょう

実際私はこの「ミノウラ iH-200-S」と
アイフォンとグーグルマップを使用して
おでかけする時のカーナビとして使っています

それはたいへん便利なのでオススメなのですが


ホルダーとスマホをカーナビを使用すると
新たな問題が出てくる

・それはスマホのバッテリーがもたない!

という大問題w
そうスマホはGPSを使うと電気を食う
しかもカーナビは画面が点きっぱなしになるので
目に見えてバッテリーが減っていきます


なのでその解決方法としては

大容量の充電池をつないで充電しながら使用する

というのもありますが
それはそれでメンドウなので折角なら・・・


画像


USB電源をバイクに装着する!という方法があります

これならスマホのバッテリーを気にする事無く
カーナビをガンガン使えますし
モチロン充電もできます
これは

画像

デイトナ(DAYTONA) アルミ削り出し電源ユニット
という商品名で簡単にバイクに付けられアルミで精度性能も良いのでオススメです


追記:
このUSB電源の取り方の件の日記をアップしました!

スーパーカブにデイトナのUSB電源「アルミ削り出し電源ユニット」を装着した件




まとめ:

長いので今回はこのへんでw

ミノウラのスマホホルダーは他のよりは少し高いですが
その分性能もよくてオススメです

ですが前置きでも言いましたが
初心者ライダーの方はあまりこの様な製品をバイクに付けるのを
私はオススメしません

初心者でなくても
スマホをバイクにつけて

音楽を大音量で流したり
現在流行ってる
YouTubeでアップする為のお喋りしながら走行するいわゆる「モトブログ」や
ヘルメットに装着するインカムタイプのイヤホン(スピーカー)で音楽を聴きながらやバイクに乗る
というのはたいへん危険なのでやめましょう

モチロン
スマホでツイッターなどSNSやったり
ニコ生やツイキャスで生配信しながらバイク乗るなんてのも禁止だよ!



今回の件を動画にしてアップしました!
内容は開封と装着です
実際のカーナビとかの「使用編」はそのうちやりますね





↑上に表示再生できない大きな画面で見る場合は→コチラ






関連日記:

スーパーカブのリヤサスペンションをSP武川製に交換した件→コチラ
スーパーカブC50のバッテリーを激安YT4L-BS互換品に交換した件→コチラ
他スーパーカブ関連日記は→コチラ





現在購入するなら新製品の220が良いでしょう
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-220-S] Sサイズ 22mm〜29mm



今回の日記の200でも性能十分ですので
少しでも安い方が良い方はコチラ
MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-200-S] Sサイズ 22-29mm



NANKAI PB-05M マルチホルダーKANIシリーズ ミラーパイプクランプメッキ












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク



スーパーカブにスマホホルダー「ミノウラ iH-200-S」を装着した件 たま男日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる