たま男日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 楽天モバイル銀座店頭販売でMVNO(格安SIM)に乗換え機種変してきた件

<<   作成日時 : 2016/02/17 01:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

コンバンワたま男です
今回は楽天モバイル銀座店の店頭販売で
MVNO(格安SIM)に乗換えし
「ASUS ZenFone 2 Laser」に機種変更してきた件


画像



「動画」もあるでよ!
お急ぎの方は↓下の動画をどうぞ!



MVNO(格安SIM)とは何か?の前置き話



最近政府が人気取りで指摘し話題になった
スマホの実質0円の廃止や「通信費」の安いプラン

ドコモ・AU・ソフトバンク

いわゆる「三大キャリア」が談合の様に
横並びの高い通信費を設定してるので
ユーザーの不満に答えろ!ってのがニュースになった

なので「政府によるキャリアへの圧力」という印象を持つ人が多いが
私は逆の見立てをしてる

近年
「MVNO」いわゆる「格安SIM」という存在が
一部のガジェットヲタクだけでなく一般人にも知れてきて
そこにキャリアから契約者が流れている

なので当然三大キャリアは「格安プラン」を設定する必要が出てきた

だがMVNOの様な月980円!とかは当然できない

そして一般人はキャリアの通信費を「少し高いかなぁ〜」と思いつつも
「MVNOって何?なんか複雑でイミフでわかんない!」
と何だかんだでそのままキャリアを使ってる

現在三大キャリアが恐れているのは
一部ヲタクだけではなく
普通の一般人がMVNOについての「知識」を得る事だ

モタモタしてたらMVNOへの移行の仕方を知ってしまう!
なのでその前に・・・

「3大キャリアも格安プランを始めますよ!」という印象

広く従順な消費者に与える為に
今回の政府の発言等があったような気がする

つまり一般人が
「MVNOに乗換えしようなか〜」と思ってるトコに
「3大キャリアでも格安プランはじめるから乗換えなくてもOKだよ!」
と思ってくれる為の仕掛け


何よりアヤシイのは
その3大キャリアが始めようとしてる格安プランとは

月1GBまでは4900円

とかいうフザけた価格設定なのだ

元々普通の人特に老人などは月1GB以下に収まる場合が多いので

「月8千円だったのが4900円になってお得!」

・・・という事をやろうとしてる

モチロンスマホやネットに詳しくない人
保障や通話量の安さなどでキャリアが良いのは確か

だが安くなったという「印象」だけで
実際の使用量に対してまだまだ高いプランを薦めようとするやり方は好かん


そんなワケで見出しから脱線してるけどw

MVNOとはなんぞや?って話

最近MVNOや格安SIMと呼ばれてるのは
ざっくり言っちゃえば

ドコモやAUの回線を「間借り」して通話や通信回線を提供してる会社のこと

いわゆる3大キャリアが今まで築いてきた通信網をちょっと借りて
それより安い価格で通話通信回線を提供し

その代わり端末の購入費の優遇や保障
アフターサービスなどは
低価格なぶんそれなりか有料

「ドコモショップ」の様な「実店舗」が無く
いわゆる携帯ショップでも扱ってない場合が多い

基本的に
「SIM」(シム)と呼ばれる
スマホの中に入ってるカード
MVNOではそのカードを購入(契約)して

自分で用意したスマホに入れて
設定も自分でやって使用する

スマホも新しくしたい(機種変)場合は
殆どのMVNOでは「端末セット」という形態でも売ってる


・・ってカンジ

つまりある程度の「自己責任」ができる人
スマホやパソコンをそれなりに理解できる人

逆に言えば現在スマホ等を使ってて
どんな契約をしてて幾ら掛かってるか自覚してない
なんて人には向いてない


これは私が今まで使ってたアイフォン4のSIM

画像


スマホにはこのSIMがみんな入っており
キャリア各社のそれぞれのSIMを使ってる

つまり
スマホ本体は電話会社は関係無くこの「SIM」と契約してるってワケ
(正確には「SIMロック」というのがかかっていて「SIMフリー」とはその制限が無い端末の意味)


MVNOとは「格安のSIM」との契約を売っている
なのでそれをお得!として巧く使うにはそれなりの知識が必要

先に私の場合をやっておくと
月々の支払いが

ソフトバンク・・・6000円から
楽天モバイル・・・2150円

になりました!

この価格差をどう感じるか?
安くはなってるがその分の代償はどの程度か?

を自覚して(調べて)からMVNOを検討するのが良いでしょう



MVNOはドコを選ぶか?お得か?



この見出しだけで本来は日記を2個くらい必要
ってくらいこの件はなかなか難しい話です

そしてこれがMVNOへの移行をメンドクサイと諦める原因


まずどこのMVNOが良いか?お得か?

という話
コレはあまり指摘されていない点ですが

現在MVNOは過当競争価格競争の段階なので
そのうち淘汰されるまでの間は

ぶっちゃけドコを選んでも同じ!!

すごく乱暴ですがコレで解決w

20年くらい前(90年代)
携帯電話が流行りだし
そこで現在のように競争が始まりました

サービスや料金が他よりもウチはお得だよ!
って各社過当競争をしていく流れの中で

ユーザーはその度に乗換えたりしなかったりなんですが
現在のMVNOはそんなカンジで

回線速度や月数百円や数MBの違いはあるがその為にMVNOを乗換えるかどうか?

という話なので
その手間を惜しまない人はそれで結構ですが
殆どの人にとってはドコを選んでもたいした違いは無く納得になるでしょう

結局は数年かけて統廃合されていき
サービスや料金は平均化していくものです

ちなみにMVNO事業者によって「回線速度」が違う
というのは気にしてもしょうがない不毛な件だと私は思っていますw


MVNOは既存のキャリアの回線を間借りしてるのですが
現状では殆どの事業者は

「ドコモ」の回線を使用しています

「AU」の事業者も少しあります
「ソフトバンク」は・・・w

なので今現在ドコモのスマホを使ってる人
そのスマホのまま中のSIMだけを取り替えて使うことも可能です

つまり現状ではいわゆる「SIMフリースマホ」と「ドコモのスマホ」なら
MVNOに乗り換えるのはSIMだけでも可能という意味

アイフォンでいえば各社からアイフォンは出ていますが
アップルストアでSIMフリーアイフォンも売っています

MVNOではSIMフリーしか使えないの?と思われがちですが
ドコモのアイフォンなら殆どのMVNO事業者
AUのアイフォンなら一部のMVNO事業者
でそのままSIMだけ乗換えて使い続けることができます

(ただしアイフォン4とか3Gしかない古い機種だと注意もある)


ネットでよく見かける話題になるMVNO事業者は

・IIJmioの「みおふぉん」
・OCNモバイル
・DMM mobile

などなどが人気ですが
MVNOと契約したい!使ってみたい!という時に

ドコモショップやAUショップなど「実店舗」が無いので
殆どの場合は「ネット」での契約・端末の購入になります



MVNOの契約に必要なモノは?クレカのみ?



MVNOを利用してみたいのにそれを躊躇させるのは
なんといってもネットでの契約と端末の通販がよくわからいという点でしょう
現在Amazon等では

格安SIMや端末セットという商品がよくあります




OCN モバイル ONE 音声通話+LTEデータ通信SIM 月額1,600円(税抜)

この様な商品と各社MVNOのホームページ等での申し込み方法
どちらでも基本的には同じです

必要なモノは

・免許証等個人本人証明書類
・クレジットカード
・音声SIMで番号そのままならMNP予約番号
・そして↑この必要なモノを用意して間違えない様にネット上で契約する慎重さと知識

・・というカンジでしょうかw


クレジットカードは絶対に必要!と言っていいほどですが
絶対ではなく一応無くてもできるとこもあるようですが

せっかくならというかメンドウなので
クレカが無い人は作ったほうが速いでしょう

ちなみに私はMVNOの為に
この歳ではじめて「楽天カード」でクレカを作りましたw


MVNO各社のホームページで契約の仕方を見ると
どこも基本的には同じなのですが

・書類をアップロードしたり
・使いたいSIMや端末は配送
・その配送に時間がかかる
・スマホが使えない期間が1日くらいは在る
・SIMが届いても「設定」は自分でやる

・・等々
1度チャレンジしてみれば次からはOKそうですが
はじめてやるにはなかなかメンドウそうだ



MVNOの実店舗・店頭販売という選択



三大キャリアの通信費に不満がある人が多いのに
MVNOがいまいち普及しない理由はなんと言っても

↑の様に契約がメンドクサそう!設定とかイミフ!!

という点だろう

ドコモショップみたいにスタッフに聞いたり
設定とかやってくれる店はMVNOには無いの?
スマホが使えない期間がなくその場で即日で乗換えできないの?
という疑問がおきるとこだ

現在MVNOでは殆どが
イオンやビックカメラやヨドバシカメラ等で「契約」はできる

ビッグローブスマホの場合は→コチラ

こんな風にMVNOでも実店舗でも
契約はできるしSIMはその場ですぐ発行される

だがそれだけだ
他のサービスは無い
モチロン設定や解説などそういう手間を省いてるから
「格安SIM」でやっていけるワケだけど

もっとこうサービスが良いとこというか
スタッフとちゃんと対面でいろいろ聞いて
設定とかもやってくれる実店舗は無いの?となると
現状では・・・

・Y!mobile
・楽天モバイル

の2つになるだろう
Yモバイルの方なら店舗が多いし猫のCMもやってるので
なんとなく知ってる方も多いだろうが

Yモバイルって純粋なMVNOなの?
つうかなんか料金高くね?という疑問もある

Ymobileのホームページは→コチラ

何となくだがYモバイルはキャリアとMVNOの間ってカンジがするので
使い方・料金・サービスを見比べてバッチリ合う人向けでしょう

楽天モバイルの場合は
他のMVNO各社と同等のサービス・料金でありながら
「実店舗」が在る
というのが他と違うアドバンテージです

とはいえ店舗数は2016年2月現在まだまだ少なく
楽天純正のショップは大都市と仙台に数店あるだけです


楽天モバイルのホームページ→http://mobile.rakuten.co.jp/

しかも
いわゆる「携帯ショップ」で楽天モバイルを扱ってる店は増えているのですが
楽天純正のショップは銀座・渋谷・二子玉川と
なんとなく行きにくい場所にしかありませんw



楽天モバイル銀座店に行ってきた!



さてここからがある意味本題なんですが
ここまでて

・MVNOは契約がネットでなんかメンドウそう
・実店舗での契約はできるが設定とかは?
・銀座に楽天モバイルの実店舗があるらしい

という流れができたので

ホントは楽天モバイルの店舗が
北千住や上野とかにあればすぐ行くのに〜と思いつつw

画像


楽天モバイル銀座店に行ってきた!


・・いや
ここで実は大事な話というか個人的な話だけど
私は今までクレジットカードを作った事が無かった

その理由は簡単で必要ないからなのだが
MVNOに乗換えするにあたってはじめてクレカを作った

この歳でいわゆるクレヒスも無い私が選んだカードは
そうモチロン・・・

画像


楽天カードマーン!ww

楽天カードは審査が緩いとの評判で
私みたいなクレカ童貞でもイッパツで発行された

そしてこれはもう楽天の思惑通りって件だけどw
楽天カードを手にしたら

当然MVNOも楽天モバイルを選択!

ってワケw
なのでMVNO選びでドコにするか悩んでる人は多いだろうけど
私はドコでもいいと思うがカードの関係で有利で簡単な楽天モバイルにしただけ

ちなみにモチロン
楽天モバイルで使えるクレカが楽天カードのみってワケじゃないw

あくまで楽天カードをもってると
契約が簡単だったり月々の使用量にポイントが付いたり
楽天市場での買い物でもポイントが増えたり

・・とお得だよ!って話


楽天カードは新規契約すると
ポイントが5000ポイントとか貰えるので
それだけでお得です
ちなみに1ポイント1円です!



↑上のバナー広告から新規入会発行できます



・・とその前にMNP予約番号を忘れずに!



MVNOに乗換える時電話番号もそのまま使いたい時は
「MNP予約番号」(携帯電話ポータビリティ)が必要です!

これは元のキャリアに「他に移るから番号発行しろや」って作業で
自分でやらないといけません
ネットだけで済むのですが
ソフトバンクの場合は電話でやらないといけません

ですがソフトバンクショップに直接行けばその場で直ぐ発行されます

画像


「今からお前のとこ捨てて他に行くから!」と言いに行くわけですがら
対面でやるのはなんか気が引けそうですが
そんなの関係ねぇ〜!w

いわゆる「引き止め」もあるかもしれませんが
私の場合は5分で済みましたw

ちなみにソフトバンクの前のヴォーダホンの前のJフォンの前の東京デジタルホンから使用してた回線なんですがね〜
(ちょっとは引き止めを期待したんですがw)

ソフトバンクショップでMNPをするとこんな紙で印刷されますので
後々MVNOで契約する時に見ながら書けるので便利です

画像

ちなみにMNP予約番号には15日という期限と
手数料3000円がかかります(元のキャリアで引き落とし)



楽天モバイル店頭販売での契約の様子



私が楽天モバイル銀座店に行ったのは
平日の午前中です

住所は:東京都中央区銀座5丁目1番先 銀座ファイブ 1F
有楽町マリオンの道路を挟んだまん前です

お客さんは2〜3人でまばら

画像


そしてこの椅子が微妙に座りごごちが悪いw

後から知ったのですが
お昼休みや午後の特に仕事が終わった時間帯などは混むらしく
せっかく行ったのに契約締め切りでできない!という場合があるかもしれないので

朝一とかに行くのが確実で良いでしょう

MVNOで端末セットで契約する場合特に問題になるのが

いわゆるSIMフリー機の使いごごちがわからない
持ってみて手に馴染むか試してみたい

という点でしょう
実店舗ではちゃんとセット売りの端末が並んでるので試せます

画像


私は端末セット(機種変)で
ZenFone 2のメモリ2GBストレージ16GBに決めていたので

さっそくスタッフにこれちょーだい!と聞いたら
なんと売り切れでしたw

なので「在庫」は確実ではないようです
人気の色や容量のは無い場合があるらしく
32GBならあるとの事でしたが

そういう場合用の第二プランで
「ZenFone 2 Laser」の8GBにしました

私はこういう契約には既に全部知識を入れておく派なので
特にスタッフに説明等をしてもらわないのでサクサク作業が進みます

基本的にiPadでペーパーレスで契約していきます

ここで先程の「楽天カード」が役立つのは
正確には「楽天のID」があるとこの作業がすごく簡単になります!

楽天カードを持ってるという事は個人情報は既にそこに在るワケですから
iPadでそのIDでログインすると

それだけで名前や住所やら支払い方法などなど全て完了します


ちなみにその楽天のIDを忘れてると
店頭でログインできない
という事態になりますのでちゃんと憶えておくのが賢明

・・というか隣の人がログインできなくて困っていましたw


色々な入力が済んだら
そこから楽天のSIMを作成する作業があるのか少し待ちます

待ってると使ってたスマホ
私の場合はソフトバンクのアイフォンが使えなくなりました

そしたらやおら裏から
新しいSIMとスマホを持ったスタッフが出てきて

新しいスマホを「使える状態」にセットアップしてくれます
自分でやる必要はありません

この時端末セットなら全部やってくれますが
SIMのみ発行の場合はどこまでスタッフが手伝ってくれるかは知りません


スタッフが新しいSIMを入れて
「通話」のチェックをして
問題が無ければそれで完了です

もうこれだけで携帯電話機として「通話」は完全に使えるようになっています!

スマホといっても本来は電話機でそれが大事だからねw

4GLTEの回線も既に使えるようになっています
(家庭内の「ワイファイ」はもちろん自分で設定)

そしてここまでで約1時間で完了しました!

つまりMNPでMVNOに乗換え・機種変が1時間でできる!

って事
これはネット上(オンライン)でのMVNO乗換えの時間の掛かり方が気になる方には
簡単で速く済むのでオススメです

いやもちろん実店舗がすぐにいける場所にあればですがw

支払いに「現金」はモチロン必要なく
楽天カードでの契約だったので
カードを通すこともありませんでした


ちなみにこの楽天モバイル銀座店で
私を担当したスタッフの女の子がカワイかったのは
極めて大事な評価点だ!!w



MVNOのGB数はどれ位がいいか?



この件も日記が1つ書けそうなので
詳しくは別の機会にやりたいですが

MVNOでは月に使える高速回線の上限が決まっていてて
それによって月々の支払いが変わります

1GB・3GB・5GB・10GB

と区切りがあってだんだん高くなります

よくある980円!1280円!とかの宣伝では
1〜3GBでの契約の場合です

このGBの数値は人によるので
それはここで自分の使用量を把握してから契約するのが良いのですが
ざっくり言うと

・家庭内に固定回線とワイファイが無い
・ユーチューブやゲームなどを「屋外」でよく使う
・クラウドやNASで動画や大きなファイルをよく扱う
・そもそもデータ量とかよくわかんない

という人は
そもそもMVNOに向いてない!・・と言っちゃおしまいなのでw
そういう人は大目のGB数の契約をするのがいいでしょう

それでも三大キャリアよりは安いですからね


そして楽天モバイルの場合特に注意した方が良いのが

楽天モバイルは2016年2月現在では
3日間での制限があり
それがわりとキビシイという点です

具体的には3日間で総使用量が

月3.1GB・・・540MB
月5GB・・・1GB
月10GB・・・1.7GB

つまり月に3GBの契約をしてると3日間で540MBまでの制限という意味です

これを越えると通信速度が低速になります
(モチロン通話は関係無い)


なので実際の利用状況でいうと

月に3GBもあれば十分なんだが
週末やお出かけのさいにたくさん使うかもしれない
という場合に540MBだと足りない

という事態になる恐れがあります

なので私は本来月1GBくらいでもいいのですが
たまによく使うので保険的な意味で5GB契約にしました

画像


使用量アプリで確認できます

この様ないわゆる「3日縛り」や「1日制限」などはMVNO各社で違うので
月のGB数よりもこっちの制限をチェックするのが良いでしょう



ちょっとまとめ



そんなわけで私も無事にMVNOに乗換えできました!
2011年から使ってたアイフォン4からアンドロイドなので
はじめは結構戸惑いましたが
もう慣れました

楽天の3日縛りは意外と大丈夫ですが
しばらくは5GB契約のまま使っていこうかと思います

なんにしても3Gで安い6千円の回線でしたが

それが2千円にまで節約できたのは大きいですね!

ZenFone 2 Laserの場合はここにSIMを入れるだけで使えます
(マイクロSDカードと上下に入ってる)

画像


このZenFone 2 Laserは楽天限定の8GBモデルで
人を選ぶので普通は16GBモデルのほうがいいですが

そのおかげで支払いは全部で22000円で済みました!

MVNOは各社たくさんありますが
今回は「楽天カード」と「楽天モバイル」で

簡単に素早く乗換え機種変ができたよ!

という件でした


楽天モバイルのホームページは→http://mobile.rakuten.co.jp/




今回の件を動画にしてユーチューブにアップしました!



↑上に表示再生しない大きな画面で見る場合は→コチラ








先にスマホを買っておいてMVNOのSIMだけ契約するというのもできますね
オススメのSIMフリースマホはこれです









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク



楽天モバイル銀座店頭販売でMVNO(格安SIM)に乗換え機種変してきた件 たま男日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる