たま男日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 足立区「新西新井公園」の初代タコ型すべり台「タコの山」を滑る件

<<   作成日時 : 2016/05/13 21:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝もカメラを持ってすべり台を滑りに行きましょう
今回は足立区「新西新井公園」の初代タコ型すべり台「タコの山」を滑る件

画像



「動画」もあるでよ!
お急ぎの方は↓下の動画をどうぞ!



昔々
まだ「外食」が家族の一大イベントだったくらい昔
よく行った足立区にある飲食店に行く時は
必ずその店の近所の公園に遊びに行き
「タコすべり台」で遊んだ

子供は遊んでお腹を減らしてから
飲食店でたんまりご飯を食べるって流れだったからだ


・・とそんな事を言うと
昔からの足立区民
特に1970年代に子供だった世代〜から現代の足立区民は

「ああ〜あそこの公園ね!」
「うんうん俺もその公園行ったなぁ〜」

と思う方が多いと思われる

だが!

それはどこの公園かな?
地名的にはどこら辺かな?
そしてその公園の正式名称は?

と問われたら
その答えはバラバラになる件!

ココが今日のすべり台の件の面白いトコで
今でも「元」でも子供の頃に足立区民だった人は

「マイ・フェイバリット・タコ公園」を持っている

そしてその公園の場所は人によってまちまちだ


そうつまり「タコ公園」は足立区には実はたくさんあるので
人によってその「タコ公園」の場所が違うのだ

その理由は何より
「タコのすべり台」が在る公園が
足立区にはナゼかたくさん在るからなのだ!!

正式な「何々児童公園」などの
「公園の名前」は殆ど覚えてないが

足立区民は「タコ公園」として覚えてるし呼んでる


つまり
「タコ公園に集合ね!」
と呼びかけると

「どこのタコ公園の事?」

という事態になるのだw



さてそんな「足立区」と「タコ公園」の関係性

そのエポックメイキングな公園に今回は行ってみよう!

画像


ここは「新西新井公園」

住所は:足立区西新井5-17-1


実はここだけの話だが
初めこの公園に来たのは偶然だった

この公園の隣には
足立区民にとっては「東京拘置所」(葛飾区だけど)くらい
色んな意味で有名な病院

画像


「大内病院」が在るのだが

以前この近くを走ってる時に
「そういえばここら辺にあの有名な大内病院があったハズだが・・」
と寄り道をしたら

たまたま病院の目の前にこの新西新井公園があったのだ
というより立派な「タコすべり台」を発見したのだw

その時は夜中だったので
今回改めて早朝に来てみたワケ


ちなみに便宜的に「タコすべり台」と呼んでるが
これにもちゃんと正式名があってその名を

「タコの山」

と言うらしい
その話は後にして

メインのタコすべり台の前には
柵に囲まれた幼児用のプレイグランドがある

画像

画像


この「新西新井公園」
実はけっこう遊具(設備)が充実してて

今は色んな意味で存在が危ぶまれている
幼児用のプール
いわゆる「じゃぶじゃぶ池」まである

これが都内や
田舎者が住み着くオシャンテイーな街なら
どこぞのクソ田舎の「保育園建設反対運動」よろしく

隣に「大内病院」があるのに
子供や幼児をしかもじゃぶじゃぶ池まである公園で遊ばせたりはしないだろうが
そこは足立区の偉大なトコだw


プレイグランドには
小さなタコもいる

画像


つまりこの公園は
なんにしても「タコ」がメインなのだ

つまりキャラ立ちw



ではやっとタコのすべり台を見ていこう!

・・・ってホントは↓下の動画の方が
判りやすいのでそれを見ればOK


一応少しやっておくと

タコの造形は
とても有機的というかアートで

画像


他のタコすべり台よりスリムで洗練されてる
コンクリモルタルで盛りましたって感が無く

他のタコ滑り台より「肉厚」がかなり薄く
他のは下膨れ感があるが
ここのはすごくスマート


実は
知ってる人には常識で
知らない人にはどうでもいい事なんだが

この「新西新井公園」の「タコすべり台」

全国にあるタコの始祖
つまり「初代」らしい!!

ぶっちゃけ私は後から検索して知ったのだが
どうやら後に全国にタコすべり台を造った会社である
「前田屋外美術株式会社」が1965年に初めてタコ型を造ったのが

この新西新井のすべり台らしい!
(一応他の説もあるそうです)

つまり「オリジン」!

この滑り台が造成当時のそのままかはわからなけど
他のと比べて明らかにスリムで有機的なのは
そんな初代作成時の「気合い」があるのかもしれない



いきなり話が大げさになるが
インターネットの普及というかもう当たり前になった現代

「人とは違った趣味やそのマニア」

というのはもうそれほど残されていない
どんなニッチな趣味や話題でもネットで検索すれば

ウィキペディアなどで何かしらの情報や
有志のファンサイトなどがヒットするだろう

今回の「タコ滑り台」(タコの山)
そして「滑り台」そのものも

いろんなデータベース的サイトがある
(今時の言い方だと「まとめ」サイト)

タコの山のwiki→コチラ


なので現代の人は
そういうマニアの方が作成したデータをネットで参照して
自分の興味を簡単に補完できるようになり
「楽しさ」を優先できるようになった

・・と先に滑り台好きの「先人」に謝辞を言っておいてw



今回この「新西新井公園」の「タコの山」で
動画を撮ってる最中に気づいたんだが・・

この表面は塗装の赤は最近塗り直したのかもしれないが
表面でディティールというかテクスチャーが
(↓クリックで多少拡大します)

画像

画像


おそらく手作業で仕上げてるのは当然だが
「タコっぽいヒダヒダ」というのか
どっちかというと酢ダコっぽいが
タコの肌の質感の表面処理を手作業で付けてるみたいだ!


コレは写真ではよくわからないかもしれないが
表面のシワシワは手作業で付いてるのはわかるが
それが塗りの関係でシワができてるというより

テクスチャーとして意図的に付けてる印象がある

つまりタコっぽさを
ほとんどアート的に造形してるのだ



そんなワケで後は
今回の件を動画にしてユーチューブにアップしました!



↑上に表示再生しない大きな画面で見る場合は→コチラ



K&K 缶つまスモーク たこ 50g

K&K 缶つまスモーク たこ 50g
国分

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by K&K 缶つまスモーク たこ 50g の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


山善(YAMAZEN) たこ焼き機(着脱プレート式) SOPX-1180(R) レッド









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク



足立区「新西新井公園」の初代タコ型すべり台「タコの山」を滑る件 たま男日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる