坂・階段~「文京区の矢印型階段」~

おはよう御座いますたま男です
今朝は早速というか自己紹介的な意味も含め
」や「階段
についてお話してみましょう

私はトーキョーに住んでいますが
生まれも育ちも現在も
下町に住んでいます
ですがここで言う「下町」とは
「情緒ある人情味あふれる・・・」
といった宣伝文句のものではなく
土地の高さの上下においてでの意味です

「関東平野」とは関東が山に囲まれており
その内側の平野という意味でしょうが
モチロンその内側にも高低差があり
特にトーキョーにはその高低差が極端に出ていると思います

その「高低差」が作り出す結果としての建造物が
「坂」や「階段」であり

そこに「面白さ」を見出したのが
いわゆる「坂マニア」「階段マニア」の方々です
(あくまで魅力の一部として)

では
そんな方が出した

「東京の階段」→コチラ

という本にも紹介されていた階段に行ってみたので
今回はそのハナシ

文京区を通る「春日通り」
東大がある高台から「文京区役所」へ下る坂の途中にあります

画像

住所は文京区本郷4-13あたりです
一見T字型の階段です(空から見た場合)

では近づいて見ましょう

画像

道路に面して
コンクリうちっぱなしのフラットな印象があります
とくにこれといった特徴がないように見えますが
少し階段を上がるととても面白い構造になっています

画像

画像

T字になっているようで実は矢印型になっているのです
(空から見た視点の場合)

階段は高低差を人に対して補うものですから
単純に直線でもいいハズです
ですが「土地」の問題などもあり
有効に土地を使う為には湾曲したり折れ曲がったりします
この場所ではT字型になりそうですが
それ以上に階段の面積を抑える為か
矢印型になっているようです

グーグルマップなどで上空から見ても
面白い形をしてます→コチラ


私は階段などに行くときはカメラを持っていくのですが
動画も撮れるので動画も撮ってあります
YouTubeにアップしてあるのでよろしければどうぞ








他の坂・階段の日記は→コチラ





まとめ:
こんなカンジですがヨロ~