JetWay HA06にRadeon HD3850を挿してみた件

コンバンワたま男です
今晩はパソコンで少し遊んでみる件です
今回は「JetWay HA06」に
「Radeon HD3850」という
ビデオカード(グラフィックボード)を増設してみました

まず
私が現在使っていた仕様ですが

画像

マザーボード・・・「JetWay HA06」
CPU・・・「Athlon64X2 5400+ 2.8GHz 65W Socket AM2」
メモリー・・・「1G×2で2G」
HDD・・・500G+320G
ビデオカード・・・「玄人志向 Radeon HD3450」
OS・・・「XP」

大体こんな感じです
CPUは4コアの「Phenom」(フェノム)でもいいのですが
クロックと値段とマルチコア対応のソフトは使わないであろう
と考えて×2にしました
ちなみに現在は9千円以下で売られています(秋葉原)

ビデオカードの「Radeon HD3450」は
このマザーボードで使える
「Hybrid Graphics」(ハイブリットグラフィックス)(詳しくは→コチラ
を試してみたかったから挿してありました
「Hybrid Graphics」についてはいずれ別の機会にでもしますが
結論(効果)だけ言いますと性能はアップしましたよ・・・多少はw


では本題ですが
パソコンでゲームをしたくなると大体問題になるのは
キレイな画面でプレイできない・重くなる
ということでしょうが
それを解決するには
ビデオカード(グラフィックボード)を挿せばいいだけです

ということで秋葉原に行って
中古のビデオカード買ってきた

画像

画像


ギガバイトの「RadeonHD3850」(GIGABYTE GV-RX26T256H)
しかも中古!
値段は・・・

6980円!!

メチャメチャ安いんですけどww
なぜかというとそれはモチロン現在は
「RadeonHD4850
などの4***番台のカードが既に発売されてるからです

最新のカードがあるのに古いの買ったら無駄じゃね?
ってカンジしますでしょうが
実際ゲームにどんくらい使えるか?
それが1番大事だと思いますので試してみた

まずは
「FFベンチ3」(ハイ)
これは「FINAL FANTASY XI for Windows」
(ファイナルファンタジーのPCのゲーム)
を使ったベンチマークソフト
ダウンロードは→コチラ

結果は・・・

画像


6879!
うんなかなかいいんじゃないかな
しかしこの結果はGPUクロックが300MHzで計測しているかもしれません
最高で700MHzなのですが
負荷がかからない時はGPUクロックをダウンする機能があるので
300MHzまで落ちるようです
FFベンチはGPUクロックが上がらずに計測しているかもしれません

しかしベンチでスコアよくても
ゲームできるかはやってみないとわからないので
ここからはいろんな重そうなゲームの体験版を試してみた
モニター(解像度)は全て
1680×1050(22インチワイド液晶などのサイズ)でやっています

そして私はいわゆるゲーマーではないので
「最高のグラフィックでのプレイが基本」
というわけではないのでご理解を


「クライシス」(Crysis)
(体験版ダウンロードは→コチラ

画像

画像

特に問題なくスムーズに動く
それでもビデオの設定を全て「HIGH」にすると
少し引っかかりを感じます
しかし「MEDIUM」でも十分キレイです
(DirectX 9環境です)



「メダルオブオナーエアボーン」(Medal of Honor Airborne)
(公式サイトは→コチラ

画像

画像

画像

光と影の表現がキレイ
特に問題なくスムーズに動く



「Race Driver: GRID」
(紹介記事と体験版ダウンロードは→コチラ

画像

わざとクラッシュしたくなるくらい派手で面白い
ビデオの設定を変えると急に重くなります



「ロストプラネット」(LOST PLANET)
(体験版ダウンロードは→コチラ

画像

意外とあっさりよく動く
ただしOSがXPなので
「DirectX 10」ではなく
「DirectX 9」のデモです




「コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア」(Call of Duty 4: Modern Warfare)
私の今一番好きなゲームです
(体験版ダウンロードは→コチラ

画像

画像

ビデオ(グラフィック)の設定を高くしてもスムーズに動きます
体験版だけでも面白いです

カナリオススメです



「デビル・メイ・クライ4」(Devil May Cry 4)
(公式サイト体験版ベンチソフトは→コチラ

画像

カナリ軽く動く
華麗にスタイリッシュに遊べるカモw

ベンチマークを使用すると自分のPCで動かせるかわかります
ちなみに「Radeon HD3450」でやってみると・・・

画像

FPSがあんまり上がらなくてランクD・・・

これを「Radeon HD3850」に変えただけで・・・

画像

画像

軽いとこではFPSが180くらい
ランクS出た!



まとめ:
「Radeon HD3850」はマジ使える件!
しかも安い!

ただし
PCパーツというサイクルの速いものなので
この様なメリットはすごく短いもので
今すぐ買うにはイイ!ってカンジでしょうか

そして問題もある(あくまで個人的にw)
このカードを買うにあたって
PCケースを大きいのに換えて
電源も大きな容量のに換えるつもりでしたが
メンドウでそのままで入れたので

画像

HDDのオシリとカードのオシリがギリww
ケーブルはグチャグチャ
しかも電源400Wだし・・・(400Wでも動くもんだねww)



追記:
この日記の後に
550Wのビデオカード用の6ピン付きの電源に交換しました

それと
CPUクーラーを交換した日記をアップしたので
よろしければ・・・

「JetWay HA06」のCPUクーラーを交換した件→コチラ