坂・階段~「庚申坂」~

コンバンワたま男です
今晩も「坂・階段」についてい見て行きましょう
さて今回は「庚申坂」についてです

まず
「庚申」から・・・

「庚申」とは「こうしん」と読みます

「庚」は・・・十干(じっかん)や天干(てんかん)
「申」は・・・十二支(じゅうにし)や地支(ちし)

という「干支」
「年・月・時刻・方位」などに使われていた言葉のようです
数字で言うと
「10」「12」「60」という単位らしいです

というか正直よくわかりませんw



さて
「庚申坂」ヘアクセス

わかりやすいのは
「白山通り」と「春日通り」が交わる交差点から
「春日通り」を使って西に向かいます

ちょうど「文京区役所」を横目に見ながら坂を登るカンジです

そのまましばらく行くと
「茗台中学校前交差点」があります
その交差点を左(南)に行くと・・・

画像

突き当たりのようですが・・・

画像

画像

ここが「庚申坂」です

住所は:文京区春日2-9あたり


まずは写真を並べますので
その後詳しく・・・(画像をクリックすると拡大します)

画像

画像

画像

画像



見た目の特徴は
かなり「コンクリートの階段!」という印象です

手すりはステンレス(?)のシッカリしたものです

階段のステップには滑り止めの塗料なのか
お年寄りが識別しやすい為か
カナリハッキリしたオレンジ色で塗られています

「庚申坂」は「眺望」という点でも有名らしく
「東京メトロ丸の内線」の電車がひっきりなしに通る線路の向こうに
住宅地が見えます

そしてこの階段「庚申坂」で一番特徴的なのは
「く」の字型に曲がっていることでしょう

途中で曲がっている階段は他にもあるでしょうが
コンクリの塊のような質量がある「庚申坂」の
キレイな曲がり具合は見事です

雨が上がった次の日の朝などはコンクリが濃い色になり
とても雰囲気があります
(コンクリの階段はどれもそうですが)




さて
文京区の「階段・坂」を巡ると必ずお世話になる
「文京区教育委員会」の案内看板

画像

「庚申坂」のことはあんまり書かれてなく
「切支丹坂」(キリシタン坂)の事が・・・

ちなみに「切支丹坂」は
「庚申坂」の階段の下から

画像

この「東京メトロ丸の内線」のガード下を通れば辿り着くようです
ただし住宅地なので住人の方のご迷惑にならないようにしたいものです



最後に
毎度YouTubeに動画もアップしてあるのでよろしければ




↑に表示されない時は→コチラ

ユーチューブが見れない時や上に表示されないのは
「FlashPlayer」をインストしてない場合があります→コチラ




他の坂・階段の日記は→コチラ