「Radeon HD 3450」を挿して動画再生支援機能みたいな事をする件

コンニチワたま男です
今日もパソコンで少し遊んでみる件です
今回は「RADEON」(ラデオン)の「HD 3450」という
ビデオカード(グラフィックボード)を挿してみて
動画支援とかっぽい事で遊んでみる件です


さて
「HD 3450」などの
いわゆる「ローエンド」のカードを現在お買い求めになる方は
おそらく「地デジ放送」などのメンドクサイ決まり事等で

・「HDCP」対応のカードが必要
・モニターを2台でデュアルにしたい
・「HDMI」端子でパソコンを液晶TVに繋げてみたい

その様な理由があると思われます

それ以外の理由でしたら
最新の3Dゲームには向きませんし
ネットやメールにしかPCを使わないのなら
マザーボードのオンボードビデオで十分です
しかし
あえてローエンドのカードを挿してみる
しかもできるなら価格を安く収めたい!
ということで


さて
コレが「Radeon HD 3450 」

画像

画像

玄人志向の「RH3450-LE256H/HD」です→コチラ
買った時の値段は4980円
現在は中古で3千円以下で売っている
コレはファンが付いてるが
値段が一緒ならファンレスモデルの方がいいだろう

画像

画像

モチロン「HDCP」対応で「HDMI」端子も始めから付いている
ロープロファイル(LowProfile)にもなるので
省スペースのパソコンでも使えるだろう


このカードは最近少し話題になった
「ハイブリッドグラフィックス」(Hybrid Graphics)で遊ぶ為に買った
「AMD 780G」などと組み合わせるとパフォーマンスが上がるってやつだ
(『JetWay HA06』などのマザーボードで使える)

しかし現在ビデオカードは「Radeon HD 3850」を挿している
(その日記は→コチラ
なのでこのカードが余っている

ということでここからが本題


さて私のメインのパソコンは
ソケット754という結構前のCPU(ソケット)だ
構成は・・・

画像

CPUタイプ・・・AMD Sempron, 1800 MHz
マザーボード名・・・ECS RS482-M754
メモリー・・・512x2(1G)
HDD・・・200G

他に光学ドライブが付いてるが
それ以外は何も挿して(拡張して)いない

メインPCは安定性の方が大事だと思うので
ソケ754&オンボードビデオ
という超安定した組み合わせで使ってる

しかもCPUは「センプロン」(Sempron)だ!
はじめは「Athlon 64」だったが途中でセンプロンに交換した
現在中古で(売ってれば)1980円以下で買えるであろう

チップセットは「RS482」で
オンボードビデオは「RADEON XPRESS 200」である


さて
近年「地デジ」などで映像が高画質になっている
なので当然「動画」も高画質なのが増えてきた
いわゆる「.ts」の拡張子の動画ファイルなどだ

このような動画を↑のPCで再生してみる・・・

画像

負荷が100%・・・
2秒再生一瞬止まってまた2秒再生
というのを繰り返してる

スムーズな動画再生とはとても言えない状態
それに再生中は他の作業が重過ぎで何もできない


そこでこのPCに
「Radeon HD 3450」を挿してみたらどうなるだろうか?
効果はどの程度あるだろうか?
というお遊びをしてみよう


作業は簡単だ
電源を落としてPCケースを開けてカードを挿せばいい

画像


コレだけだ

挿したら「ドライバ」(Catalyst)を入れる
付属のCDから入れればいい
最新のドライバの方がいいならサイトで落とせばいい→コチラ
今回の場合なら

「OS」→「Radeon」→「Radeon HD 3400 Series」→「GO」

と選んでいけばドライバダウンロードページに行く

インストールしたら再起動して早速試す

画像

おおおお!
CPU負荷が50~60%になった!!
動画が止まることも無くなったぞ!

コレならソケット754でもまだ戦えるかもしれん!w






---------------------------------------

追記:

この日記は古いので
最新のビデオカードの方がいいのなら
現在は

・「HD4350」
・「HD5450」

という型で探してみてください

性能的には

HD5450>HD4350>HD3450

ですが
そもそも3D性能は期待できないので
似たようなモノです

「再生支援」の性能は違うようですが
なんにしても価格で決めてOK!

---------------------------------------




関連日記:
「Radeon HD 3450」をファンレスに改造する件→コチラ






まとめ:
今回の日記は
あくまで動画再生支援機能っぽいことをしてみる件です
「PureVideo」や「Avivo」ということではあんまりありません

動画再生支援機能を有効にするには
対応したプレーヤー
「PowerDVD」や「WinDVD」
などを使うようです


今回の日記は
古いPC(パソコン)で高画質の動画を再生してみる
しかもなるべく価格を安く・・・

ってカンジです
なんにしてもCPUがちょっとツライけどww


今時のビデオカードには「動画再生支援」という機能があります
ブルーレイ(Blu-ray)再生の支援をしたりします
(地デジ放送はよくわからない)

今回の日記のお遊びが
そのいわゆる「「動画再生支援機能」の結果であるかは
正直わかりません

また
他の方の環境での効果はわかりません