坂・階段~「胸突坂」~

坂・階段~「胸突坂」~

コンバンワたま男です
今晩も「坂・階段」を見て行きましょう
今回の坂は
「胸突坂」です

画像

さて
「胸突坂」の読み方は「むなつきざか」です
「むねとつさか」ではありませんw

この名の由来は
坂が急なうえに長いので
昔の人が
「胸を突くように」して登った
というカンジかららしいです

住所は
文京区目白台1と関口2
をつないでいます

グーグルマップだと→コチラ


階段の下は「神田川」が流れてて

画像

「駒塚橋」という橋があります

そのような場所なのか
この「胸突坂」のとなりには
「水神社」があります

そちらの「水神社」に行くには
駐車場の中を失礼して行くことになりますが
そこにある2本の木がとても立派です

画像

鳥居の様な構図で
しかもさらに大きく太く伸びてて
威厳があります

ちなみにここだけのハナシ
「胸突坂」の階段の途中からでも
鳥居をくぐらず
この「水神社」に行けたりしますw


さて
階段を見て行きましょう

画像

シッカリとしたコンクリートで出来ています

よく
「ただのコンクリの階段は風情が・・・」
とかのご意見をよく拝見しますが
私はそういう点での
階段の好みはありません

それにこの「胸突坂」は
「環境」によって
とても魅力的な階段です
簡単に言えば「フンイキ」です


「手すり」は文京区の階段で
たまに見かける「手すり」です

画像

金属でシッカリしてて
登り下り
身長の高低
それらに対応できる手すりだと思います

階段の途中には

画像

画像

休憩所みたいなスペースがあります
「急な階段だから小休止できるように」
という事でしょう

この「胸突坂」は大学が近いのか
お昼時は学生のような方がよく通ります

朝は近所の方が
「水神社」にお参りと散歩で
よくいらっしゃるようです

そのような方々がダベる場所としての休憩所
そういう意図が
階段をデザインした方にはあるように思います


ということで
私もこの休憩所で少し小休止のつもりで
しばらく座ってみましたが
早朝なので誰も通らないしヒマなので

画像

写真を撮ってましたw


毎度YouTubeに動画をアップしたのでよろしければ



↑上にユーチューブが表示されない時は→コチラ




他の坂・階段の日記は→コチラ





まとめ:
坂・階段好きな方には
毎度おなじみ「文京区教育委員会」サマの
詳しい解説の看板
(画像クリックすると拡大します)

画像

画像