PSPのボタンの接触不良を直してみる件

コンバンワたま男です
今晩はPSP(PlayStation Portable)
のボタンの接触不良が出たので
その不具合を直してみる件です
しかし
修理とかそんなにたいそうなハナシではありません


大前提ですが

自己責任!

メーカーの保障はモチロン
当たり前ですが
本人以外誰も責任はとれない作業です!




さて
PC以外ではゲームを全くしない私ですが
PSPは持っている
殆ど地図ソフトの為だけに所有していると言ってもいい

だが
先日写真を撮りに出かけようとした時
一緒に持っていこうとして
バッテリーが大丈夫か電源を入れてみたら
電源は入ったが
ボタンがきかなくなってた
しかも決定ボタンである「○」だけが反応しないのである

さて困った・・・


困ったがどうせ接触不良なのでバラした

昔のゲーム機
しかもファミコン世代には
コントローラの接触不良なんてよくあるハナシだ
ゲーム屋さんにはコントローラの中身の
交換するゴムパーツだけ売ってたりしてたものです


用意するものはプラスドライバーだけ

画像

結構小さいネジなのでドライバーも
「時計用」とか「メガネ用」とか「精密機械用」
みたいなのがいいでしょう
100円ショップに売っています


そうそう大事な事ですが
私のPSPはPSP-1000です
いわゆる初代ですね

他の型のPSPだと
「T2 トルクスドライバー」
という星型のドライバーが必要になるようです
(うまくやれば+ドライバーでも回せるかも)

大きな100円ショップにもあるようです



外すネジは

画像

画像

赤○のこのネジです
(画像クリックすると拡大します)

ですがコレで全部ではなく
1つ隠してるのがあります

バッテリーのとこの
このシールの裏です

画像

画像

このシールを剥がすと
どんな理由でも保障が効かなくなるようです


ネジは物凄く硬いのでナメないように
ドライバーをグッ!っと押し付けるようにして回します

基本的にドライバーは
回す力より
押す方に力を入れると
ネジの頭がつぶれにくくなります


ネジを全部取れば
すこしツメが引っかかってますが
簡単に外れます
外れますが外す前にここで少し思案した方がいいです

液晶が剥き出しになるので
ほぼ100%の確立でホコリが付く事になります
どんなにホコリをはらっても
最終的に組み立てたら確実にホコリが混入します

カメラに使うブロアーみたいのがあった方がいいカモ

なので
ボタンがあまり効かないけど
画面のホコリにはもっと耐えられない
という方は
PSPはバラさない方が無難です


画像

コレがカバーを外した状態



さて
ボタンの基盤のとこを見てみましょう

画像

どうやらホコリやらなんやら
なんだか解らない垢みたいのがこびり付いてます
これが原因だったようです

ドライバーだと傷付けそうなので
つまようじでこすってみたら
キレイに落ちました

綿棒などがあればそちらの方が基盤に優しいと思います

画像

後はネジをちゃんと締めれば完成です



画像

よしOK!






まとめ:

実は私のPSPは中古で買ったので
はじめからカナリのホコリが混入していたので
結果的にホコリが少なくなりましたw

今回は結果的にコレで十分でしたが
昔からよくある方法だと

基盤のトコを鉛筆でこする

というのがありましたね
(効果はよくわかりませんがw)


ボタンのとこのゴムがヘタってたり
汚れてたりする場合もあるので
一緒に掃除してみるといいかも

使っているうちに
ゴムがずれたりしてるだけかもしれないので

一度バラして掃除して組み上げると
スムーズにボタンが動いたりするものです

根本的な故障・破損というのは
意外と起きないものです






関連日記:

「PSP」を無線LANルーター「WHR-G301N」でネットに簡単接続してみる件





ちなみに↑のPSPの壁紙のこの子は
元「モーニング娘。」のガキさんこと新垣里沙さん

コチラの壁紙は
写真集「Happy girl」から








「T2 トルクスドライバー」(PSP-1000では使いません)


ANEX 精密ヘクスローブドライバー T-2 No.87
兼古製作所

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ANEX 精密ヘクスローブドライバー T-2 No.87 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル