「EF50mm F1.8 II」というレンズを買った件

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝もカメラで少し遊んでみましょう
今回は「EF50mm F1.8 II」
というレンズを買った件です


さて
先日「キヤノン」の「デジタル一眼レフカメラ」である
「EOS Kiss F」
を買った(その日記は→コチラ
なので殆ど必然的にレンズを買いに行った


その前に詳しくない方に少しお話すると

キモくてデカイ「一眼レフカメラ」と
普通の方が使う小さいいわゆる「コンパクトカメラ」
の違いとは何だろう?

写真を撮るのには
コンパクトカメラで十分なのに
ワザワザ高い値段出して一眼を買う利点は何だろう?

ってのは

「センサーの大きさ」とか「ファインダー」とか「自己満足」とか
イロイロあるのですが
その中でも解り易いのは
「レンズ交換ができる!」って事です

レンズを交換できたからなんなの?

って問われたらそれまでなのですが
そういう事です


カメラのボディの

画像


ここにレンズをくっ付けることになります





さて
先日「EF50mm F1.8 II」を買った

画像

画像

このレンズの特徴はなんと言っても値段です

9980円!(ヨドバシアキバ)

なので現在キヤノンのカメラを買って
その後に他にレンズが欲しくなったら
「とりあえず1本買っとくか!」
って定番のレンズ

この値段は驚異的な安さです
その分作り(質感)はチープですが
それでも十分安いです

このレンズは「単焦点」(たんしょうてん)
と呼ばれるレンズです

コレは
いわゆる「ズーム」ができないレンズ
という意味だと思えば解り易いと思います

コンパクトカメラだと「ズームレバー」というのが
シャッターボタンの所によく付いてて
それで被写体(写す対象)を望遠で近づけたりするでしょうが
そういうのができない!って事です

つまり
写せる範囲を自分で「動いて」決め
構図を作って撮る事になります

「50㎜」というのは
昔から基本とされる数値です

この数値は大きくなるほど
「望遠」(遠くが近くに撮れる)で
数値が小さくなると
「広角」(景色が広く写せる)となります

街中のスナップ写真などには
「50㎜」が向いてるとされています
(APS-Cなので35mm換算で約80mmですが・・・)

そして何より
いわゆる「ズームレンズ」より
「単焦点」の方がキレイに写るカモ!
ってのがあるので
なおさら魅力的なレンズなのです


このレンズの
「絞り開放」は「F1.8」です
これはこの価格で買えるレンズとしては超明るいです
(詳しい解説はしませんがカナリ重要な件)

ていうか覗くと

画像

コレは明るいだろwww
ってくらいの印象を受けます


つまり
実質80mmのレンズで
開放「F1.8」
コレはポートレート向きですね


実際カメラに付けると

画像

こんなカンジ
なんかカナリしっくりくる!
バッテリーグリップの「BG-E5」を付けたので(その日記は→コチラ
バランスが超イイ!

一緒にフードの「ES-62」
を買ったのでソレを付けると・・・

画像

ちょっと出っ張って大げさだケド許容範囲かな

ちなみに
キットレンズである
「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」を付けると

画像

コンナカンジ・・・




さて
それより重要な「写り」ですが
まだ買ったばかりだし(ボディも)
なんとも言えませんが
明確に言えることは「お買い得!!!」って事です

テキトーに撮っただけですが・・・
(撮影時jpegで記録を縮小しただけ)

画像

画像

画像

画像





まとめ:
流石に換算で「80mm」となると
そんなに常用ってワケではありませんが
強引に常用レンズとして使いたくなるくらい
オキニのレンズです

キットレンズの「EF-S18-55mm」だけしかなく
「とりあえずなんか1本買ってみるか!」
と思ったら
オススメのレンズです

確実に
「ズームレンズ」と「単焦点」の違い
をお感じになると思います





このレンズの「被写界深度」の日記もあるので
よろしければ→コチラ







Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
キヤノン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Canon EFレンズ 50mm F1.8 II の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ES-62 レンズフード(アダプターリング付き)
キヤノン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ES-62 レンズフード(アダプターリング付き) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



少し安い汎用フード