写真~愛宕山の裏側の件~

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝もカメラを持ってトーキョーにお出かけしてみましょう
今回は「愛宕山」の「裏側」の件


「裏側」といっても
どっちが表・裏なんてのはわからないが
東側の「愛宕神社」が「表」としたら
西側を「裏」としてのハナシ




「愛宕山」はモチロン
「愛宕神社」とその「出世の石段」が有名ですが
それ以外にも見所がたくさんあります

(「出世の石段」の日記は→コチラ


ずっと以前
「東京放送局」の電波塔があった為
NHKの「放送博物館」があったり

他にも
なぜか
田崎真也氏のお店があったりします



愛宕山に登山(?)する場合
階段等を使って登るしかない
とおもわれがちですが
裏側には普通に道路があったりします


その
「愛宕神社」の裏側の道路のトコに
こんな「階段」があります

画像


木々が茂っているし
早朝なので西側には日が当たってないので
下に行くほど暗く
とても面白そうな予感がします

この階段から見える
愛宕山の裏側の斜面というか崖に
こんな出っ張りがあります

画像


しかも無数にあります

コレは何だろう?


電波塔だったから
今はここから「怪電波」が出てたりするのかしら?

・・・というのは冗談で
後で調べたらコレは
「KTB」の「アンカー」
というモノらしく
崖崩れなどを防いでるらしい
(たぶんなので正確かはわからない)

その「アンカー」の表面に
こんなイタズラ書きが・・・

画像


まぁ誰かはやるだろうかと思ったw



階段を下ると
愛宕山の裏側に
マンションがカナリ近くに建っている

画像


庭には日差しが入るように設計されているっぽい
たぶん家賃とか高いんだろう
なんせこのあたりの住所は

東京都港区愛宕一丁目

だ!





さらに階段を下ると
だんだん明るくなってきて・・・

画像


トンネルが見えてきます
ここはいわゆる「愛宕トンネル」

正確には「愛宕隧道」です
(隧道(すいどう)は「トンネル」という意味)



ここまで降りてきて振り返ると
この愛宕山の裏側の階段の名前がわかった

画像


「愛宕西参道」
というらしい






撮影データ

カメラ:EOS Kiss F
レンズ:EF24mm f/2.8