坂・階段~愛宕山「出世の石段」~

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝も「坂・階段」を見ていきましょう
今回は「愛宕山」の「出世の石段」です



トーキョー都内にも「山」があって
自然にできた山としては
23区内で最高峰
と言われるのが「愛宕山」です

ちなみに標高は25.7mなのですが
ずっと昔は
今よりカナリ見晴らしがいい山で
江戸の街並みを見渡せたようで
その写真も残ってたりします




「愛宕山」には「愛宕神社」があり
その社殿に向かう階段が
「出世の石段」です


住所は:港区愛宕1-5-3

アクセスは
皇居から
「日比谷公園」と「検察庁」の間の道を南下すると
道路沿いから階段がスグ見えます


ココが「出世の石段」

画像


宗教施設らしく
とてもフンイキがあり
急な角度の石段は遠近法を無視させ
壁の前に立ったような圧迫感があります

近年の
いわゆる「パワースポット」
とかいう流行においても
「パワー」であるかのように
解かり易く感じられるであろう存在感です



この「出世の石段」は

・出世の階段
・愛宕石坂
・愛宕男坂

などとも呼ばれますが
とりあえずこの日記では
「愛宕神社」のホームーページの表記である
「出世の石段」としています

愛宕神社のHPは→コチラ



「出世の石段」という名の由来は

昔々
第三代将軍「徳川家光」が
愛宕山に梅が咲いているのを見て
「誰か取ってこないかな~」
と言ったところ
讃岐丸亀藩の家臣「曲垣平九郎」(まがき・へいくろう)が
馬に乗ったままこの石段を駆け上がり
梅を取ってきた

なので出世した

・・・からだそうです

ウソみたいにお感じなる方もいらっしゃるでしょうが
それ以降にも
試みた方々がいて
実際成功された方もいるようです


ちなみに
階段を登り頂上に着くと

画像


こんな顔出しパネルがあったりします



階段の段数は「86段」で
角度は「35度」以上あるそうです

「手すり」は
左右に鉄パイプの手すりがありますが
真ん中には・・・

画像

画像


チェーンだけです

階段を
一段一段踏みしめて登る方はいいでしょうが
なるべくなら左右の手すりを使用した方が
安全でしょう
下りなら尚更です!



見晴らしの点では
立派な木々が在るので
そんなに遠くまでは見えません

画像


周りの環境が・・・云々というより
この場所一帯が長い期間存在してる事を感じます




最後に
毎度YouTubeに動画もアップしてあるのでよろしければ↓






↑上に表示されない時は→コチラ


他の坂・階段の日記もありますのでよろしければ→コチラ





カネゴンが愛宕山におでかけした日記は→コチラ