写真~東京拘置所2~

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝もカメラを持ってトーキョーへおでかけしてみましょう
今朝は小菅の「東京拘置所」の件の2回目です


前回の日記は→コチラ



さて
「東京拘置所」とは
「小菅刑務所」ではなく
あくまで「拘置所」です


この施設の「収容者」とは

「未決拘禁者」(刑事被告人)などの
あくまで「被告人」の方が収容されているので

「罪人」ばかりが収容されていて
中にいるのは全部とんでもない人格の奴等だ!

・・・というワケではありません




ただし
「死刑確定者」も収容されています


「それって刑務所じゃないの?」
「刑務所じゃなくてなんで拘置所に居るの?」

と思う方もいるかもしれませんが

いわゆる「死刑囚」というのは
罪が確定してるのですが

「刑」が「死刑」なわけですから
「刑務所」に入るわけでなく
「拘置所」に収容されます

つまり
「死刑」という「刑」を執行するまで
「拘置所」に居るということです



死刑制度は

・好み
・思想
・利権・利害
・自己弁護

などの個々・団体の理由はともあれ
「法律」で決まってる事なので
「死刑」はすみやかに行われるべきです

それがお気にめさない方は
マズ
その制度(法律)を変えるべきです


「法務大臣」が
死刑制度に反対の立場であるからといって
それを執行しない理由にはなりません

千葉景子法務大臣が
選挙で落選しても
大臣を続投し
その権力を使って「死刑」という制度を捻じ曲げている

しかも政治家(議員)なら「法律」を作る立場だが
この大臣は既にほとんど民間人だ





・・・という事で
先日「東京拘置所」に写真を撮りに行った

現在
改装というか街の再開発規模で
このあたりは変化してる

その前に写真を!
と思ったのだが・・・

画像


なんじゃこの塀は!!

どうやら既に工事中のようだ

ここは
政治家とか芸能人が捕まって出てくる時に
TV局のカメラがたくさん居る門から
横に入っていった道路

道路も整備されてカナリ広くなってる


これは

画像


差し入れ・面会者用の門

ここにはまだ塀が残ってるようだ

「警告」の看板の文章がイカス!

画像


「アジ演説」てw

このような警告文があるのは
そのような行為を
する方々が居る(居た)
という事でしょう




この門はまだ在るが
塀はここで切れてる

画像


取り壊されたようだ


以前はこのあたりから
極端に狭い綾瀬川に向かう道だったのだが
新しい道路は
以前の敷地内を通ってる

画像


向かって右が以前の道
左が新しい道路


綾瀬川沿いには
職員用らしい立派なマンションが建っている

画像


向かって右がいわゆる団地みたいな宿舎?
左が新しいマンション

ほとんどその方々用なのか

画像


コンビニが!!!

ちょうど開店したばかりだったようだ

この界隈ではなんとなく新鮮な風景






続きます→コチラ








撮影データ:

カメラ:EOS Kiss F
レンズ:EF24mm f/2.8