荒川区の岩手県釜石市への支援物資の統計の件

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝は
荒川区の岩手県釜石市への
支援物資・救援物資の統計の件



私のこのブログで先日
「東京都荒川区」が(正確には社会福祉法人)
友好都市である「岩手県釜石市」への
支援物資を募集してる

との情報を日記にした


その募集期間は

4/15~4/24

これは第二次募集で
前回はミネラルウォーターなど
生命にかかわる物資だったが
今回は
子供たちが使うような

・衣服
・色鉛筆・スケッチブックなのどの文具
・絵本・児童書

などだった



さて
この期間に実際集まった物資の統計が
「荒川区社会福祉協議会」のホームページに出ている


善意の「気持ち・想い」は
お金や物資の量の「大・小」で計るべきではない!


分かったような顔で言う方はよくいるが

なんにしてもお金や物資は
たくさんあったほうがゼッタイいい
(必要ない物資は迷惑だろうが)




それで結果は・・・


絵本・児童書・マンガ・・・・5,076
通学用バッグ・・・・923
ぬり絵・折り紙・スケッチブック・ノート・・・・ 6,183
クレヨン・色鉛筆・カラーサインペン・・・・4,315
子ども用帽子・春夏用衣料・・・・2,830
子ども用雨具・長靴・傘・・・・263
化粧品・日焼け止めクリーム・ハンドクリーム・・・・5,773
野球グローブ・バット・ボール・コーヒー・紅茶・砂糖・クリーム・台所用品・その他・・・1,106


合  計 26,469


ホームページによる詳細は→コチラ



・・・つうかスゲェ多くね!www


私が「「町屋文化センター」に届けに行ったとき

画像

その閑散としたフンイキには
正直ハッキリ言って

「東京都民はもう震災に飽きてやがる」

と思っていたが
この統計で頼もしいのは

・個人 979名
・団体・企業 53団体

という点だ

「個人」が1000人近くいる


この募集は
私の知ってる限り

・荒川区のホームページ
・荒川区社会福祉協議会のホームページ
・新聞の折り込みチラシ

で区民にアナウンスされていた
だが
ハッキリ言って
行政のホームページなんぞ見る方は殆どいないだろう
(計画停電があるからそうでもないかもしれないが)


なので実際はそこに

荒川区民のブログ・ツイッター
荒川区議(候補)のブログ・ツイッター
地域社会のくちこみ

などが加わり拡散されたとおもわれる







まとめ:

ボランティアが物資の仕分けに
4/22~4/26もかかり
最終的に段ボール465箱分になったそうだ


そして現段階で「第三次」の募集は
アナウンス(募集)されていない

つまり「物質的」な面では
差し迫った要求はないのだろう

被災者はあまり要求しないし
要求したら安全な場所に居る東京都民の反感を受けるので
あいまいにお茶をにごしてるが

被災者に必要なのはぶっちゃけ「お金」だ


支援物資を送れなくても
義援金はいつでも郵便局等で送れます

行政の募集を待たなくても
主体性のある個人として
自分で行動しましょう

日本赤十字社のホームページは→コチラ




せっかくなので
「個人」ではなく「企業」のハナシも少し・・・


荒川区にある歴史ある企業

「帝国インキ製造株式会社」

住所:荒川区西尾久8-43-2


創立120周年事業用の積立金

5000万

を日本赤十字社に寄付したそうです


コチラ


・・・マジすごくね?w