車両基地から出庫する「舎人ライナー」の件

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝もカメラをもっておでかけしてみましょう
今回は車両基地から出庫する「舎人ライナー」の件



「舎人ライナー」とは?

「東京都交通局日暮里・舎人ライナー」が正式名で

荒川区の「日暮里」と
足立区の「見沼代親水公園駅」

を結ぶ路線で

その界隈の両区民は
「舎人ライナー」や「新交通」
と呼んでる車両(路線)だ


この路線は
「足立区」という最後の辺境
・・・もとい楽園の住人というか
イロイロな「関係者」の悲願の路線である


足立区は鉄道のインフラが
一応23区内であり
何十万人もの区民を抱えながらも
「東武線」と「千代田線」
くらいしかない区だったのだ

なので「竹ノ塚駅」や「綾瀬駅」は
いつも過剰な人間をつめこみ排出してた



「舎人ライナー」ができて
どのくらい足立区民に恩恵があったか?

しかも「舎人」という
「市場」(トラックターミナル)と
荒野にしか見えない「舎人公園」しかない土地に
新交通は必要だったのか?


・・・と思いきや
「舎人公園」やその新交通の沿線は
著しく発展している

「舎人公園」は自然豊かな環境になり
災害等の避難場所・物資の備蓄
としても利用できる公園として整備されている


そして
「舎人ライナー」の「車両基地」としての機能もあるのだ

車両基地は公園の地下にある

画像

画像

正式な名は「東京都交通局舎人基地」らしい

基地は地下だがその上の公園は結構な高さにあり
かなり大規模な秘密基地なのがわかる



ここに早朝に行けば
車両が出庫する様子が見れる!

画像

出庫した車両は「尾久橋通り」の中央の高架を
地下から一気にかけあがる

狙ったように
その様子が観察できる位置に
公園同士を結ぶ歩道橋があり
そこで撮影できる

画像

朝6時頃からなら
そんなに待たなくてもシャッターチャンスは
けっこうあるだろう




「iPhone4」でその出庫の様子の動画を撮って
ユーチューブにアップしてみたので
よろしければどうぞ



↑上に表示されない再生できない場合は→コチラ