プラズマテレビ「3DビエラGT3」で「SDメモリーカード」に地デジを録画する件

コンバンワたま男です
今晩も家電であそんでみましょう
今回はパナソニックのプラズマテレビ
「3DビエラGT3」で
「SDメモリーカード」に地デジを録画する件



先日購入した

「3D VIERA TH-P42GT3」

これは今日現在
価格と性能のバランスが良くて
とてもオススメできるプラズマテレビだと思う

先日そのオススメ理由の日記をしたが


その日記は→コチラ


今回は
具体的に「使える」機能・性能を見ていこう!って件



現在
普通のご家庭の方が
アナログ放送の終了を機に
地上デジタル放送に対応すべく
せっかくだから「大型テレビを購入しよう!」となって

いろいろと調べていくと・・・

おのずと「液晶テレビ」になる


それは液晶テレビに
「性能・機能」がたくさん付加されていて
必要かはさておき
お得感があるからだろう

その機能の中でも

「USB外付けHDD録画」

というのは一番気になる
一番欲しい使える機能だ

東芝の「レグザ」シリーズがそれで大人気になって
現在では
シャープの「アクオス」や
ソニーの「ブラビア」など他社も追随してる


そこに「プラズマテレビ」はおいてけぼりだったのだが

現在家電量販店に並んでる
パナソニックのプラズマテレビは
殆ど「外付けHDD録画」に対応してる

シリーズ名(機種名)で言うと

・VT3
・GT3
・ST3
・S3

(RTとVT2は対応してない)



そしてさらに
それらの機種は

「SDメモリーカード」に地上デジタル放送が録画できる!!

という機能があるのだ

なので実際試してみよう!



用意するのはモチロン「SDカード」

だけど
ワザとマイクロSDHCカードにしてみた
しかも「クラス」は「4」!

画像


「クラス」とは「SDスピードクラス」の意味で

データの転送速度の速さをクラス分けしたモノだ

「Class 2」・・・2MB/sec (16Mbps)
「Class 10」・・・ 10MB/sec (80Mbps)

というように数値で速度が変わるので
2より10の方がより速いって意味


ビエラでSDカードに録画する時に
パナソニックが推奨する
SDカードの「性能」を見てみよう


-------------------------------------

デジタル放送の録画・再生にはSDスピードクラス(連続的な書き込みに関する速度規格)が10以上のSDメモリーカードを使用してください(SDスピードクラスが10未満のSDメモリーカードを使用の場合、録画や再生が正常に行われないことがあります)。当社製SDXCメモリーカードを推奨(録画は 512MB以上のSDメモリーカードに可能。また、SDXCメモリーカード以外では、4GB(約20分)を超えて連続で録画番組を再生する場合、4GBごとに映像が一瞬止まることがあります)。

--------------------------------------


なんだかわかりにくいが
ようするに

・クラス10以上
・できれば「SDXCメモリーカード」
・512MB以下のカードは使えない

って意味だ

だが
現在普通の方が
デジタルカメラや携帯で使ってるSDカードは
せいぜい
「4GB」くらいのSDHCカードで
クラスも2~4くらいだろう

そういう手持ちのカードは使えないの?

と思われるだろうからやってみた!


マイクロSDのままでは入れられないので
だいたい一緒に付いてくるアダプターに入れて

ビエラの背面(横)のスロットにイン!

画像



これだけで使えるぜ!

・・・と思いきや反応なし


挿しただけでだけでは反応は無いが
それでも
このメモリーに「写真」(画像)などが入っていれば
「メディアプレーヤー」で開けば中身は見れる

デジカメで撮った写真の「スライドショー」とかもできる


でも肝心の「録画」ができない・・・




・・・いやできるんだが





これはハッキリ言うが

ビエラGT3の説明書はこんだけだ

画像


逆に言えば基本的な使い方は
この薄い説明書でも十分で
簡単に操作できるって事なんだけど

だが
もう少し詳しく知りたくなると
これだけじゃとたんにワケワカメになる

SDカードの解説も数ページだ


おそらく「フォーマット」が必要なのだろう・・・


というのは想像できるが
そのやり方は書いてない


・・・つうか
詳しい説明書は
実はビエラ本体に内蔵してて

画面上で読むようにできてる


リモコンに

画像


「ガイド」というボタンがあり
それで内容が読めるようになっている

画像


正直これは
お年寄りやメカに不得手な人には
扱いにくい・読みにくい
やり方だと思う

まぁ分厚い説明書ってだけで
イヤになって読まない方もいるだろうから
どっちがいいのかはわからない


実際に「フォーマット」するには

リモコンの「メニュー」から選択するのだが
その項目まではさらに遠い

順番は

メニュー→設定する→初期設定→設定リセット→

→戻る→3秒間決定ボタン押し→

→SDカードのフォーマット


となっている

おそらくお子様とかがイタズラでメモリーを消さないように
奥の方に隠してあるのだろうが

一応「売り」のSDカード録画なんだから
もう少し分かり易くてもいいなかぁ~と思う


とにかく
「フォーマット」すれば録画機能が使えるようになる!

画像


8GBで録画できる時間は「40~50分」くらいだw
(ただしこれは目安で実際は70分くらいいける)

いわゆる「長時間録画」(何倍とか)はできないので
録画されたデータの容量は大きい


SDHCの最大容量は「32GB」だから
それでも「3~4時間」くらいが限度だ

パナソニックが推奨する
「SDXCメモリーカード」
ならもっと長時間録画できるが

今日現在
「SDXC」はとても高くて現実的ではない

なので
「ちょっと録画してあとですぐ見る」
ってくらいの気分で
安い16GBくらいのSDHCカードを使うのが賢明

もっと長時間がいいなら
素直に「外付けHDD」にした方がいい



録画・予約は実に簡単で
モチロン「番組表」から直に予約できる

録画が済んだら
ちゃんと撮れてるか確認

画像


わ~~い!撮れてるよ!

再生はそのままリモコンの決定ボタンでOK

「画質」は地デジそのままかはわからないけど
普通に地デジのまんまっぽい

画像


見てる映像が
SDカードで録画・再生してるってだけでもオドロキ

操作はリモコンで全てできるので簡単だ

録画した動画ファイルには
「オートチャプター」という区切りが付けられている

画像


画像の縦線がその区切り

コレはCMの前後に付加されるので
リモコンの「スキップ」や「赤」のボタン押せば
そのチャプターの先頭まで飛ばせる

さらに
カーソルの↑上ボタンは「30秒スキップ」なので
同様に飛ばせる

ぶっちゃけこれらは「CM飛ばし」用のボタンだw







まとめ:

ちょっと見くらいの録画には
SDカード録画はとても便利!

クラスが低い「4~6」くらいのSDHCカードでも
十分に録画できる

モチロン書き込み速度のネックによる
録画の失敗などはありません
(少なくとも私の環境ではです)


SDカードによる録画の最大の利点は
実は「音」がしない事だ

外付けHDDはなんにしても音がする
TVを消してて録画時間になると
「ウィ~~~ン」と鳴り出したりする

SDカードだと当たり前だが音がしない

HDDを使用したい方は
なるべく「ポータブル」と称してる
静かな「2.5インチHDD」タイプの
外付けHDDがいいかもしれない

ちなみに今

画像


2.5インチHDDでも録画して遊んでる最中なので
この詳細については次回の日記にでも・・・



そうそう大事なハナシですが
いわゆる「相性」というのは
今時そんなに気にする必要はありません

よく

・レグザ対応!
・トルネ対応!
・ビエラ対応!

と謳ってるHDDなどがありますが
それはメーカーが「そのHDDだけ保障するよ」という意味で
実際は
殆どの製品はそのまま使えたりします

メモリーカードも同様です

ただし!
モチロン自己責任なのは当たり前です






関連日記:

「BS/110度CSアンテナ」のパラボラを自分で立てる件




-------------------------------------------

メモリーの相性は自己責任で!

Transcend SDHCカード 32GB Class10 永久保証 TS32GSDHC10E

Transcend SDHCカード Class10 32GB 永久保証 TS32GSDHC10
トランセンド・ジャパン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Transcend SDHCカード Class10 32GB 永久保証 TS32GSDHC10 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



お金がある方は
パナソニックの純正SDXCカードをどうぞw

Panasonic SDXCメモリーカード 64GB RP-SDW64GJ1K
パナソニック
2010-02-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Panasonic SDXCメモリーカード 64GB RP-SDW64GJ1K の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



外付けHDDは
2.5インチで320GBもあれば十分でしょう

I-O DATA外付ポータブルハードディスク
「カクうす」 ピアノブラック 320GB HDPC-AU320KA




大容量がいい方は「ビエラ対応」を謳う
アイ・オー・データ「HDCA-U2.0K」