窓の外にヤモリが居る件

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝は
窓の外にヤモリが居る件



よくある疑問に

・ヤモリとイモリの違いは?

・それらとトカゲの違いは?

というのがある

実によくある


日常を生きていくのにその違いは
たいして問題ではないが

気になると気になる・・・



洗濯物を干そうとベランダに出ようとしたら・・・

画像


ヤモリ!!!

超怖ぇーwwwwww



このヤモリさん
ぜんぜん動いてくれない

私の恐怖を見透かしているようで
余裕ぶっかましている



でもそれじゃ
洗濯物干せないので
窓をツンツンしてみたけど無視された・・・



動画を撮って
ユーチューブにアップしたのでよろしければ・・・



↑上に表示されないもしくは再生できない場合は→コチラ






まとめ:

ヤモリは「家守」と言われ
家を守ってくれるとされる「爬虫類」

イモリは「井守」と言われ
井戸を守ってるとされる「両生類」

との事らしいけど
厳密にはその限りではないらしい


実はヤモリと会うのは
これで2回目だ

私はトーキョー23区内に住んでいるが
ヤモリの他に
以前カエルにも会った

画像


田舎から出てきた田舎モノは
よく勘違いして

「東京には自然が無い」

とかほざくが

それは「視点」の問題だ


うちの外には
10メートル四方くらいの空き地があり
そこだけで生態系ができてて
ヤモリやカエルが生きてる

エコや自然を
念仏のように唱える方々は
「マクロ」的な視点に立つことを推奨したがるが

視点を変えて
足元見れなくなっちゃ
しょうがない



-------------------------------------------

基礎からわかるミクロ経済学
著:ヤモリ 信善


基礎からわかるミクロ経済学
中央経済社
家森 信善

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 基礎からわかるミクロ経済学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル