マミヤ「セコールC210mmF4N」という中判用レンズを買った件

コンバンワたま男です
今晩もカメラで遊んでみましょう
今回はマミヤ「セコールC210mmF4N」という
中判用レンズを買った件




時代は中判フィルムカメラ!!


・・・なんて事はゼッタイに無いが

視点を変えると
あながち間違いでもない

その理由は実に明確で
単純に

価格が安い!!


それでも有名ドコの
「ハッセルブラッド」や「ローライフレックス」
そして珍品のたぐいは
今でも高値で取引されている

だが
殆どの中判カメラは
カナリ激安で
中古カメラ市場に溢れている

特に
「プロ」と称される方が使うようなカメラ(機材)は
使用機材を「デジタル」に移行したせいか
大量に中古に流れたようで
それももう既に消化されたくらいのようだ


私は先日「マミヤM645」を
かなり安く買った

画像

このカメラは
いわゆる「ブローニー」(120)
というフィルム(銀塩)を使う中判カメラで
ホビー目的でも使える
扱いやすいカメラだ



中判カメラは安いのだが
「レンズ」は高いのは今でも高い!

いわゆる「レンズ資産」は
カメラボディがデジタルになろうが関係は無いので

中判カメラ用レンズは
はじめの定価が鬼のように高いので
いくら安くなった現在でも
一般人には理解できない価格だ


今日現在
中判を試してみたい方には
カメラボディはとても安く買えるので
そういう点で

時代は中判!

と言えるのだが
「レンズ交換」などを楽しみたい方には
中判あまり向いてない(金持ちはシラネ)



だが
日本には「マミヤ」(Mamiya)があるぜ!

決してネガティブな「安物」という意味ではない!
とはじめに前置きしておくが

マミヤ製の中判カメラ
そしてレンズは現在

すごく安い!!

モチロン高いのは高いけど
安いのは鬼安い!

元々
希望小売価格がそれほど高くなく
日本人よりなぜか海外で人気があるのが「マミヤ」




さっそく中古カメラ屋さんにレンズを買いに行こう!


今回は新宿の「マップカメラ」サマに行った

この店は
初めての方にも
カメラの趣味にキモくてマジなマニアでなくても
とても入りやすい店だ

今回は国産カメラ・レンズを見たいので
「2号店」に行った(舶来品は1号店)

住所は:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-13-6 浜夕ビル

ホームページは→コチラ


国産の35㎜・中判フィルムカメラは2階だ

若者こそ2階を目指せ!


「ニコン」や「キヤノン」という
メジャーな35㎜カメラ・レンズは
ショーケースに大量に展示されており
しかもとても安い

「マミヤ」も一応コーナーがあるが
それほど多くは無い

「RZ67」用のレンズは結構あるが

「M645」に使えるレンズはそれほどでもない


・・・それほどでもないが
都内で普通に行ける中古カメラ屋さんで
これだけ在庫がある店は(商売として)
他にあまりないだろう



さて
「M645」で使えるレンズは

「マミヤセコールCシリーズ」

という規格だ
普通レンズを分類する時は「○○マウント」と呼ぶけど

「マミヤの645のレンズ」って言えば
店員さんなどに確実に通じる



ポイント

「AF」のレンズではなくマニュアルレンズを選ぶ

「AF」とはアナルファッ・・・ではなく「オートフォーカス」

当たり前だが「M645」はオートフォーカスできない
ピントはマニュアルだ


「マミヤセコールC」には「セコールC-N」
というのもあって

可能な限りその「N」付きのモデルを買う

一般的に「N」付きモデルの方が
コーティングが新しいモノで
今から買う場合はコチラを買えばいいらしい

同じ「焦点距離」で
外観(中身も)は全く同じだが

「N」付きと無しモデルが
中古では混在してる

「ウィキペディア」に
M645で使えるレンズの一覧があるので
そちらを参考にするといいだろう

マミヤOPのウィキ→コチラ




さてだいぶ前置きが長かったが
今回買ってきたレンズは

画像

プチプチにくるまれた巨大なブツ

中を取り出すと

画像

「セコールC210mmF4N 」


このレンズは名の通り
「210㎜」の焦点距離で
絞りは「F4」

中判(645)だから
いわゆる35㎜換算すると「130㎜」くらいで中望遠


レンズフードは組み込み式で
軽く引っ張れば

画像


画像

シュコ!と飛び出す


フィルター径は「58㎜」で
標準レンズ(80㎜など)と同じ大きさなので
フィルターなどを使えまわせるので便利だ


中古レンズを選ぶ時に
ドコを見るべきか?
というのは人それぞれ好きにすればいいけど

レンズの前・後ろの表面を観察する以外に
「絞り」もちゃんとチェック!

セコールは
根元のこのレバーを「A」から「M」にすると

画像

絞りが「絞り込まれた」状態になるので
「M」の状態で
絞りのリングを回して
絞りの羽がスムーズにちゃんと動いているか
へんな汚れ油が付いてないかチェックすればOK!

画像

これが絞った状態




ぶっちゃけ

マニアの中には
偏狭的に潔癖な人が多くいるようで
ほとんど「強迫観念」レベルで
レンズを選ぶような方もいて
それ故中古カメラ屋さんもたいへんみたいですが

マミヤのレンズの場合(高価なのは別だけど)
今回の「C210mmF4N」みたいなレンズは
ざっくり品定めして
サラっと購入するのが「男前」だ

なんせこの「C210mmF4N」

購入金額

画像

7980円!!

安過ぎるwww

この値段で苦虫奥歯につめたような顔で
品定めしちゃイカンだろww



M645に実際付けて見ると

画像

この迫力!!

デカくて重くてイヤ過ぎるwww

これでも他の中判ボディ・レンズに比べたら
カナリのコンパクト・軽量なんだけど
私は普段は「ローライコードVb」(約1㌔)を使ってるので
このインパクトには少し笑ったw


ちなみにこのレンズは
マップカメラサマでの基準で

「並品」

というランクだった

これが「良品」だと

9800円くらいで


どのくらい違うのか
見比べさせてもらったが
レンズ・マウント部分は共にキレイで
その違いは殆どなかった

違いは外観の退色とか
いわゆる見た目の経年変化であって
「並品」でも使用にはまったく問題ないモノだった


「N」が付かない「C210mmF4」もあったが
そちらは大体6800円だった

それなら「N」モデルの方がいい




さて
レンズやボディを買っても
写真を撮らなくては意味はない
(私はコレクターではないので)

このレンズで撮影した様子はそのうちにでも・・・





関連日記:

中判一眼レフカメラのマミヤ「M645」のフィルム装填の件

他のマミヤM645関連の日記→コチラ






まとめ:

昨日は雨だったのに
レンズ買うとかしたので
濡れないか心配だったが

マップカメラサマでは
7980円のレンズに関わらず
プチプチにくるんで
紙袋にいれて
しかもレインカバーまでしてくれたので

画像

むしろコッチが恐縮したw



何度かこのブログで言いましたが
中古カメラ・レンズは
「中古カメラ屋」さんで買うといいでしょう

既にマニアな方なら
ネット通販でもオークションでもいいでしょうが

初心者の方や
中判をはじめてみたい人は
「中古カメラ屋」さん店頭で直接購入する事をオススメします

「マップカメラ」サマでは国産だけでなく
ローライフレックスなどの
「二眼レフカメラ」も扱っていますので

そのようなニーズでもOK

特に
カワイイ二眼レフカメラ欲しいけど
「中古カメラ屋とかなんか怖い・・・」
という女性にも入りやすいでしょう






-------------------------------------------

現在刊行されている
「カメラ・ライフVOL.10」が
「ローライ二眼レフ」特集の件!


カメラ・ライフVOL.10 (玄光社MOOK)
玄光社
2011-07-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カメラ・ライフVOL.10 (玄光社MOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル