紅葉の「御岳山」(青梅市)への行き方の件

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝もカメラをもっておでかけしてみましょう
今回は東京都青梅市の「御岳山」(御嶽山)への
行き方(アクセス)の件です



東京都には
実は「自然」がたくさんあって

日帰りや一泊ほどの小旅行やハイキング
それどころか
朝に急に「おでかけしよう!」と思いついた時に
電車やバスなどの公共機関を使ったり
ちょっとしたドライブでも
すぐに自然豊かな場所に行けるのが実は「東京」だ



今回は
近年の登山ブームや
紅葉のシーズンでもあるし
なんとなく知ってるが意外と行った事が無い
であろう方が多いと思われる

「御岳山」(みたけさん)

に行ってみよう!


表記は「御山」としてる場合もあるようだが
地図では「御岳」を使うようだ


御岳山は
おそらく一般的には「奥多摩」の山というイメージだが

正確には「青梅市」

住所として「奥多摩町」というのがあるが
都心から見るとなんでも奥多摩にしちゃうとこだが
もう少し手前にある


御岳山は
古くから「山岳信仰」の対象であり
いわゆる「霊山」(霊場)だ

山上には「武蔵御嶽神社」があり
その参拝目的の為の整備もされている




では
都心から「御岳山」の山上にある
「御岳平」までの行き方を見てみよう!

今回の日記は車やバイクではなく
電車・バスでの行き方です



東京都民からしたら
一番わかりやすい「駅」は
「新宿駅」になるだろうと思われるので

今回は「新宿」からの行き方になります

画像

とりあえず
「御嶽」までの切符を買います
運賃は「890円」です

ちなみに
大田区に「御嶽山駅」というのがありますので
間違えないように!


そこから
「JR中央・青梅線青梅特快」に乗車します

時間が合わない場合は
「JR中央線中央特快・高尾行き」に乗車します

画像

乗りたい時間にどちらか先に来る方でOKです
他にも色んな行き方がありますが
とりあえず「快速」「特快」という便に乗りましょう

なんにしてもキップは同じ「890円」です

青梅線の方が簡単ですが
「高尾行き」などの場合は
「立川」で青梅線に乗り換える必要がありますので

「乗換えが必要な路線か?」を意識しておくといいでしょう
車内アナウンスで放送してくれます



「青梅駅」でいったんホームに降ります
ホームを移動する必要はなく降りて待つだけです

そこから「青梅線奥多摩行き」に乗り換える為です

その青梅駅のホームに
立ち食いソバ(座れるけど)があります

画像

「青梅想ひ出そば」

という屋号で
わざとノスタルジックでくたびれた外観にしてあります

ちなみにJR東日本が運営してるので
券売機はSuica(スイカ)が使える仕様で
食券が買えたりしますw


少し待てば
「青梅線奥多摩行」がホームに来ますので
それに乗り込み出発

この辺りから車内に
リュックを背負った登山者をチラホラ拝見するようになり

車窓の風景もだいぶ変わってきて
眼下には「多摩川」もあります

電車は各駅停車になり
しばらく緑が濃い風景とトンネル
シンプルな駅舎など
風景が楽しくなってくると

「御嶽」の駅に着きます

画像

画像

ここまでかかった時間は
乗換えなどうまくいけば約1時間30分



さて電車を降りたら
ここからはなるべく急いだ方がいいでしょう

いえ急いでいない方はいいのですが
ヒマを持て余しちゃうような方はバス停にダッシュ!


観光地によくある事ですが

駅から排出された観光客(登山客)を
効率よく次の目的地に運ぶように
交通のインフラが整備されてて

余裕をかましすぎると
そのスムーズなシステムから
置いてけぼりになるのはよくある事です


御嶽駅を出たら
道路を向かって「左」に行きます

そうすると道の対岸に「バス停」があります
少し広場になってるのですぐわかるでしょう

画像

このバスで御岳山に行くワケです


バスの運行が
電車と連動してるのか(たぶんです)

電車が着く頃にはバスが待機してて
乗客をバスに乗せたら出発

という流れのようなので
ぐずぐずしてるとバスは行ってしまいます

ちなみに「時刻表」は

画像

このようにキッチリと1時間に2本となっていますので
乗り過ごすと30分待ちですw


行き先は「ケーブル下(滝本駅)」

バスの料金は

画像

270円(前払い)

路線の地図上での距離はたいしたこと無く
実際登山目的の方はバスを使わず
多摩川の橋を越えて歩いて行きますが

ハッキリ行って
普通の方がバスを使わずに歩いて行くのは
賢明ではありません

バスは結構急な坂道を登って行きますので
ケチらない方がいいです



バスはすぐに「ケーブル下」へ着きます

ここは名のとおり「ケーブルカー」の下の駅です

正式には「御岳登山鉄道株式会社」の「滝本駅」


バスを降りると
その滝本駅まで少し歩きます
100メートルくらいですがカナリの急勾配で
ここだけでも結構疲れますw


券売機でケーブルカーのキップを買います

画像


殆どの方は「往復券」を買えばいいでしょう
乗車料金は

片道・・・570円
往復・・・1090円

と微妙に往復が安いです


そしてここでも
パスモかスイカが使えますw

画像

改札の横に機械があるのですが
駅員さんに見えるようにやるようで(?)
逆にキップの方が簡単かもしれません


ちなみに
私はあまり感心もしたくない事ですが
御岳山は犬などのペットも登山できます
ケーブルカーの運賃は120円です




これが「ケーブルカー」

画像

こちらは「日出」号
ケーブルカーなのでこの時上側にもう一台居て
そちらは「青空」号


改札は出発の数分前に開くので
実はあまり記念写真とか撮ってるヒマがなさそうなので
写真を撮りたい方は急いだ方がいいです

それか帰りの時に後回しにしましょう

画像

子供がなりきって記念写真を撮れるよう
こんな駅員さんの帽子とイスがあります


いよいよ出発です

画像

ここで大事なポイント

紅葉シーズンなどで混んでる時は無理かもしれませんが
車窓のからの風景を見たい!写真を撮りたい!
という場合は

車両の
先頭か後ろの場所を確保したいとこです

そして
乗ってからじゃないと気づかないですが

登りの進行方向の「左側」がいいかと思います
(下りなら右側ですね)

なぜかと言うと
風景が開けてるのが「左側後ろ」だからです

なので進行方向の左側の席がいいでしょう


これが右側だと外がずっと林だけ・・・という事にw


モチロンどの席でも首をのばせば見えますが
他の乗客ごしにカメラを構えたりする事になるので
マナー的にもよくないでしょう


ケーブルカーの所要時間は約6分です
あっという間に山上の「御岳山駅」に着きます


ここ「御岳平」にはお土産屋さんと
「リフト」があります

「リフト」も乗りたかったのですが
これは「土日祝」の営業のようで

画像

画像

この上にある「展望食堂」も同様のようです
(紅葉シーズンなどはよくわかりません)



御岳山の見所・施設はこれだけではなく
本来はここから先が本編みたいなカンジで

登山道を進んでいくと
「武蔵御嶽神社」の参道があり
「神社門前商店街」など結構お店があります

御岳平から神社までは
それほどキツイ山道ではないユルめなようですが
モチロン気をつけて登山した方がいいでしょう



ということで
コチラが御岳平からの風景

画像

コチラはその上の展望食堂のテラスから

画像


この時はまだ紅葉シーズンではなかったのですが
シーズン中はもっと木々が色付いている事でしょう





まとめ:

新宿からの片道の総運賃

電車・・・890円
バス・・・270円
ケーブルカー・・・545円(往復券の片道)

合計・・・1705円


新宿から御岳平までの総時間
(乗り換えなどがスムーズだった場合)

約2時間半~3時間

というカンジでしょうか


今回の日記は
紅葉シーズンではない平日での件なので
混んでる時はこの限りではないでしょう

流行の「パワースポット」とか
「山ガール」なんてのもありますので
混雑する時は時間がかかるかもしれません


いずれにしても
東京都心から近くて早くて
ケーブルカーとか面白い乗り物に乗れるし
自然も豊か

「御岳山」はオススメです!




そうそう「お土産」ですが
「きびもち大福」や
「わさび」や「漬物」などの定番は
一通りケーブルカーの駅で売っています

私は
「みやび工房のくんせいチーズ」(桜チップのスモーク)

「奥多摩清流そば」を買ってみました

画像

あいにくチーズはもう食っちゃって
写真撮るの忘れたんですがw
おいしかったです

駅にあるお土産の詳しい情報は→コチラ


ソバはあんまり御岳山や青梅と関係無さそうですが
まぁ好きなのでw

帰りに
御嶽の駅から多摩川に降りて
写真を撮っていたのですが
そこで近所?のオバちゃんが

「まんじゅう」と「みょうが」

を売っていました

画像

みょうがは好物で
しかもこれで100円とか安すぎるので買って

帰ったらさっそくソバの薬味にして食べました

画像

うますぎる!www




ユーチューブに
御岳平の動画をアップしましたのでよろしければ・・・




↑上に表示・再生されない場合は→コチラ





関連日記:

紅葉の「筑波山」への行き方の件

「スペーシア」で紅葉の「日光東照宮」への行き方の件


他:日帰りの「小旅行」がテーマの日記は→コチラ


-------------------------------------------------


るるぶ秩父 奥多摩 高尾山’12~’13 (国内シリーズ)

るるぶ秩父 奥多摩 高尾山’12~’13 (国内シリーズ)
ジェイティビィパブリッシング
2012-02-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by るるぶ秩父 奥多摩 高尾山’12~’13 (国内シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


デジタルカメラのオススメはコチラ
Canon デジタルカメラ PowerShot S110(ブラック) 約1210万画素 F2.0 光学5倍ズーム PSS110(BK)