紅葉の「筑波山」への行き方の件

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝もカメラをもっておでかけしてみましょう
今回は茨城県の「筑波山」への
行き方(アクセス)の件です


東京都には
実は「自然」がたくさんあって
少し足を伸ばした小旅行でも
すぐに自然豊かな場所に行けます

そして
東京を離れてもう少しさらに遠出しても
思いのほか簡単に早く
観光地や自然が多い場所に行けます

それは
大昔から東京(江戸)を起点にした
道路網・鉄道網を整備していたからです

参拝(○○詣で)目的の
「伊勢神宮」や「日光東照宮」
などへのアクセスの利便性を求められたからです

近代は
信仰や参拝という意味合いより
「観光」がその大きな理由でしょうが

大昔からの「公共事業」によって
現在はその恩恵を享受できているわけです



「筑波山」は
関東平野に突如現れる山で
標高は高くないのに
東京(江戸)からもその雄姿が見え

「西の富士東の筑波」

と称される山です


その美しい外見から当然のように
「山岳信仰」の対象で仰がれてきた

山からのあらゆる恩恵は
昔の人には
「カミサマからの贈りもの」であっただろう


そして
現在その恩恵は「観光」だ






では
筑波山までの行き方を見てみよう!


つい近年まで
筑波山に行くには少し遠かった
時間が掛かり過ぎたのだ

東京から行くとしたら
車やバイクで高速道路を使っても
数時間はかかり

公共交通機関を使用しても
「筑波鉄道筑波線」が廃線になってからは
現実的には
観光地としての交通手段は
著しく低下していた


それが

「首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス」(TX)

ができて一転した
この路線は名のとおり
「つくば」に行ける電車だ

というワケで今回は
「つくばエキスプレス」を使って筑波山まで行ってみよう!



東京都民が一番解りやすい駅は

「秋葉原」駅になる

ここがつくばエキスプレス(以下TX)の起点だから
秋葉原から乗車すれば
起点から終点の「つくば」まで乗ってればいいだけになる


乗る電車のタイプは

・快速
・区間快速
・普通(各駅停車)

と分かれていて
当然「快速」が一番速く
それに乗ればいいのだが

早朝などの便数が少ない時間帯では
快速がくるまで待つより
すぐに来た「普通」に乗った方が速い場合もある


乗車料金(キップ)は

1150円

快速も普通もモチロン同じ
秋葉原から乗るならとりあえず1150円でOKだ


ちなみに
お住まいによっては
「北千住」駅の方が近い方もいるだろう

その場合はちょうど「1000円」だ

足立区には
他にもTXの駅があるが
「快速」が停まるのは「北千住」なので
はじめから北千住に行った方が無難

画像

ちなみにここが北千住のキップ売り場と改札




そうそう大事なハナシですが
TXの車両には「女性専用車両」がある
おそらく先頭か最後尾の車両だ

画像

男性諸君は間違えてこの車両に迷い込まないように!

そうしないと赤っ恥かくぞ!・・・私みたいに!w




乗車時間は

快速で34分!
普通で約50分!

と驚くほど速い!
実際東京あたりだけ遅く
埼玉からはカナリの速度が出てるので
あっというまに「つくば」に着いてしまう

車窓からの風景は
このTXの駅ができたおかげか
昔からは考えられないくらい発展が起きてて

「自然」な風景とかは期待できない

やはりTXは「通勤電車」というフンイキだ



そして
地下の「つくば」の駅に着いたら降りて

地上に出ると
「バスターミナル」がある

画像

バス停留所としての
正式な名前は「つくばセンター」だ

かなりの大きさで
バス停はたくさんあるので悩んでしまうが

「筑波山」行きの
直行シャトルバスは「1番のりば」のバス停だ

そこのベンチで待っていれば
勝手に来てくれるし
おそらく他の登山・観光客が居るから
すぐわかるはずだ

時刻表を見ると

画像

ちょうど30分おきに出発するようだ


バスが来た

画像

東京の人ほど戸惑うのだが
料金は「後払い」だ
でも乗車券(チケット)は取らなくてもOK(というか出てこない)


TXはとても速いのだが
このバスは実は筑波山までけっこうあるので
乗車時間は長い

50分

かかる
なので旅行プランを立てる場合は
このシャトルバスの時間を意識した方がいいだろう

特に「午後」に筑波山に行こうと思ったら
帰りのバスを考えると滞在時間が無くなったりする


ゆっくりとしたバスに揺られていると・・・

画像

筑波山がみえてきた!

平野にある山というのがわかる突然の雄姿だ
だがやはりそんなに大きくは無いw

とんがりが2つありそれぞれ
「男体山」(標高871m)と東側の「女体山」(標高877m)





さて
バスを降りる停留所の件で

おそらく殆どの方がよくわからなくて悩む
ポイントのハナシ

ネットや旅雑誌や観光パンフレットを読んでみても
どうもよくわからない??

となってしまうのが
結局どのバス停で降りればいいの?

という点だ
筑波山で降りるバス停には

・筑波山神社入口
・つつじヶ丘

という2つがあって
どちらに降りたらいいのだろうか?



それはご自身の「目的」に合わせたらいい



筑波山神社入口は:

赤い大鳥居がある有名な場所で
そこから参道に入って筑波山神社の参拝
「ケーブルカー」に乗車
「男体山」へいたる


つつじヶ丘は:

神社入り口を過ぎ
さらにバスで山道を登り
つつじヶ丘で「ロープウェイ」に乗り
「女体山」にいたる


というルートだ

降りるバス停は
この違いで決めればいい

料金は

筑波山神社入口まで・・・700円
つつじヶ丘まで・・・850円


私のオススメは
断然「つつじヶ丘」だ

観光という点では神社もいいだろうが
ケーブルカーまでの参道は少しあるし
バスで登山をしてる時の車窓も楽しいし
それに
どちらかといえば「ロープウェイ」の方が面白い!


それと
つつじヶ丘にはガマが居る!!

画像

ガマ大明神である!

見よこの雄姿!


つつじヶ丘は
自家用車でもこられる場所だ
(駐車場料金はかかるが安い)

ここにバスが停車する

画像


ここからロープウェイに乗れる



ロープウェイの料金は

片道・・・600円
往復・・・1070円

時間があり健脚な方は

バスでつつじヶ丘
そして女体山に行き
それから峰を渡って男体山に行き
ケーブルカーで降りてきて
神社前のバス停から帰宅

なんてプランができるし
登りや下りだけロープウェイを使いたい
という方もいるでしょうから
お好きにプランを組めばいい



ロープウェイの浮遊感というのは
とても楽しい

画像

だが昔のようにガタガタしたりしない
静かなゴンドラなので全然怖くないだろう

それと
写真を撮りたい方にアドバイスだが
このロープウェイのゴンドラの窓が
日焼け防止でサングラスのようにかなり遮光したガラスで
おのずとシャッター速度が遅くなるので
それは注意!



ほんの数分で山上の「女体山駅」に到着

画像

そんなに大きくはないが
見晴らしがいい広場になっていて
関東平野が見渡せる

天気がいい日は
富士山やスカイツリーなども見れるし

モチロン紅葉も楽しめる

他の有名な山々と少し違うのは
やはり他の山が周りにあまり無いので

「見晴らし」という開放感の点では
むしろ筑波山の方がバツグンだと思う

1000メートルもない山なのにだw



アイフォンで軽くとった写真

画像

男体山

画像

ガスが無ければ土浦・霞ヶ浦が見えるらしい

画像

帰りのロープウェイからの夕日



私のオススメの場所は
下りのロープウェイ乗り場の横の見晴らし台

画像

天空だ・・・w






まとめ:

秋葉原からの「片道」の総運賃

電車・・・1150円
バス・・・850円
ロープウェイ・・・535円(往復券の片道)

合計・・・2535円


秋葉原から筑波山「女体山」山上までの総時間
(乗り換えなどがスムーズだった場合)

約2時間~2時間半

というカンジでしょうか


紅葉シーズンや休・祝日などは
混雑が予想されこの限りではなく
ロープウェイやケーブルカーの待ち時間が発生するでしょう

ですが
普通の平日などは
おどろくほど観光客や登山客はおらず

私は少し紅葉が始まってきた
というくらいの時期に行きましたが

登山客以外には
世間に疲れた
背広姿のホワイトカラーのサラリーマンと
「パワースポット」や「山ガール」が流行ってるので
つい来てみた中年のOL
くらいしかいませんでした

紅葉や登山目的でもモチロンですが
なんとなくふいに山に行きたくなった場合でも

「筑波山」は
東京から近くて面白いのでオススメです!




動画をユーチューブにアップしました
紅葉のはじまりかけという時期です




↑上に表示されない再生できない場合は→コチラ






最後にお土産のハナシ:

筑波山周辺にはモチロン
お土産やさんはたくさんあります

つくばエキスプレスのおかげか
つくばの駅の周辺は発展しており

画像

駅の近くに「西武」があります
ここの一階にもお土産があります


それと最後の砦なくらいで
TXの地下の改札の前にも

画像

「つくばの良い品」という店がある

隣は
地下なのにオープンカフェのスターバックスですw


つくば観光して
帰りにてぶらでここにくれば
とりあえずお土産が買える

少し他のお土産やと違うのは
「まんじゅう」などのお菓子の
典型的なお土産というより

「道の駅」などの地元の産直みたいなイメージだ
(野菜などは無く加工品だが)

「MADE IN TUKUBA」として
つくばの名産品・特産品などの物産を扱っている

手作りのパンやお菓子もあり
女性の通勤客にもいいだろう

それに
TXが東京まで速いので
ここで食品を買っても持って帰れる


オンラインショップは→コチラ



ここで私が買ったのは

画像

和泉屋「干し納豆」・・・260円

福来みかんヨーグルト(美野里ふるさと食品公社)・・・200円

みょうが甘酢漬け(つくばヤーコン株式会社)・・・210円


どれも
お土産にしては安くて
しかもうまい!!


もう一つは

「学園手作りハムの会」の(通販もできるホームページは→コチラ

画像

画像

スモークチキン!

これは手羽中のスモークチキンで
3本で323円!

画像

食ったら超ウメェ!!
マジやべぇ・・・ってくらいw

「つくばの良い品」にはほかにも
ハムやソーセージやベーコンもあったが
それなりのお値段がするので
安い手羽中にしたが

こりゃもっと買ってくればよかったな・・・


マジでオススメだっ!!




関連日記:

紅葉の「御岳山」(青梅市)への行き方の件

「スペーシア」で紅葉の「日光東照宮」への行き方の件


他:日帰りの「小旅行」がテーマの日記は→コチラ


--------------------------------

筑波山は関係ありませんがオススメ商品

「空から日本を見てみよう19」
紅葉の関東ローカル線 秩父鉄道・わたらせ渓谷鐵道 [DVD]



江戸・東京の
道路や水道などのインフラがよくわかるの本
「東京の地理がわかる事典―読む・知る・愉しむ」

東京の地理がわかる事典―読む・知る・愉しむ
日本実業出版社
鈴木 理生

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京の地理がわかる事典―読む・知る・愉しむ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル