「スペーシア」で紅葉の「日光東照宮」への行き方の件(前編)

コンバンワたま男です
今晩もカメラをもってお出かけしてみましょう
今回は東武鉄道の特急「スペーシア」で
紅葉の「日光東照宮」への行き方の件





紅葉シーズンの土日・祝日などの休日は
混雑が予想され「予約」をしなければならず
今回の日記のとおりにはいかない場合があるので
その前提で・・・




日光東照宮は
「東照大権現」さまを祀る
全国の東照宮の総本山

東照大権現とは「徳川家康」のこと


家康を「カミサマ」にして祀ってあるので
三代将軍家光が改装をして
現在にみられる
荘厳といえば聞こえは良いが
派手で権威的な社殿などが作られた

モチロン当時の最高の宮大工が集められたので
彫刻などの細部が見事だから

わかりやすい派手さと
細部にまで行き届いた細工

が両方あり
参拝というより
現在の「観光地」としての魅力が
多くの人に感じられる場所だ





では
東京から日光までの行き方をみてみよう!


おそらくそんなに調べなくても
なんとなく知っている方も多いと思われる

特急「スペーシア」

この電車での行き方を今回は見てみる件



「スペーシア」は東武鉄道の特急で
昔からの
東武鉄道の存在意義と言っていい
「東京→日光」までの路線の為の電車だ

スペーシアは1990年から運行している

余談だが
当時の足立区の子供達は
スペーシアが走り始めた頃
「東武の線路にニセ新幹線が走ってっぞ!」
と沿線に見に行ったものである


東京で
スペーシアに乗車する場合
一番わかりやすい駅は

「浅草駅」だ

そこが始点なので確実


現在は「新宿駅」にも乗り入れているので
新宿からも乗れる


他に東京で乗れる駅は
「北千住」駅だ

浅草を出発したスペーシアは
次に北千住に停まり
後は埼玉県の「春日部」に停まるので

東京都民は
「浅草」か「新宿」
もしくは「北千住」で乗車することになる



今回は「北千住」からの乗り方を見てみよう
(他の駅からでもモチロン同じです)

まず悩むのは

「キップの買い方」だ

「特急」だから
なにか特別な券売機や窓口を使うのかしら?
それでどんなキップ買うのかしら?

と困惑しそうだが
キップは普通に券売機で買える

ここは北千住の「東武線」の改札


画像

ここの正面に「券売機」がある

画像

スペーシアのオレンジ色w


ここで普通の電車を乗る時と同じように
タッチパネルでキップが買える


「特急」である事で少し違うのは
必要なキップは

・乗車券
・特急券

2枚だ(2つの支払い)

↑の「特急券」の券売機でキップを買う場合だと
その2つとも印字してくれる

画像

このように2枚になる


ここのポイント

乗車料金は「乗車券・特急券」の2つ必要!



東武のホームページでの詳細→コチラ



この券売機では
他にもおでかけを快適にする為の
設定ができる

電車での旅行ではなるべくなら
席は「窓側」の方が楽しいだろう

この券売機では「窓側指定」ができる

元々
キップを買う先着順で
窓側から席が埋まっていくらしく
空いているシーズンなら
指定をしなくても窓側になるようだ


スペーシアには1両「個室」の車両があって
その個室もこの券売機で指定できる

個室は
4名まで使用できるが
個室利用料は「部屋代」だけでOK
つまり1人でも4人でも同じ値段で利用できるようだ

料金は平日3000円


ただし
紅葉シーズンなどは
これらはネットでの予約が必要になるだろう



さて
券売機でキップを買えるのはわかったが

・どの電車でどこまで買えばいいのだろう?
・幾ら払えばいいのだろう?

という疑問の
答えは簡単

・行き先は「東武日光」
・乗る電車は「特急けごん号」

それだけ憶えればOK!
つまり「けごん」に乗って終点が「東武日光」ならいい

「特急きぬ号」でも行けるが
途中の「下今市」で乗換えが必要になる


買うキップの料金は

乗車券・・・1320円
特急券・・・1300円

で合計2620円になってれば大丈夫
(浅草と北千住では両方ともこの値段)


キップを買う時は
特急なのでモチロン時間通りに乗車しなければならないから
キップを買ってすぐが出発時間だと少し心配

浅草駅はわかりやすいが
北千住駅の場合
特急のホームは他の路線とは別なとこにあり
辿り着くまでに少し時間がかかるだろう


特急用の改札を通るとホームに着く

画像

早朝だと他のホームにはホワイトカラーが
ひしめきあっているが
ここはガラガラw

電光掲示板で自分が乗るスペーシアが来るまで待機

画像

画像

ホームの床に「何号車」の案内が埋まってるので
キップに書いてある座席の車両の前で待っているといいだろう


ここで大事なアドバイスだが
スペーシアの写真を撮ろうと
ホームのハジで待っていると
置いてかれるぞ!!

画像

コレを撮ってたら
スペーシアは直ぐに出発するので
置いてかれそうになったw



指定の座席に座れば
後は勝手に日光まで連れて行ってくれる

座席や装備は
流石にだいぶ年季が入ってきたのか
それほど豪華な気分にはなれないけど

それでもまぁ快適な方

揺れや振動は結構あるが
速度相応なカンジだ

画像

とりあえずカネゴンは倒れずに済んだw


余談だが
先日「筑波山」に行く為
「つくばエキスプレス」に乗ったが
それは流石に最新車両なのか全く揺れなかったw
(筑波山への行き方の日記は→コチラ



東武日光駅までの所要時間は

約1時間50分

その間の車窓からの風景は
おそらく昔はもっと田園風景があっただろうが
現在は発展もしてるのか
そんなに見所はなく
終点日光に近づいてきたあたりになって
やっと面白くなるというカンジだ



という事で

画像

東武日光に到着!




・・・さて
ここから日光東照宮までの件なのですが
だいぶ長い日記になってきたので
それは次回までのつづきにしますね


つづきの後編の日記は→コチラ






関連日記:

紅葉の「御岳山」(青梅市)への行き方の件

紅葉の「筑波山」への行き方の件