中判一眼レフカメラのマミヤ「M645」のフィルム装填の件

コンバンワたま男です
今晩もカメラで遊んでみましょう
今回はマミヤの中判一眼レフカメラ
「M645」のフィルム装填(入れ方)の件
(「Mamiya M645 1000S」でもOK!)


動画もあるでよ!




近年
デジタルカメラのブームで
カメラや写真を趣味にする方は増えたが
これからは


中判フィルムカメラだっ!!


・・・なんて事はぜったいに無いが

現在はトイカメラや二眼レフカメラなどの影響か
それほど珍しくもなく
120サイズの中判
いわゆる「ブローニーフィルム」を使用するカメラを使って
写真撮影を楽しんでる方は意外と多い



マミヤの「M645」は

画像

「日本初の6×4.5cm判一眼レフカメラ」という
いわゆるセミ判のカメラで

ボディは中判としては軽く小さく
ミラーアップがいつでもできたり
操作は簡単だったり

とても扱いやすいカメラだ

M645の後にすぐに出た後継機
「Mamiya M645 1000S」なら
現在でも所有・使用してる方が多くいるようで
まだまだ十分遊べるカメラだ

それに
おのずと中古なので
探せばボディ・レンズ共にとても安く買え

「中判フィルムカメラをはじめてみたいな」

って興味がある方にも
そんなに負担がなくすぐはじめられる



だが
「デジタルカメラ」しかカメラを触ったことが無い
もしくは
昔は「35㎜」(135)のフィルムを使った事はあるが
120のいわゆる「ブローニーフィルム」は扱ったことが無い

なんて方々には
120フィルムの装填(入れ方)や扱い方は
なんだかワケわかんないモノだ


そんなワケで
「ユーチューブ」に「M645」のフィルム装填の件の動画を
作ってアップしたので
お急ぎの方や
詳しくはこの日記の↓のそちらの動画でどうぞ・・・





「中判フィルムカメラ」の
フィルムの装填の仕方は
なんとなくだいたい
大きく分けると「3パターン」くらい種類があると思う


1:

「二眼レフカメラ」にみられる
下から上にフィルムが送られるタイプ(逆のカメラもある)
一番シンプルで簡単な装填方法だと思う


2:

35㎜カメラと同様に横にフィルムを送るタイプ
6x7・6x8・6x9などのフォーマットの
「レンジファインダーカメラ」に多い


3:

M645のようにフィルムをセットした
「中枠」を挿入するタイプ
いわゆる「フィルムマガジン」(ホルダー)が
カメラボディから分離できる
M645はマガジン部分は分離はしないが
「ハッセルブラッド」や
M645以外のマミヤの中判カメラもこのタイプ



大体この3タイプの装填の仕方を覚えれば
とりあえずOKで
殆どの中判カメラが使用できる気がする


ただ
個別のカメラ特有の「作法」があったりするので
それだけは中古カメラ屋さんや詳しい方に
ちゃんと教わったほうがいいだろう



「M645」の場合は(1000sでも同じ)
全くと言っていいほど
クセやイミフな作法は無いので
とても簡単に扱えるんだけど

それでも少しだけ
はじめて触った方が
戸惑う場面が起きる


それは・・・


画像

裏ブタが開かない!!


フィルムを入れようとしても
裏ブタの開け方が全くわからなく
ショボ~ン・・・となってしまうことうけあいだw


でも
裏ブタをあけるのは実は簡単

ここのフィルムのラベルをいれるトコ

画像

実はここがスイッチ状になってて
この部分を押しながら上のレバーを引けば
開きます


画像

オープン!



さて
M645の場合は
これくらいしかフィルム装填に
難しい問題はありませんw

後は

M645はフィルムが入ってない状態で
シャッターを切りたい時は(空シャッター)
「MULTI」という「多重露光」のレバーを
「ON」にすると
シャッターが切れるようになります

画像


撮影前に
このレバーをOFFにしておくのを
意外と忘れてしまいますw



他に

画像

「中枠」にフィルムを巻く時
フィルムの裏表の「向き」

巻く時のスプールの「回転方向」

それは重要なので
それさえ間違えなければOK!



実際の手順・操作の詳しくは
ユーチューブでどうぞ・・・




↑上に表示しない再生できない場合は→コチラ




関連日記:

二眼レフカメラのフィルム装填の仕方の件→コチラ

「CanoScan 9000F」で「ブローニーフィルム」のスキャンの仕方の件→コチラ

他のマミヤM645関連の日記→コチラ