「木の屋石巻水産」の「鯨大和煮」の缶詰の件

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝は「木の屋石巻水産」の
「鯨大和煮」の缶詰の件




昔は良かったなぁ・・・

あぁ・・・くじらが食いたい・・・


なんて言って
老人特有の懐古主義で「昭和」を懐かしみ
「オールウェイズ」なんて虚構の映画を観て
自ら枯れてる人も多いが


おいおいマテマテ!
「くじら」は別に過去の食材じゃねぇぞ!

現在だって
普通に・・・とは言えないが
ちゃんと流通してる食材だ

「鯨は日本の食文化」だ!
なんて言ったら大げさだけど

アングロサクソンや白豪主義者どもが
騒いでいるので
当たり前だった事が
いつの間にか「文化」として位置づけられたのが
「捕鯨」や「鯨の食文化」


だが

「捕鯨」という猟の形態
それを行う「漁村」
鯨をまつる(供養する)「鯨塚」などの施設
鯨にまつわるあらゆる人々

それはそれこそ
食文化どころか「日本国の文化」だ



若者がよく言うフレーズに

今まで食べた事無いから
別にくじらを食べなくてもいいんじゃね?

というのがある
若者ならまだしもいい年した奴でも
この様な意見をはく方をよく拝見する

まぁそういう
貧相な食生活をしてきた方々には
ご理解できないだろうからほっといて


先日
録画しておいたBSの「子連れ狼」を見てたら
合間にこんな通販のCMがやっていた


こ!これは!!

画像

くじらベーコン!!


どうやら
「木の屋」という会社がベーコンを売ってるらしい


うわぁ・・マジ食いてぇ・・・

しかもなんか安いじゃんか
今なら10袋800グラムで

画像

5229円とか

量が多すぎるけど
これくらいあっという間に食いきれる自信があるし
でも通販かぁ・・・

なんて
思ってたらマジ食いたくなってきた


オレ!クジラ食いたいっス!

しかもベーコンを!!

くじら特有の脂をあてに焼酎飲むっス!


・・・という事でガマンできずに
スーパーで買ってきた


これは
意外とどこのスーパーでも売ってる

画像

よく見るパッケージの商品
あくまで東京だけかもしれないけど
むしろ
「くじらベーコン」はこの商品くらいしか
普通には流通してないかも


裏を見ると

画像

「スクーナー株式会社」とある
(ホームページは→コチラ


さっそく食べてみる

画像

プルプルしてるよプルプルw

超うめぇwww



大体この様な
真空パックみたいな容器に
ほんの数枚ベーコンが入ってる商品は
398~500円くらいで売っている

決して安くはないが
決して高くはないw



さて
先ほどの通販のCM

「木の屋」という社名で
しばらく気づかなかったが
この会社の名称は「木の屋石巻水産」らしい

ん?「石巻水産」?

それなら先にそう言えよってカンジw


私が最近食った
「くじらの大和煮」の缶詰は

画像

この様になっている
これはモチロン一部だ

私はスーパーやコンビニで
鯨の缶詰を見つけたら
なるべく買うようにしてる

伊豆や千葉に出かけた時は
お土産でも買う

そのあたりに旅行する方には
クジラの缶詰のお土産を頼む


そして私は保存なんてしないで
全部すぐ食っている


その上で
「独断と偏見」・・・ではなく
私たま男の名においてズバリ言うが

「鯨の大和煮の缶詰」のオススメは

画像

石巻水産の「鯨大和煮」だ!!!

これは殆ど真理に近い正解w


通販もできる
「木の屋石巻水産」のホームページは

コチラ

住所:宮城県石巻市魚町一丁目11-4



こう言っちゃナンだが
「クジラ」という食材の「希少性」
それだけで「クジラはうまい」と
条件反射で言うバカも多いが

この缶詰はマジうまい


・・・う~ん
ニュアンスがちゃんと伝わるか微妙だけど

この石巻水産の大和煮は
なんというか「安心」だ
「品質」がいい

「普通」と言ったら失礼だけど
かといってウケを狙って
余計なエッジを目指してないから

「うん!これがクジラの大和煮の缶詰!」

ってカンジw



クジラ好きには見慣れたこの缶詰

「石巻水産」の工場には

なんと!

画像

巨大な缶詰の広告がある!!

デカ過ぎるwwww



以前私がこの広告の存在を知った時
カネゴンも興味を持ったようで
是非この広告の前で写真を撮りたくなったので

そのうちこの地を訪ねようと思ってた


だが
去年の「東日本大震災」で
「石巻水産」は被災した

この巨大缶詰の広告も流され倒れた


私がそのニュースを知ったのは
実はこの「巨大缶詰を移動」する
という話題で知った



↑上にユーチューブが表示・再生できない場合は→コチラ

この巨大缶詰を
そのまま保存するか撤去するかを
検討してたそうだ

先ほどの
クジラベーコンの通販CMも
震災後の通販だ








まとめ:

「鯨」で

・「漁村」が成り立っている
・「観光地」として成り立っている
・昔ながらの「文化」を守っている
・加工業の「雇用」を確保してる
・食材としての生き物に対しての「敬意」を抱かせ
・モチロン「食料」として食してきた

そのたもろもろ
くじらで「恩恵」を受け
そして日本人は太古からクジラと生活してる

これは東京品川にある
鯨碑(鯨塚)である

画像

画像


クリックすると拡大して読めます



私は
オーストラリアの「生産者」に恨みは無いが

「シーシェパード」をはじめ
「グリーンピース」などの環境団体
いわゆる「エコテロリスト」を
容認・支援する「国家」や「団体」や「個人」には
容赦するつもりはない


とりあえず


オージービーフ不買運動!!


から始めようか!




その次は殴りに行くw





つづきの日記:

ついにやっと石巻水産の鯨大和煮をゲットしたぜ!

「木の屋石巻水産」の缶詰「ひげ鯨大和煮」をドンキホーテで買ってきた件