中判カメラ「マミヤM645」(ウエストレベルファインダー付き)を買った件

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝もカメラや写真で遊んでみましょう
今回は「中判一眼レフカメラ」の
「マミヤM645」(ウエストレベルファインダー付き)
を買った件



最先端で疾走する若人よ!


時代は中判フィルムカメラだっ!!


・・・なんて事はゼッタイに無いが

現在世の中の若者は
意外と手軽にフィルムカメラを始めている

それは
デジタルカメラという「大多数」に属するのを嫌う
若者特有の転がる石かもしれないけど

「デジタルと銀塩」という
単純な比較の問題ではなくて
「フィルムカメラ自体が面白いから!」
って自発的に楽しんでいる方も多い


その中でも
いわゆる「ブローニーフィルム」(120サイズ)を使用する
「中判」のフィルムカメラで遊ぶ方は
意外と多くなっている印象がある

それは
「トイカメラ」やカワイイ「ましかく写真」
などの影響もあるだろうが

もっと単純な理由としては
「中判のカメラが安い!」
という金銭的なとっつき易さもあると思う


高い中判カメラは今でも高いけど
安いのは安い

鬼安い!

なので現在
「中判フィルムカメラを始めたみたいなぁ~」
なんて思ってる方はモチロン

新しいデジタルカメラの購入を思案してる

いわゆる「フルサイズ」のセンサーの高級品や
ライカなどに似せた「レンジファインダーカメラ」や
安いエントリーモデルの一眼レフカメラからのステップアップ

などの理由でデジカメを買って
次の「遊び」を探してる方は

思いきって
「中判フィルムカメラ」にチャレンジしてみると
きっと楽しいし
金銭的にもやさしいし満足できる!

コレホント




そんなワケで
昨日新宿に行ってきて
「中判一眼レフカメラ」を買ってきた

購入したのは・・・

画像


マミヤM645!!





・・・・ってオイ!!

実は私は既に「M645」を一台所有している

スゲェピカピカなのに
ボディとレンズとフードで18000円という破格で買ったのが既にある

画像

向かって右が所有してる「Mamiya M645」


マミヤの「M645」は
いわゆるセミ判の「一眼レフカメラ」だ

「セミ判」とは「4.5×6センチ」で
フィルムに露光するフォーマットで
現在人気の「ましかく写真」の「6×6」より
少し小さくて横長だ

6×6で撮れる人気の「ハッセルブラッド」が
同じ「中判一眼レフカメラ」だから
それの「フォーマット違い」(横長)って考えれば
それほど間違いじゃない




さて
なぜこの「M645」をまた買ったのか?

よくある理由だと
「予備」の為だと思われるだろう


・・・だが私にそんな余裕をかませる金は無い


「M645」は1975年に発売されたが
そのすぐ一年後に「Mamiya M645 1000S」という
マイナーチェンジされた後継機が発売された

なので
今回買ったこのM645はその1000Sなのか?


・・・いやそれも違う





もうお気づきの方も居るかもしれないが

今回この「M645」をあらためて買った理由は・・・

画像


「ウエストレベルファインダー」の為だ!!!!



そう
発売当時
一番安く購入するために
露出計内臓の「プリズムファインダー」が買えなくて
泣く泣く「ウエストレベルフィアンダー」にした方が多いのに

今回その「ウエストレベルファインダー」の為だけに
私はこの「M645」を買ったw




自慢だけど私はビンボーだ

だけど以前
ビンボーなクセに(故に)

「ローライコードVb」と「ハッセルブラッド」どちらを買うか?

という問題に直面した
結局「二眼レフカメラ」という面白さを体験したくて
ローライコードを買ったのだが

「ハッセルブラッド」の魅力を忘れる事はできなかった



そんな時
たまたま新宿の「中古カメラBOX」サマで「M645」が激安で売ってて
↑先ほどのM645を買ったのだ

ハッキリ言えばハッセルの「代替」として・・・・


M645の購入日記は→コチラ



そんな不埒なワケで購入したんだけど

実際いじくりまわして
実際撮影してたから判ったんだけど

「M645」はすごくよくできたカメラだ!

日本の工業製品の一番いい時期の
「性能が高いのに誰にでも簡単に扱えしかも壊れない」
という世界的に認められた「ジャパン」というブランド
それがよくわかるカメラだった


なので
もっとこのカメラを持ち出して
写真を撮って付き合いたいんだけど

私が購入した「M645」には
「PDプリズムファインダー」(正式な製品名かはよくわからない)という
「露出計」が内蔵されたハイテクで重たいモノが付いていた

画像

向かって右が「PDプリズムファインダー」
左が今回の「ウエストレベルファインダー」


このでかいプリズムファインダーは
覗くと右側にLEDの露出計があって
ファインダー側のダイヤルスイッチでシャッター速度を変えると
赤のランプが上下して真ん中の緑になると
適正露出になるって機能が内蔵している


古いカメラには露出計が内蔵してない機種が多くて
写真にあまり詳しくない方は
その点「露出」が写真の趣味のネックになりそうだから
この様に測光してくれるファインダーやカメラは便利だ


M645の場合は「露出計」を
「ファインダーの交換」で有り・無しにできる

プリズムファインダーで露出計無し
というファインダーもあるし
「AEファインダー」という名の製品もあり
種類は多いようだ


だが私は
正直露出計はいらないし(アイフォンのアプリで代用できる)
プリズムファインダーはデカいし
スゲぇ重い!!
総重量は400グラムくらいは変わりそうだ


つうか
俺様は上からウエストレベルでファインダー覗きたいんだぁ!


って理由で
M645を購入してからずっと
今の今までずっと
ファインダーの「単品」を探してたのだ


そんな事いうと
昔からのカメラヲタクに

イヤそんなモンいくらでも中古屋に売ってるだろwww
ジャンク屋でボディと一緒に安く売ってるってww

と言われそうだが
現在東京の中古カメラ屋に
M645用のウエストレベルファインダー単品はモチロン
ジャンクボディとのセットでも全然売ってない

モチロン全部の店を探したワケじゃないけど
マジで売ってない


唯一
ホームページで単品で8千円で売ってる店があったが
その店はネット用の商品と店頭用で在庫が違う様だし
何より高いと思うので諦めた





でも欲しい~~~~!!


だけど売ってねぇ~~~・・・・


・・・どうする俺




という事であきらめる事にした


購入を?


うんにゃ!ガマンするのを!!www




そして昨日
新宿の「新宿中古カメラ市場」さまで買ってきた

住所は:東京都新宿区西新宿1-13-2松原ビル2階

ホームページは:→コチラ

先程の↑の写真の通り
実用品の中古のM645ボディと
ウエストレベルファインダーのセットである


ボディは1000Sではなく初代の型で
前の持ち主がカナリ酷使した形跡なのか
塗装は相当ハゲてて
傷などは数え切れないほどだった
巻き上げレバーはおそらく1000s用のに変えたあった

画像

ボディの見た目はカナリ良くないモノだったが
動作はカナリ良くて
シャッターやミラーはキビキビ動いて

写真を撮る道具としては何も問題無さそうなのが
店頭で動作テストしてもすぐわかるくらい
おそらく前の持ち主が「道具」として大事に使っていたのだろう


肝心のウエストレベルファインダーは

画像

パコンと引き出せるレンズもキレイだし

スポーツファインダー(?)も

画像

ちゃんと付いていた
この機能はたぶん使わないけどw




そんなワケで
結果的にM645の「予備ボディ」と
「ウエストレベルファインダー」が新しく私のカメラ機材に加わった


そうそう大事な「値段」の件だが

ボディとファインダー
この2つセットで・・・・


9450円!!


ファインダーだけ欲しい私にはキビシイー!wwww



いやコレは安いんだよホントはw

中判カメラがこんなに安く売っていれば
今から買う方は他に標準レンズの
「セコールC80mmF2.8N」を8千円くらいで買えば
それでもう中判デビューできるぜ!

「ハッセルブラッド」みたいな
ウエストレベルファインダーで撮影できる中判一眼レフカメラが
2万円くらいで購入できる


あまり意味が無い比較かもしれないけど

「ハッセルブラット」の一式
ボディとマガジンと標準レンズを買うと
モノによるだろうけど12~15万くらいはかかる

マミヤM645なら
その金額で

ボディと殆ど全部の交換レンズが買える!w



それより
ウエストレベルファインダー+レフトグリップ
を付けて持った時のM645の

画像

軽さと納まりの良さは異常wwww

想像してたよりというよりそれ以上に
構えた時の撮影のし易さ
重量の気にならなさ
いわゆるフィーリングの良さがスゲェ変わった!


マミヤM645で遊びたい方は
ウエストレベルファインダー付きがオススメだ


ただし中古カメラ屋では
現在「プリズムファインダー付きの方が安い」
という現状になってると思われる

実際
今回のセットは9450円だったが
ボディが1000Sでプリズムファインダー付というセットが
8450円だった

しかもボディは今回の方がボロボロなのにである


一応店員さんに
「ウエストレベルファインダーだけ欲しいんですけどね~」
と何気に聞いたら

それはできません!!(キリッ!

とハッキリ言われたw






関連日記:

この日記の続きがあります
交換の仕方などの動画もありますのでよろしければ→コチラ

他のマミヤM645関連の日記→コチラ






---------------------------------------------------


・・・・でもハッセルブラッドもまだ欲しいなぁ~w

カメラ・ライフ Vol.12 (玄光社MOOK)

カメラ・ライフ Vol.12 (玄光社MOOK)
玄光社
2012-03-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カメラ・ライフ Vol.12 (玄光社MOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル