マミヤM645で使える「セコールシフトC50mmF4 」を買った件

コンニチワたま男です
今日もカメラと写真で遊んでみましょう
今回はマミヤM645で使える
「セコールシフトC50mmF4 」という
「シフトレンズ」を買った件




先に前置きをしておこう

グーグルなどの検索で
「セコールシフトC50mmF4 」の「詳細」や「使い方」
などを調べたくてこのブログに来た方もいらっしゃるだろうが

今回の日記は
ただ「買ってきた」ってだけなのでご理解を・・・

でも
「他をあたってください」とは言えないくらい
ネット上で情報があまり無いレンズの件ですw



どうせ後で
試写や使い方などの詳しい日記をやる予定なので

今回は
私の「雑談」程度の内容ってカンジでヨロ~




以前
購入したマミヤの中判一眼レフカメラである
「M645」

このカメラは簡単に扱えしかも壊れなさそうで
はじめて中判フィルムカメラにチャレンジしてみたい方には
とってもオススメできるカメラだ!

と実際私が使ってみて言える

しかも「値段」がとても安くて
交換レンズも品質が決して「安物」ってモノではないのに
とても安く売っている


前回の日記では
「ウエストレベルファインダー」を購入した件だったが

その納まり具合があまりにいいので
それで私は殆ど決心というか決定した


「ハッセルブラッド」を買う予定は破棄して

これからは「M645」で行くぜ!!

って件




・・・「で?」と言われたらそれまでだけど

ビンボーな私はカメラ一台買うのもキュウキュウ

なので
使うカメラやその「システム」を決めたら
それ以外で遊ぶ余裕なんて無い

「おでかけカメラ」としてのベストは
二眼レフカメラの「ローライコードVb」があるので
それで十分なんだけど

典型的な「写真を撮る道具」としてのシステムを
ハッセルブラッドで揃えるかどうかを悩んでた


だが
自慢だが俺様には金が無い!

ハッセルブラッド買っても
交換レンズ一つ買えやしない・・・

その点「マミヤ」なら
レンズは安い
申し訳ないくらい安い

だが
ハッセルでシュボシュボ鳴らしたい!




・・・あれ?「悩んでる時が一番楽しい」なんてウソじゃね?


写真やカメラで遊ぶなら
イロイロ試せてイロイロ撮れた方がゼッタイ楽しいって!



という事で自己解決

マミヤ「M645]で遊ぶ方が
私は楽しい


つうワケで
「今年の年末にハッセルを購入するかもしれない貯金」
として貯めていたなけなしのタンス預金を
ムンズと掴んで

新宿へGO!!




コレ買ってきた

画像

「マップカメラ」さまの紙袋

昔ながらの中古カメラ屋さんは
なにか購入しても
殆どの場合はビニール袋に入れられる

その分値段は安いし
包装によって中の価値が変わるワケじゃないけど

「マップカメラ」さまは紙袋で少しだけ豪華

なので
私が本気(?)出す時は「マップカメラ」で買う事にしてるw



中を取り出すと・・・

画像

プチプチにくるまれた巨大なブツ

待ちきれんので剥がすと
中から出てきたのは・・・


画像

「Mamiya C 50mm F4 SHIFT」


もしかしたら
このレンズがマップカメラにあるのを知って
検索をして私のブログに来た方もいるかもしれない

スマン!俺様が買った!!w

ゴールデンウィークで地方から東京に来る
カメラヲタクも多いだろうから
売れる前に先手を打って
今日の午前中に即効買いに行ったw


この
「セコールシフトC50mmF4 」は
名の通り

いわゆる「シフトレンズ」だ


プロの職業カメラマンが
「建築」などで使用されるレンズで

「歪み」(パース)を抑えるというか矯正した写真を撮るのに使う

「特殊レンズ」と分類されるが
近年では
いわゆる「ミニチュア写真」で
意図的にピントが合う範囲を狭くする表現に使われているので
それなりに認知されてきてる
(その場合はティルトの機能があるシフトレンズを使う)

細かい用語が微妙なので
正確にするのはメンドウだからしないけど
「アオリ」や「ティルト」などなど
レンズによってイロイロ機能があって

現在のラインナップだと

キヤノンなら「TS-E」
ニコンなら「PC-E」

というシリーズで

大体20~30万円出せば買えるレンズw




この
「セコールシフトC50mmF4 」の
最大の見た目上の特徴は


このダイヤル

画像

これを回すとどうなるのかしら?


気になる?


気になるかい?


気になる件!!


早速M645に装着して回してみよう!
ちなみに私のM645は1000Sではなく初代

装着は普通のレンズと同じ
赤ポッチで合わせて装着


画像

画像


マジ惚れ直したぜwwwwww

ヤベーwwカッコ良すぎる件w


シフトレンズとか全然知らない方には
なんだかイミフな形状になってるように見えるだろうけど
これがシフトレンズ

「光軸」をずらしちゃうって
なんてワガママなレンズなんでしょ!
ねぇ奥様?


モチロン
レンズ本体をグルリと回すとゴクリと回って
上下だけでなく

画像

画像


左右にも動かせる



最大まで動かすと

画像

ここまで動かせる


この機械的な動きには
ボクチンの敏感なとこが
半勃起するくらいハァハァしちゃうwww





さて
この「セコールシフトC50mmF4 」は

「マップカメラ」さまの「2号館2階」で買った

ここは「国産フィルムカメラ」の売り場なので

若者こそ「2号館の2階」を目指せ!!


ホームページは→コチラ



私が先程行った時

確認の為に店員さんを呼んだら
ちょうどレジに居たのがメガネの女性店員さんだった

多少マニアックな商品だけに
他の男性店員を呼んで交代するかと思ってら
最後までそのメガネちゃんが接客をしてくれた

頼んでもいないのに
レンズに合うように
裏から試し用のボディを出してくれたのだが

それが
M645+ウエストレベルファインダー
だった

私の環境と全く同じなので助かった


「このレンズに合うフードってあるのかしら」
という事を聞いてみたら
また裏から分厚いカタログのファイルを出してくれて
調べてくれた


どうやら
その性質上「セコールシフトC50mmF4 」には
純正のフードは用意されていない
という事がメガネちゃんのおかげで解った



私は
購入する商品が明確にある場合は
その商品をネットで徹底的に調べてから
中古カメラ屋に行くようにしてるんだが

この「セコールシフトC50mmF4 」は
実際に店頭で見るまで
気づかなかった点があった

それは
「絞り」の連動のレバーというかスイッチが
レンズ側に無い事だ

つまり
「セコールシフトC50mmF4 」は
絞りを「実絞り」で撮影するらしい

645のセコールCレンズにある
「A-M」という切り替えスイッチも無い




さて
このレンズの値段だ
購入した価格・・・

画像


28800円!!!

私には高い!w


私のブログでは
常に「中判フィルムカメラ」をオススメしてるが
その理由は

「コストは安上がりなのに楽しさは大きいから」

ってスタンスからなんだけど
1~2万前後で殆どの交換レンズが買える
M645のレンズにしてはちょっと高いw


つまり私はもう
ハッセルブラッドなどの高級品には浮気せず
この「セコールシフトC50mmF4 」が加わった
「M645のシステム」で遊ぶしかないってワケw






まとめ:


なにが驚いたって

ついさっき買ったのに
帰りの都電の中でアイフォンで
マップカメラさまのホームページからこのレンズの在庫を見たら

画像

既に「売り切れ」になってた件www

このキャプ画像は帰宅後のだけど
ホントにものの30分くらいで
情報が更新されてて「売り切れ」になってた

私のブログでは
中古カメラ屋さんのホームページの在庫情報に商品が在っても
更新してないだけで店頭では売り切れの場合もあるので
その点は理解して利用しましょう
と言っていたのだが

どうやらマップカメラさまは
その点でもぬかりは無いようだw



というワケで
詳細はそのうちにでもするので
今回はこのへんで




関連日記:

他のマミヤM645関連の日記→コチラ