マミヤプレスで尾久の原公園を撮ってきた件

コンバンワたま男です
今晩もカメラを持っておでかけしてみましょう
今回はマミヤプレスで
「尾久の原公園」を撮影してきた件



荒川区の「尾久の原公園」は
一応都内である荒川区という
23区内にある公園としては
規模も大きく自然も豊かな場所だ

なので季節の変化も感じられるから
植物に当る空気や光線の違いを
カメラで写真に撮るのにも向いている



先日購入した「マミヤプレス スーパー23」

画像

こいつはバカデカイけど
中判でしかも「6×9」という
大きなフォーマットで撮影できるカメラで
カメラボディに色んなパーツを付け変えできる
「システムカメラ」としては
これでもコンパクトなカメラ


「プレス」と名が与えられている通り
「報道」のカメラとして
カメラマンがこのデカいカメラを「手持ち」して
事件を追いかけ撮影してたらしい


今回は
手持ちする時用の「グリップ」を装着して
ストラップをつけて
普通の・・・でもないけど
手に持って「レンジファインダー機」として撮影してみた


尾久の原公園は「しだれ桜」が有名だ
園内に200本植えられているそうで
毎年「シダレザクラ祭り」が開催されている

↓以下の写真はクリックすると拡大します


画像

先日マミヤプレスを試写して
ヘンなボケが出るのが判ったが
どうやらそれは「絞り」などが原因ではなく
おそらくレンズに問題があるようで

中心部しかピンがこなくて
周辺が流れるというかボケている

だけど
なんとなくコレはコレで面白い写りになったw



コチラは尾久の原公園の北側にある

画像

「上尾久の馬捨場跡」の「馬頭観音」

この場合はキッチリ撮りたかったので
F16くらいに絞ったハズだが
周辺がボケちゃったのでちょっとガックリ

ちなみにマミヤプレスは
重量がクソ重いので
グリップを装着して構えると結構安定する


この「上尾久の馬捨場跡」には
近所から
行き場のない「お地蔵様」や「観音様」が集められたそうで
たくさん並んでいる

画像

このお地蔵様は
そんなに古くなく最近作られたモノっぽいのだが
小さくて可愛らしいので
おそらく近所の方に
レースでお洋服を作ってもらったらしい

6×9というデカいフォーマットで
小さい対象を小さく撮影するのは
結構おもしろい予感がする




「尾久の原公園」の住所やアクセス方法や詳細は
東京都のホームページでどうぞ

コチラ




撮影データ:

カメラ:Mamiya Press Super23
レンズ:Mamiya Sekor 100mm F3.5
フィルム:フジプロビア100F(RDPⅢ)
スキャン:キヤノン「CanoScan 9000F」






まとめ:

たぶんどうやら「レンズ」が問題のようで
マトモな撮影はできないようだ

なのでレンズが欲しいトコだが
レンズが原因じゃなかったら無駄になるので
ビンボーな私には
それが現在の悩みドコw

結局しばらく放置して
そのうちまた遊ぶ時にレンズ買えばいいかなぁ~
ってカンジになりそうだ


他の「マミヤプレス」の日記は→コチラ






-------------------------------------------------

CLが「ハッセルブラット特集」なので
浮気心が出て欲しくなってきた件w
Vシステムや年代別の機種が載っている

カメラ・ライフ Vol.12 (玄光社MOOK)

カメラ・ライフ Vol.12 (玄光社MOOK)
玄光社
2012-03-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カメラ・ライフ Vol.12 (玄光社MOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル