一眼レフに合うカメラバック「クランプラー 7ミリオンダラーホーム」の件

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝もカメラや写真で遊んでみましょう
今回は一眼レフカメラと交換レンズ数本を
収納するのに合うカメラバック
「クランプラー 7ミリオンダラーホーム」の件



カメラや写真と趣味にし始めてから
しばらくすると気づく問題と言えば・・・


「カメラバック」だ!


初心者の方だと

「どれを買ったらいいか判らない!?」
「どんくらいの予算を考えればいいのか?」

なんて悩みがよく出てくるトコだが
それは実は大した問題じゃない

絶望的に問題なのは

カッコイイカメラバックが無い!!」

という点

カメラバックは
遙か昔から現在に至るまで
まるで改善されぬまま
破滅的にダサいデザインのまま生産されている

まるで昔の修学旅行のリュックの様な
見た目と素材で

一般人が見たら一目で

「カメラおたくキンモ~~~~~!www」

と嘲笑されること大本命だ


現在ではそれでも
「高い金だしてナンボ」で
外国製の高いバックなら
それなりにマシなのが出てるようになった

「ヨドバシカメラ」などでは
ショーケースに並んでるようなバックなら
まぁマシだろう

高いけどねっ!!



・・・という事で

最近写真の趣味をはじめて
交換レンズなどが増えてきて
カメラバックもそれなりの大きさのが欲しいなぁ~
なんて思案してる方もいると思うが


カッコイイカメラバックが欲しいなら金を出せ!


これが結論!



でもそれじゃあんまりだし
実際のユーザーは
ダサいデザインに多少不満でも
カメラ機材を持ち運ぶには必要なので

そこそこな値段のバックを使ってるのが現実


なのでそんな
「微妙だが必要十分なバック」
というテーマが今回の件


まずはじめに
「カメラバックは必要か?」という問い

ハッキリ言えば
そんなのは当人の勝手だから
好きにすればいい

どうしてもカメラバックのダサさに
1ミリも我慢できない場合は

ウレタンなどの「インナーケース」(クッションボックス)に
カメラ機材を入れて
それをオキニのバックに入れればいい

そこまでする気は無いなら
カメラバックは便利で扱い易いから
オススメだ

バックは当然だが
カメラ専用に作られているので
機材の耐衝撃や振動を抑えてくれ
傷や故障から守ってくれる

それに撮影時の機材の取り出し易さもある


なのである程度
レンズなど機材が増えてきたら
それに合うくらいのカメラバックを使用した方が
何かと便利だ



次に
「予算はどんくらいがいい?」という問い

完全に印象でしかないけど
2万以下1万円台なら
それなりなのが買える

12800円とか15800円とかそんなカンジ

その予算で

・デジタル一眼レフカメラボディ
・交換レンズ数本
・その他カメラ機材
・その他ガジェットなど

それくらいは余裕で入り
バックの作りもそれなりで
必要十分なのが購入できる

「ドンケ」でも「ナショナルジオグラフィック」でも
見た目はさておきカメラバックとして機能的なのが買える



だが
ヨドバシカメラなどの量販店では
もっと安いのが売っている

「そういう激安のはどうなの?」という問い

ハッキリ言えば
安いのは安いんだからそれ相応

・・・まぁ当然だねw


安いのは
素材がビニールみたいのだったり
裁縫がゆるくてほつれてたり
いかにも弱そうでしばらく使うと
肩紐と本体が分離しそうなモノばかりだ

それに
バックの中のレイアウトを決める「仕切り」
これが全然無いモノもある

後から仕切りだけを買うと
よけい高くつく予感がする


なので
1万以下のカメラバックはあまりオススメできない!


・・・と言いたいトコだが
先日新宿のマップカメラでこのバックを買った

画像


「クランプラー」の「 7ミリオンダラーホーム」


値段は・・・

5800円!!www


この値段
これは中古なのでこの値段だが
クランプラーの製品は
安いのから高いのまでラインナップされてる

この7ミリオンダラーは今は売ってない前の型だが
最終的には新品でも1万以下で売ってたと思う



見ての通りそんなにカッコ良くはない
色も中古なので選べなかったが
赤すぎて困るw

実は当初は
コレと同じく1万以下で買える
マンフロットの「ウニカ・メッセンジャーバッグ 7型/白」(MB SM390-7SW)
を買うつもりだった
色が「白」なのがイカスからだ


だが5800円ならまぁいいやって
買っちゃったのだw


この「7ミリオンダラーホーム」
安いけど結構ちゃんとしてる

一番感心したのは

画像


仕切りがたくさんある

もちろんマジックテープ(ベルクロ)で取り外しできるから
レイアウトも自分の機材に合わせられる
つうか確実にあまるくらい入ってるw

厚みも十分ありクッションが効きそう

カバー(フタ)のフラップ裏には
メッシュポケットもある


それと
個人的なバック選択要因で
「アイパッド」が入るか否かがあったので

画像


それもバッチリ!

イヤ入れられるトコが
本体の前面(体側じゃない)と微妙なので
実際に入れるかは参考程度にねw


それでは
カメラバックの大事な要素である

「収納力」について見てみよう!


クランプラーの「ミリオンダラー」のシリーズは

5・6・7と数字によって大小が決まる

この7ミリオンダラーは
ホビーで撮影するパパさんなどには
結構大きめな部類だ


カネゴン(ソフビ)を入れられるだけ入れてみた!

画像

14カネゴンも入った!!

これはなかなかの収納力だ

カネゴン(ソフビ)は意外と大きいので
この数は驚異的である


・・・って
参考にならないかかもしれないから
ちゃんとカメラを入れてみよう!

凶器にもなるデカブツカメラとして有名な

画像


「マミヤプレス」を入れてみよう!
ちなみにスーパー23だ!

画像


おおおお!余裕で入る!
しかもロールフィルムホルダを2個入れても余裕ww
交換レンズも3個くらいはいけそうだ



・・・と少しかましたトコで

次は
普通のデジタル一眼レフカメラ

イオスキッスFに
標準レンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」と
バッテリーグリップ「BG-E5」を装着した状態で

7ミリオンンダラーに収納してみよう!

画像


余裕すぎる!!w


右側に大き目の中判レンズを2本入れて
左側に二眼レフカメラの「ローライコードVb」を入れても
まだまだ余裕があります

高さにもだいぶ余裕があるので
キヤノン「EF70-200mm F4L IS USM」
くらいでもいけるでしょう(たぶんです)

レンズは望遠2本
単焦点3本くらいはいけそうです


私は現在
「中判フィルムカメラ」で遊んでいるので
マミヤM645などのサイズには
これくらいでピッタリですが

むしろ逆に
APS-Cのデジタル一眼で
そんなに交換レンズを持ち歩かない
なんて方には
この7ミリオンは少し大きいかもしれません
(同5ミリオンくらいがいいかも)



ちなみに
バックが大きくて収納しまくると
「重さ」はもちろんくなりますw

肩の位置に
ショルダーパッドが一応あるのですが

画像


これはあくまで「必要十分」というくらいで
重ければ痛いですw




まとめ:

というわけで
それなりに機材が増えて
カメラバックの購入を検討している場合は

1万~2万くらいの予算を考えるとよいでしょう
1万以下でも必要十分なのは買えますが
下調べをちゃんとした方が賢明です

安いモノにデザインとかは気にしちゃダメ!






---------------------------------------------------

現在のクランプラーのシリーズだとコレになります
まだ少し高めですが機能は今回のよりアップしてるようです
「5ミリオン」なら1万以下で買えるようです

クランプラー(CRUMPLER) 7ミリオンダラーホーム ブラック/ガンメタル MD-07-13A



1万以下ならこれもいいかも
色が白でかっこいい
Manfrotto ウニカ・メッセンジャーバッグ 7型/白MB SM390-7SW

Manfrotto ウニカ・メッセンジャーバッグ 7型/白MB SM390-7SW
manfrotto
2011-02-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Manfrotto ウニカ・メッセンジャーバッグ 7型/白MB SM390-7SW の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


オキニのカバンを使用する時は
このようなクッションを使うといいでしょう
エツミ インナーボックス モジュールクッションボックスD オレンジ E-6289