マミヤの中判一眼レフカメラ「M645」の使い方と動画の件

コンバンワたま男です
今晩もフィルムカメラや写真で遊んでみましょう
今回はマミヤの中判一眼レフカメラ「M645」の
各部詳細と使い方とその動画の件
モチロン「Mamiya M645 1000S」でもOK!




動画もあるでよ!!



今回の日記は殆ど「動画」がメインで
詳細は全部その動画にあるので
お急ぎの方は最後の↓下にあるユーチューブをどうぞ!




さて
そんなワケでセミ判(645)の
中判一眼レフカメラマミヤ「M645」の
各部の詳細や使い方などについてはその動画で済ませるとして


今回はもっと根本的なハナシを少し・・・


現在
写真・カメラの趣味の界隈で
「フィルムカメラ」(いわゆる銀塩)を購入しようと思案してる方は
意外と多い印象がある

それは「デジタルカメラ」というブームが一段落してる現在
大多数に属するのをイヤがる若者の心理もあるかもしれないが

電化製品としての「モノ」のカメラに
飽きてきたのか満足できないのか
「クラシックカメラ」などに興味が出てきたようで

二眼レフカメラの「ローライフレックス」や
「ハッセルブラッド」や「ライカ」などの
いわゆる「フィルムカメラ」を始めてみよう!
なんて若い方
とくに女性が増えてきている

元々
いわゆる「トイカメラ」などで
「フィルム」を扱ってた方などは
それほど気構えないで
積極的に楽しそうなカメラで遊ぼうとしてる印象がある



さて
その様な現在のプチ「フィルムカメラ」ブームだが

趣味は人それぞれでいろんな遊び方があって
一概には言えないけど
大きく分けると


ローライやハッセルやライカ
などの高級な高いカメラを使って
所有する喜びと豊富なレンズやアクセサリーで遊ぶ



珍しくて個性的で誰も使ってない
ソ連や東欧のカメラや
少し疲れたカメラだけどとても安いカメラ
などのメジャーじゃないけど魅力的なカメラで遊ぶ


という2通りの遊び方をする方が
特に若者には多い気がする


モチロン遊び方は個々で好きにすればいいし
値段や性能の違いなんて自分が気に入ればいいだけ
趣味なんだから楽しんだもの勝ち



私はそこに
3つ目の選択を提案したい

それは
マミヤやブロニカやペンタックスなどの
「日本製」の「中判フィルムカメラ」の存在だ

ハッキリ言えば

昔ながらの写真・カメラの
マニアやオタクが使っていたカメラ



オススメな理由は

これらの日本製中判フィルムカメラは
メジャー過ぎるのでおのずと数がたくさん在る

人とは違う個性的なカメラを探している若者には
そこが面白くないかもしれないが
それでも発売されてたのは30年くらい前のカメラが多いので
今なら既に「古くて珍しいモノ」になっているから

学校などに持って行けば女の子にモテモテだ!


・・・それは言い過ぎ!w



なによりオススメポイントは

昔の日本製の中判カメラは

・扱い易く
・操作が簡単で
・丈夫で壊れにくく
・キレイに撮れる!

というイイ事だらけな点だ
ん?褒め過ぎであやしい?と思われるかもしれないが

これ等中判一眼レフカメラが作られていたのは
戦後経済成長やバブルの頃だぜ!

日本の一番景気のいい時期に作られたカメラで
日本はもとより特に海外に人気が高いのが
日本製の中判カメラだ

なので
現在でも使ってみればその良さがすごくわかる



そして最大のオススメポイントは


値段が安い!!!


コレに尽きる!
中判のフィルムカメラは
120のいわゆる「ブローニーフィルム」を使うので
やってみたくても躊躇する方が多いのか
中古カメラ屋でのカメラボディの値段はすごく安い

それに
現在中判を始める方は
「ローライ」や「ハッセル」などの高級品に流れてしまい
ますます日本製の中判は安くなってきてる

ペンタックス645やブロニカやマミヤ
などなどの昔から「定番」のカメラは
もうしわけないくらい安い

私はそれこそ
現在中判にチャレンジしたい若者にオススメするポイント!

ぶっちゃけ
海外の珍しい安いカメラを買っても
すぐ壊れたり
情報が全然なかったり
よく解らないまま放置したり
なんて事がよくある

せっかくフィルムカメラを始めてみても
それでもうウンザリして飽きちゃうのはもったいない!


日本製の中判フィルムカメラは
昔からのマニアがたくさん居るので
情報は多いしアクセサリーもまだあるし

そして安い!!

これがオススメの最大の理由





・・・さてここまでが前置きだがw

「中判フィルムカメラ」に興味が出てきたら
何を買ったらいいだろうか?


テメェの好きなもの買え!!


というのがホントの答えだけど
それじゃあんまりなので
私がオススメするのは今回の本題の

画像


マミヤ「M645」だ!


マミヤM645は中判の一眼レフカメラ
いわゆる「セミ判」で
「4.5×6」の大きさで撮影できる

写真のこのカメラは初代の「M645」で
この後シャッター速度が1000分の1になった
「Mamiya M645 1000S」が発売され

現在中古カメラ屋にはその1000Sがよく売ってる

ごらんの様に
「ハッセルブラッド」と似たような外見だ

向かって右は「ウエストレベルファインダー」を装着してるので
すごくカッコイイ!

ぶっちゃけ日本製のカメラは
ドイツ製の様なシンプルなカッコ良さが全然無く

カメラマニアや団塊世代が喜ぶような
キモダサイのが多いが

M645+ウエストレベルは
結構イカス見た目になる組み合わせ

メッキがちょっと品が無いのはご愛嬌w


「M645」はすごく簡単に扱える
使い方なんて10分もあれば余裕で憶えられる
しかも変な「作法」なんてなくて

「触っているうちに壊れる」
なんて事は絶対無いくらいの扱い易さ

初心者の方には
マミヤの他の中判カメラより激推しできるカメラだ




さて大事なハナシだ

このM645とファインダーと標準レンズ

この組み合わせで幾らだと思う?

実は


2万以下!!


どんな中古カメラ屋さんでも
よっぽど新品同様でない限り
2万以下で買える

ボディとファインダーなら1万以下で買える

しかも交換レンズも
殆ど1万以下で買える

しかも殆どのレンズが明るくて写りがイイ!ときてるw




というわけで
私は「M645」をオススメするのだが

買いたい人・使ってみたい人は
「使い方」がわからないと困る

中古カメラ屋さんで教えてもらってもいいけど
あまりに知らないと店員に印象がよくないし(←コレ大事)
カモられそうで不安なトコ

なので
動画を作ってユーチューブにアップしたので
よろしければどうぞ
お店でのチェックの時の参考にでもなれば幸いです

便利な「ミラーアップ」の様子や
「PDプリズムファインダー」による
露出計のLEDの動きと使い方もあります





↑上に動画が再生できない表示されない場合は→コチラ







まとめ:

ヤフオクなどオークションで
カメラを買えば安く済むかもしれませんが
私はオススメしません!

特にジャンクとかが好きな方ではなく
はじめてのフィルムカメラ購入とか初心者の方は
オクは避けるのが賢明です


それにしても
「フィルムカメラの文化を守れ!」とか
フィルムの衰退を嘆くだけの奴等って
どうにかならんのかねw

そんなにご大層な文化を守りたいなら行動で示せよとw

まぁ私にはそんなヒマは無いし
そういう大志はさらさら無いので
写真と撮って遊ぶだけだけどねw




------------------------------------------------

有名なカメラのフィルム装填や使い方
撮影やショップの情報など盛りだくさんの本
フィルム写真の教科書 (玄光社MOOK カメラ・ライフ別冊)



まだまだフィルムは売ってますよ!
FUJIFILM リバーサルフィルム フジクローム PROVIA 100F ブローニー 12枚 5本 120 PROVIA100F EP 12EX 5