「iPad」はフィルムの「ライトボックス」(ビュアー)として使えるか?の件

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝もiPadやカメラ・写真で遊んでみましょう
今回は「iPad」は写真フィルムの
「ライトボックス」(ビュアー)として使えるか?の件



人気がある事になってるアイドルがTVに出まくっていると
その反対に
人気が無かったり
すでに忘れられていたアイドルが好きになる方が出てくる

それは
判官贔屓なのか天邪鬼なのかは微妙なとこだが


世間が「デジタルカメラ」ばかりになると
「フィルムカメラ」で遊ぶ方や
フィルムに興味が出てきて
チャレンジしてみようと思う方が増えてくる

フィルムカメラはとっても楽しいので
やってみたいな~なんて思案している方は
悩む前にとっととはじめればいいのだが

いかんせん
わからない事が多いと手が出しにくいトコ

だが
色んな事を調べて「知る」事も楽しめれば
きっとOKだ



さて
フィルムには大雑把に

・ネガフィルム
・ポジフィルム(リバーサル)

の2種類がある

「ネガ」は普通の方が使ってたフィルム
色が反転してて
現像しただけでは何が写っているかよくわからないモノだ

「ポジ」はプロやマニアが使ってたフィルム
モチロン普通の方でも使ってたけど
少しだけマニアックなモノ

ポジはネガのように色が反転してなく
撮った風景そのものが現れるフィルム
「スライド」にしてスクリーンに投影したりできる


「写真は「プリント」して紙媒体にしてこそ写真だ!」(キリッ


という言葉はよく聞くけど

ポジの場合は
現像すると既にそこで一度完結してるので
プリントしないでそのまま鑑賞できたりする

昔ながらのカメラ・写真マニアは
現像したポジを
自宅で「ライトボックス」の上で「ルーペ」を使って拡大して

ニヤニヤして鑑賞するのだ


という事で
フィルムカメラをはじめてポジにチャレンジする方もいるだろうから
「ライトボックス」についてお話しよう!

と思って少し知らべたら

なんとライトボックスは既にオワコンになりかけてた!!!


庶民の味方「ハクバ」のホームページで
「ライトビュアー」を探したらなんともう既に無かった!!


「富士フイルム」にはまだあったが
「LED」の製品で値段がすごく高いのばっかりで
蛍光ランプのはかろうじてあった


製品紹介は→コチラ




さてこれは
いわゆる「ブローニーフィルム」(120)の
「ポジ」で撮ったスリーブだ

画像


二眼レフカメラの「ローライコードVb」で撮影したから
「6×6」の「ましかく写真」って大きさ

だけどこのままじゃ
ちゃんと鑑賞できない

ライトボックスは文字通り
下からライトで照らして
フィルムの像を鑑賞できるようにするモノだ

個人の趣味で使うなら
↑上のようなボックスを使うワケだけど

ヨドバシカメラなどのカメラ系量販店や
いわゆるDPE店では
店頭のカウンターにライトボックスが付いてる場合がある

プリントを注文する時になどに
コマを選んだり店員さんと相談する為だね

そういうお店に行ったら
ちょっと偵察してみるといいカモ



ところで
私は現在ライトボックスを持ってない

ブローニーがスキャンできる
キヤノン「CanoScan 9000F」があるので
それでスキャンしてる

なのだが
最近「ライトボックスで鑑賞」がしてみたくなってきた

だが俺様には金が無い!




・・・という事でやっと本編だが


「iPad」はライトボックスがわりに使えるか?
という遊びをやってみようと思いついた件!



デジタル写真の界隈ではよく話題になるキーワードに

「色温度」というのがある

「プロファイル」というのもある

なんだかよくわかんねぇと思われるかもしれないが
「ホワイトバランス」みたいなモンと思えばOK

先に言っておくと
「iPad」は現在の「新しいiPad」(3代目)はそうでもないが
今回使用する「初代」の頃は
色温度が高くて「7000K」くらいあるらしい

実際
「新しいiPad」の画面が「赤っぽい」という不満を持つ方は多いらしく
せっかく色の再現性を向上させても
ウケ易い青っぽい色の方が好まれるという
なんともな状況らしいw


フィルムの鑑賞をする時は
モチロン色温度を気にした方がそりゃあいいので
富士フイルムのライトボックスは「5000K」くらいになってるようだ
(製品によって違う)



では早速「iPad」で試してみよう!!

その前に
画面に「白い画面」を出せるようにしなきゃならない

なので「ホワイトボード」というアプリを使ってみる

画像


いや既にインストしてたけど
これは文字通りホワイトボードのアプリで
画面いっぱいが真っ白になる

アプストアで「ホワイトボード」で検索でOK!



白い画面を表示したら
そこにスリーブのままのポジフィルムを置いてみる

・・・

画像


おおおおお!これはイケルかも!!w


何気にキレイに表示する件!!www

少しバックライトがチラつくような気もするが
意外とイイカンジ

ルーペとかあればもっといいけど

画像


これでも結構満足じゃね?w

ただしあまり近くでみると
液晶そのものの素子というか格子が見えるので
それは目にクル



なんにしても
意外とiPadをライトボックス代わりにするのはアリかも
という結論ですw

ただし
タッチに反応しちゃうので

画像


ホワイトボードなので下に文字を書いちゃうけどw









まとめ:

あくまでホンモノのライトボックスを買うまでの
「つなぎ」や「代替」としての遊びですw

それにしてもライトボックスがもう生産終了や在庫限り
なんて状態なのがビビッタ!

なので・・・

画像


フィルムカメラでみんなも遊ぼうよ~!





関連日記:

二眼レフカメラのフィルム装填の仕方の件→コチラ

「CanoScan 9000F」で「ブローニーフィルム」のスキャンの仕方の件→コチラ

他「二眼レフ」関連の日記は→コチラ





-----------------------------------------------------

アマゾンには高いのしかありませんね・・・
フジカラー ライトボックス LEDビュアープロ HR-2 56919

フジカラー ライトボックス LEDビュアープロ HR-2 56919
フジカラー
2011-03-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フジカラー ライトボックス LEDビュアープロ HR-2 56919 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


今回のフィルムはこれです
FUJIFILM リバーサルフィルム フジクローム PROVIA 100F ブローニー 12枚 5本 120 PROVIA100F EP 12EX 5




Canon フラッドベッドスキャナー CanoScan 9000F A4対応 高精細CCDセンサー 9600dpi(フィルム) 発色LED搭載 35mmフィルム12コマ連続スキャン 本体内蔵ACアダプタ