フィルムカメラ(銀塩)の存続や現像代等のコストなどの件

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝もカメラや写真で遊んでみましょう
今回はフィルムカメラ(銀塩)の存続や
現像代等のコストなどの件



メンドウなので先に結論をズバリと言っちゃいますと


・継続的な写真用フィルムの供給
・フィルムカメラの文化的な存続


などなどを
貴方が気にする必要はありません

ぶっちゃけ庶民が気にしたところで
景気や文化などの大きな変革が起きるワケはなく
個人がどうにかしようとしても無駄です

声をあげればどうにかなると思ってたら
それは身の程しらずの勘違いでしかありません

まるで首相官邸を取り囲み
「脱原発」を叫ぶ
要求だけをする市民団体みたいなモンです


どんなに写真をたくさん撮り
思い入れがあるカメラを収集しても
貴方が逝っちゃえば
ただの「ゴミ」として家族に捨てられる
ネガやカメラと同じく
色即是空

これはどうしようもない事です




さて
そんなメンドクサイ話は置いといて

現在新しく「フィルムカメラ」で遊ぶ方は
少しだけ増えてきてる印象がある

実際増えてるかは勘違いかもしれないが
若い方や特に女性に
フィルムカメラの「人気」が出てるのは確かなようだ

「写ガール」や「女子カメラ」などの
フィルムカメラの魅力を紹介している
女性向けカメラ雑誌も出版されており

昔ながらの固定観念に生きるキモカメラオタクが
目をつり上げて反感するくらいには
女性を中心にブームになっている


「トイカメラ」や「二眼レフカメラ」などは
そのカメラ自体とそれで撮影された写真が
「カワイイ!」と評判で

現在デジタルカメラの
オリンパスPENなどの「ミラーレスカメラ」や
「トイデジ」などで遊んでる方々には

次のステップアップとして
フィルムカメラにチャレンジしてみるか
思案してる方も居るだろう


ぶっちゃけ
「フィルムカメラをやってみたいなぁ~」
なんて悩んでるくらいなら
さっさとはじめた方がいい!

ハッキリ言っちゃうと

フィルムの供給が何時まであるのかわからないのに
グズグズしてたら
いざやろうと思った時に

「フィルム売ってないからできない!」

なんて事になるぞ!www

今が最後のチャンス!
だからフィルムやりたいのなら
早くはじめるのがヨロシ!

画像


若人よ!フィルムカメラで遊ぼうよ~!



さて
マジメな話し

「フィルムが無くなる」というのはありえない話です

それはなにも「文化」とか感傷的な理由ではなく
「商売」(市場)として無くすハズがないからです

簡単に言っちゃえば
普通の35mm(135)の場合は
あまりに市場が大きいので完全に無くす事はできず
ブローニー(120)の場合は趣味的な意味で残ります

なのでそんな事で
フィルムカメラ購入に躊躇したり
思い悩んだりするのは時間の無駄です


しかし現在の様な

「どこにでも売ってるワケじゃないが普通に売っている」

という形態ではなく

・専門店しか置いてない
・ネットでしか買えない
・田舎じゃ買えないし現像も頼めない
・しかもフィルムも現像代もすごく高い!

などのカナリ限られた
特殊なカタチにはなるかもしれませんが
「フィルムが無くなる」というフレーズは正解ではなく

「今より気軽にはできないがフィルムは残る」

ってくらいが現実的な予想でしょう

ちょうど
「ポライロイド」や「110」のフィルムの
現状みたいなカンジです



なので
私の提案は

「今のうちに早いとこフィルムはじめようぜ!」

という件です


だけど

「え?今でも十分売ってないし高いじゃん!」

と思われる方も多いでしょうから
その点についても少し・・・


まずぶっちゃけ
私は田舎の事情は知りません

なので「東京」での事情ですが

35mm(135)のフィルムは
どこにでもとは言いませんが
それでもまだまだ売っています

ディスカントストアやドンキホーテや
街の写真屋さんやプリント屋(DPE店)などには
普通に売っています

それでも先日
「セブンイレブン」に行って見てみたら
売ってなかったのにはビックリしました
「写ルンです」すらも無かった

コンビニは店によって違うかもしれませんが
売ってないが現像は受け付けてる
なんて形態もあるようです


中判のいわゆる「ブローニーフィルム」の場合は

東京でも流石に少しキビシくて

街の写真屋さんでも
ある程度繁盛してたり
常連客に現役の中判ユーザーが居ないと
120は置いてなかったり

現像は頼めますが
1週間待ちなど時間がかかったり
などのようです


なのでブローニーの場合は

特定のカメラ店と懇意ではない方は
「カメラのキタムラ」などのショップや
「ヨドバシカメラ」などの大きな量販店で
フィルムの購入や現像を頼む事になります

それでも東京や大都市でなら
電車やバイクでひょいと行ける程度の距離に
フィルムを購入できるお店があるので
十分ブローニーで遊べると思います


ここは
新宿の「ヨドバシカメラ」のフィルム・書籍専門の店舗

画像


おそらく東京(全国?)で現在最大の大きさだと思われますが

大きくてもフィルムの種類が既にだいぶ少なくなったので
棚の在庫が多いというカンジで

ヨドバシ上野店でも・・

画像


売り場はこれだけですが
売っているフィルムは量が違うだけで大体同じです


ヨドバシカメラの場合は
ブローニーフィルムの現像にかかる日数は
だいたい中1~2日で仕上がります

意外と早いですが
土日は日数に含まれないようで
週末に預けた場合は少しかかります




次に
フィルムカメラの購入の件では
常に話題になる懸念である

「コスト」

について

正直コレは
私は一番くだらない懸念材料だと思ってる

もっと言えば
「気にするくらいならやんなきゃいいじゃん」
ってくらいに思ってる

趣味なんだからなんでも好きにやればいいし
楽しんだもの勝ち!

なのでコストなんて全部

「納得のレベル」

の問題でしかない


フィルムカメラは

・フィルム代がかかる
・現像代もかかる
・ネットで人に見せたい時はスキャン代もかかる

などなどのコスト

それが「楽しさ」に見合わないと思うのなら
やめとけばいい

あいにく私は
「フィルムカメラの普及」をしたいワケじゃないので
この点は本音な話


だけど
これからフィルムやってみたいけど
やってみないと「楽しい」かもよくわかんない
なんて方も多いと思う

私は「フィルムカメラが楽しい」のは普及したいので
ハッキリ言うと

「コスト?なにそれ?お金以上に楽しいよ!」

とは思う
だけどそれは私の感受だから
他人がどう思うかは知らない

なのでやってみなきゃ当人にはわからない
これは当然



フィルムカメラのコストを語る時

既に前提から間違いだよなぁ~と思うのは

デジタルカメラとの「比較論」で考えてる方が多い点だ

いわゆる一枚あたりの「ランニングコスト」を
デジカメのそれと比較して
どっちがイイとか安いとか高いとかなんとか・・・


すげぇ貧乏くせぇ!www


貧乏のプロの私でも
そんな貧乏くさい事を気にして趣味を遊びたくはない

だけどこの様な比較論をして語る方はカナリ多い


デジタルカメラでもフィルムカメラでも
高いのでも安いのでも
同じ「カメラ」なので比較する点はあるだろうし

どちらでも色んな楽しみ方あるだろうが

「別なモノ」(ジャンル)としての面も意識すべきだ


あくまで
「フィルムカメラ」というジャンルで遊んでる
自分の納得のレベル(楽しさ)が
使っているお金に見合ってるか?
で遊ぶのならまだいいが

デジカメとフィルムを比較して
どちらがコストがかからないかの優劣で
使うカメラを決める

なんて気にしてたらツマラン



フィルムカメラの現像にかかるお金は
具体的には

ヨドバシカメラでブローニーフィルムの場合

フィルム1本・・500~600円くらい
現像1本あたり・・・600円くらい
プリント・・1枚毎にかかる

というカンジです
つまり1本あたり1100円強かかり
プリントするとさらにかかる

「ネガ」を同時プリント(デジタル)するとなると
1枚あたり数十円かかる

「ポジ」なら気に入ったのだけ後でプリントを頼めばいい

というカンジです


二眼レフやハッセルブラッドなどの
6×6の「ましかく写真」の場合は1本で12枚撮れますので

1枚あたり約100円!!ww

画像


これが「高い!」と思うのならやめとけばいい




というワケで
楽しいのでフィルムカメラで遊んでみようよ!
とは思いますが
なんにしても趣味の遊びなので
自分で好きにしたらいいと思います

ただし後からやりたくなっても
お金やフィルム供給の点で
今より難しくなってるかもしれないから

今のうちに早く始めたほうがいいぜ~!

ってなカンジですw



フィルムカメラ購入にあたっての大事なポイントは

「気に入ったカメラを買う!」

につきると思います
「見た目」ででも「カワイイ」からでもOK!

そしてそのカメラの事を
ネットでよ~~~く調べておきましょう

気に入ったカメラの機種名を検索すれば
個人のブログやファンサイトなどが
殆ど確実にあるでしょうから

そこで「使い方」などを確認しておきます


カメラの情報をネットで調べるのには
「ユーチューブ」も使えます

これも機種名を検索すれば
だいたいそのカメラの動画があるものです

無い場合は日本語でなく英語で検索すれば
ヒットし易いでしょう

ユーチューブ動画が便利なのは
どうやってそのカメラを扱えばいいのか
視覚的に解りやすいのがいいですね

それから
中古カメラ屋さんの店頭に行って
実際実物を見てから購入するか決めましょう

ある程度勉強しておけば
カメラ屋さんの店員さんへの印象も良いでしょう(←コレ大事!


ジャンクカメラになれたマニアでない限り
ヤフオクなどのネットオークションで買うのは賢明ではありません


東京の場合は
新宿や上野などに中古屋さんが多く
他にも
カメラ女子に人気のオシャレな店が
自由が丘などにもあるので調べてみるといいでしょう




関連日記:

新宿周辺の中古カメラ屋さんの件→コチラ

二眼レフカメラのフィルム装填の仕方の件→コチラ

「CanoScan 9000F」で「ブローニーフィルム」のスキャンの仕方の件→コチラ

他「二眼レフ」関連の日記は→コチラ



-----------------------------------------------------

フィルム初心者の方に幅広く対応できる本
フィルム写真の教科書 (玄光社MOOK カメラ・ライフ別冊)



中判カメラの教科書

中判カメラの教科書
玄光社
2013-02-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中判カメラの教科書 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル