生活協同組合の「生活クラブ」の「放射能リスク」の件

コンバンワたま男です
今回は生活協同組合の「生協」の
「生活クラブ」の「放射能リスク」の件


新聞の折込チラシにこんなのが入ってた

画像


ようするに
生協がやってる食材のデリバリーの商売なのだが
この「生活クラブ」は
いわゆる「食の安全性」をメインに謳って商いをしているようだ


ご存知のように「生協」とは
「組合」つまり「ユニオン」として構成された集団で
そこに属せば「構成員」になり

群れた集団の利という「恩恵」をうけられる
というシステムだ



現在は「放射能リスク」を少なくする
というのが最大の宣伝文句らしく
このチラシにも表一面でそれをアピールしている

画像


そう「放射リスク」である



ここで私がワザワザ

放射能ではなく放射線だろ・・・

と指摘してもいいだろうか?


広告とは無知な大衆を想定して
それをうまくとりこみ消費させる為にあるもので
言論で闘争してきた「大学紛争」世代ならその点は判ってるだろうから

ワザワザ「放射能」と「放射線」を使い分ける必要はなく
誤用であっても大衆の判り易いフレーズの方がいいのだろう



さて
生協やこの生活クラブの広告が想定してる
小さな子供をお育ての奥様たちは
この「放射能リスク」なるものが心配なのは十分わかる

生活クラブでは放射能の検査を
国の基準より厳しく行っていると
自分達では謳っている

なのでこの「生活クラブ」をご利用するのも結構だ

それは私がどうのこうの言う事では無い


ただ一つだけ指摘しておきたいのは
このチラシのこのフレーズだ

画像


「震災復興と原発のない社会を食べる力で創ります」

これはこの宅配ビジネスとは何も関係ない

これは「思想」や「主張」の類だ

原発ゼロやオスプレイ反対や人権運動や
天皇制反対や外国人参政権
などなどのバックに必ず居る

○○ユニオンなどの名が入った「のぼり」を掲げた
左翼や労働組合の活動家が
狂信的に目を釣り上げて叫んでる方々と
偶然なのか必然か
同じ様なフレーズが
チラシでさりげなく掲げてある