荒川区長選挙に「原発ゼロ」を問う「明るい革新区政をつくる会」の件

コンバンワたま男です
今晩は荒川区長選挙に
「原発ゼロ」を問う
「明るい革新区政をつくる会」なる団体の件



明日11日は荒川区の区長選挙だ
立候補してるのは
現職の区長と新人の2人だけで

両者無所属なのだが
構図としては

現職・・・民主・自民・生活・公明党の推薦

新人・・・共産党の推薦

という実にわかりやすい状況だ


荒川区は足立区と同じ様に
「共産党」が強い区だ
その理由はワザワザ言わなくても
全国のみなさまが抱くイメージから想像できるだろう

なので「荒川区議」のような
ぶっちゃけ一般人には興味が無く
一風変わった方々には大事な選挙では

トップ当選が共産党の候補だったりする
(余談だがそれに次ぐのが公明w)



近年ネットでの選挙の扱い方で
いろいろと決まり事があるらしく
選挙期間中に
候補者の名前などを記してもいいものかよくわからないので
それはしないが

今回の日記では
立候補者は実はどうでもよくて
先日ポストに入ってた「ビラ」(チラシ・フライヤー)の件

先日
「明るい革新区政をつくる会」という
共産党推薦候補を支持する団体が作成した

このビラが入ってた・・・


画像



区長選挙では原発ゼロへの選択が
区民に大きく問われています





・・・えっ?





・・・えぇ??




賢明な荒川区民
いやそれに限らず全国の日本人に問いたいのだが

東京とはいえ
一つの区(市)の首長を決める選挙に

「原発ゼロ」(脱原発や反核)が一番に問われる争点か???


一応言っておくが
原発や核エネルギーなどの「是非」の点ではない

区長選挙という区政をあずかる者の選挙に
「原発ゼロ」を問うている点についてのハナシ


区民の「原発」への不安などを取り除くのが
区長やその職員のお仕事だと言われれば
それはその通りだろう

だが現実問題として
普通の荒川区民の関心は

・個人商店や小規模な工場などの景気
・外国人の増加による犯罪(治安)
・生活保護などの福祉の不公平感

などなどがリアルな荒川区民の関心だ


とくに
景気の悪化は著しく
個人商店が閉店する流れは止まらず
「商店街」とは言えないストリートが増えている

建築関係のお仕事はさらに厳しく
下請けの下請けの孫請けで
もうけも無く
かといって断りもできない依頼が多く
所謂「貧乏暇なし」の職人が増えている


だがこのビラでは
一面の一番のお題に

「原発ゼロ」!!

と問うているのだ


このなんとも言えない「違和感」

これはどこから来るのだろうか?


・・・まぁ実は簡単な理由で
彼等がいわゆる「共産主義者」だからだ

彼等は
特有の論法と表現をする方々で
しかもフォーマットが極めて似てて
「風呂敷を拡げたがる」ので
個性が無く実に解り易い

庶民を「弱者」に仕立てて
それを祭りあげる彼等は

無知を利用し大きなお題を自称弱者に背負わせる


・・・とか断言するとモチロン当人達は
「一くくりに決め付けるな!」と反論するだろうが


「アカ」のやり方には違和感が起きる




さて
これはハッキリと言っておきたいが
このビラはとてもよくできている

これを認めないとハナシが進まないので
正直に誉める


このチラシは
いわゆる「庶民」という方々のココロを捉える為に
実にたくみに作られている

まず先程の一面の一番のお題を見てみよう

手に持った方が始めに見る面だ


一番関心するのは
文字が大きくそして余白が大きく読みやすい点

これは老人や文章に慣れてない方への配慮だろう

ビラやチラシの類は「ネット」などを利用しない方々も想定しているもので
解り易さはとても大事だろう

そして何より
一般的に「低所得者層」とされる方向けだ

そこに見易い文字で
大きさや赤文字で強調されて

「原発ゼロ」とインパクトを与えてる


そして恐ろしく見事なのは

「視線誘導」

をちゃんと意識している

この図を見て欲しい


画像



お題は「横書き」だが
中央の文章は「縦書き」だ

それはなぜか?

理由は左右の「写真」にある

右側は子供と母親の幸せそうな写真
左は原発事故後の壊れた原発の写真


つまり
横書きの題名で左から右に視線を流すと
そこに親子の写真がある
次の文章は縦書きなのでおのずと右から左に行く

文章には「原発ゼロ」

左に行くと事故後の原発

この巧みな誘導によって何が行われているかというと

「シアワセは原発によって壊されますよ!」

というイメージを植えつけている
その為にこの様な構成になっているワケだ



本来
区長選挙に「原発」や「エネルギー問題」は
現実として争点にはならない筈なのに

「原発や放射能の恐怖」

を抱いてるこのチラシを持った庶民の方々のココロに
たくみに訴えているのだ

つまり「つかみはOK!」というワケw


これは
詐欺師やそれに近い現在のコンテンツ屋にはよくあるやり方で

はじめにインパクトのある言葉をドーン!と与える

それで拒否が起きる普通の方はいいのだが
扇動されやすい流され易い人は
その「力」だけでもう思考停止になる

次に
少し懐柔した言葉を与えると
あら不思議
従順な庶民のできあがり!である

「200万はする壷と言っておいてから100万で売る」
のと
「定価30万の壷と言っておいてから30万で売る」

どちらが簡単に売れるかというハナシ



このチラシの一面では
下にその「目的」がある

画像


現区長は「原発再稼動を認める」人
(原発推進派とは書いてない)

新区長候補は「原発ノーの先頭に立つ」人


そして

「原発ゼロ」を願う多くの区民のみなさん!
みんなで投票所にでかけましょう!

と呼びかけています


おどろく事に
このビラの一面はこれだけです

荒川区の諸問題

景気や中小企業や福祉や
外国人犯罪や在日朝鮮人の生活保護の不正受給

などなどは一切触れず

彼等の第一の主張は「原発ゼロ」であり

共産党推薦の候補者の為に
この様な構成のビラを作っているのです



ちなみにこの「明るい革新区政をつくる会」が
大きな間違いをしてるのは

東京などの大都市では
選挙に行かない層は「リベラル」なので

民主党などを勝たせたいマスコミは
「若者は選挙に行こう!」
とよく呼びかけるが

荒川区長選挙くらいのレベルだと
「選挙に行く人が少数派」なので
このビラが訴えてるようにホントにみんなが選挙に行ったら

共産党の候補には不利でしょう




この「明るい革新区政をつくる会」

実態がよくわかりません
住所や電話番号は載っていますが

発行者の代表の名前すら載っていません


住所は:荒川区荒川4-51-6

グーグルマップだと→コチラ


ビラ自体は
「法定1号ビラ」という正規のビラで
選挙運動中も配布できるモノらしいですが

あまりに情報が無く不気味です


名前が載せられない事情があるとしたら

1:外国人参政権はありませんが
献金をしないで応援をするだけなら可能ですから
一目で外国人だとわかる名が載せられないのか

2:区の職員や教師などの公務員
国家公務員は政治活動をするのは禁じられているが
かといって地方公務員でも一般的には認められないのを承知で
名から職業を特定されるのをおそれて載せられないのか

3:犯罪者なのか(反社会的勢力として名がある)

4:単純にチキンなのか


もしかしたら「法定ビラ」には
個人名が載せられないのかもしれませんが
ネットでもホームページ等が見つかりません

ビラに名前も載っていない以上
作成者やこの「明るい革新区政をつくる会」については
想像するしかありません

住所には歯科医院がありますが
実体はそのビルの内部なのか
その周りの建物なのかは判りません

すぐ近くに
共産党のポスターがたくさん貼っている建物がありますが
そこが関係してるかはわかりません


すくなくとも
このようなビラを作り配布する会が
そこの住所に存在してるのでしょう
(まぁ実体があるかは知らないが)



ところで
私の住んでいるマンションに

不法侵入」をして

ポストにチラシを入れるのは合法 or不法ですか?

ピザ屋の広告ならいいですけど
共産主義者が私が住んでいるマンションに
勝手に不法侵入するのはカンベンしてほしい

とか言うと

「立川反戦ビラ配布事件」→コチラ
「葛飾政党ビラ配布事件」→コチラ

みたいに騒ぐのが彼等w



裏面はこんなカンジ
なぜコチラが裏で
原発ゼロは表なんでしょうね?

画像

画像


内容に賛同はできませんが
表よりよっぽど荒川区の為の内容と主張です

彼らにとっては「原発ゼロ」の方が大事なのでしょう



まとめ:

この様な共産主義者
人権団体や労働組合などの「活動家」が
たくさんいるのが荒川区です

なので
本当の「サイレントマジョリティ」は選挙に行こう!





関連日記:

先日
荒川区議の「小坂英二」氏が関わってる
「頑張れ日本全国行動委員会・東京荒川支部」
のビラの件の日記をやった

正直に日記にしたら「辛辣」という評価をされたのは知ってるが

庶民相手の「情報戦」は
流石に共産党系は強いなぁ~怖いなぁ・・・
と日頃思っていますので
そのような日記にしました

その日記は→コチラ