写真~鎌倉の「六地蔵」の件~

コンバンワたま男です
今晩もカメラをもっておでかけしましょう
今回は鎌倉の「六地蔵」の件


鎌倉は現在・・・というか昔から
東京からすぐ行けるアクセスのいい場所で
近年はとくに女性の方に人気がある

北鎌倉などが
いわゆる「カメラ女子」には
おいしいお菓子や食事ができるし写真も撮れる!
なんて人気なようだ

なので昔ながらの「鎌倉」は
もうそれほど混んでないかと思ったら
んな事はなく「鎌倉の大仏」などの定番の観光地は
今でも修学旅行など団体客で賑わっている


今回の「六地蔵」

名前だけはよく聞くとだろうが
実際鎌倉に観光に行って
意識して見に行く方はどれくらい居るだろうか?

鎌倉の駅から
「大仏」へ行きたい場合

歩いても行ける距離だが
意外と遠いので「バス」を使うと便利だ

バスを使うには短い距離なのだが
大仏までの道は観光客の車で溢れており
時間が結構かかる


そのバスの停留所に「六地蔵前」があり

そのすぐ近くには「六地蔵」という交差点がある

住所は:神奈川県鎌倉市由比ガ浜1丁目3あたり


バスで大仏へ行く場合は通り過ぎるだけだが
歩いていけばすぐ着く


「六地蔵」はこの交差点の角にちょこんと在る

わざわざ「ある」ではなく「在る」と言いたくなるほど
なんでもない存在感がある場所だ


画像



クリーニング屋さんの隣りに
まるで「箱庭」のように残っており
「盆栽」のような密集感だ

とくに仰々しく飾り立てるワケでなく
解説のデカイ看板もなく

それこそ信号待ちをしてて気づくレベルだ

地蔵の裏側にも石碑などがある


ここの交差点は交通量が多くて

左に行けば大仏がある方面
右奥に行けば鎌倉駅方面だ



「六地蔵」は「六道」が関係してて
その一つ一つにあてて6体並んでるそうだ

一般的に「墓地」に祀られている(建てられる)らしく
死者を救う為や供養に為のお地蔵様らしい


ん?鎌倉のこの場所が
墓地とか関係あるの?

というハナシになるが

このあたりにはいわゆる「刑場」があって

「問注所」(評定所?)という今で言う裁判所で
有罪になった罪人などを処刑してた場所らしい

なので「六地蔵」を祀って罪人を慰めてるワケだね


オシャレ風なオープンカフェで
ランチを頬張る奥様達の鎌倉との対比が
少し面白かった午後w



撮影データ:

カメラ:Rolleicord Vb
レンズ:Xenar 75/3.5
フィルム:フジプロビア100F(RDPⅢ)
スキャナ:キヤノン「CanoScan 9000F」




るるぶ鎌倉’12~’13 (国内シリーズ)

るるぶ鎌倉’12~’13 (国内シリーズ)
ジェイティビィパブリッシング
2012-02-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by るるぶ鎌倉’12~’13 (国内シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


Canon フラッドベッドスキャナー CanoScan 9000F A4対応 高精細CCDセンサー 9600dpi(フィルム) 発色LED搭載 35mmフィルム12コマ連続スキャン 本体内蔵ACアダプタ