駒村商会のローライの代理店事業などがケンコーに譲渡された件

コンバンワたま男です
今晩もカメラや写真で遊んでみましょう
今回は駒村商会のローライなどのカメラの代理店事業が
庶民の味方「ケンコー」に譲渡された件


「ケンコー」と言えば

フィルターやレンズのクリーニング用品
などなどのアクセサリー・メンテナンス用品のメーカー
というイメージだ

はるか昔から
庶民の味方の価格で
特にカメラを趣味にし始めたばかりの頃には
お世話になった方も多いと思う


「駒村商会」と言えば
二眼レフ・・特に「ローライ」をお使いになってる
もしくはこれからはじめてみたい方は
なんとなく知ってるメーカーだ

カメラメーカーとしては「ホースマン」というカメラがあるが

なんとなく「代理店」というイメージが強い


カメラ雑誌などで
フィルムカメラ特集がある時
ローライフレックスは必ず紹介されるが
その時撮影協力や機材提供などで名が出るので
憶えてる方も多いだろう

他にも
露出計の「ゴッセン」も駒村商会が扱っている


そんな駒村商会の「写真機材」部門と他の事業が
ケンコーに譲渡される事になったそうだ

偉い人が直接会ってきめた事で
買収とか吸収とかそういう事では無い

その事業にたずさわる人もケンコーに入るみたい


その記事は→コチラ



なので今度からは

ローライの事はケンコーに聞け!

という事になるw



決まった事にどうのこうの言っても
キモヲタみたいで意味が無いので

この譲渡によるユーザーの恩恵を考えてみよう!


ケンコーが飼い殺しとかしなければ
おそらく
二眼レフのプロモーションはそれなりに強くなるだろう
雑誌などで紹介される機会が増えると思われる

そして
ケンコーの事だから
ローライのOEMで自社ブランドの二眼レフを出すかもしれない!

ローライフレックスFXやGXは高過ぎたが

ケンコーの事だから
フレックスではなく「ローライコード」を模した
庶民でも手が届く価格帯の二眼レフだ


これはそのケンコー製二眼レフの予想図である

画像


ケンコーコード!!

う~~~むイカス!www





まとめ:

最後のは冗談w

ケンコーはカメラ用品のメーカーのイメージですが
カメラ自体も出してます
135の一眼レフカメラ「KF-1N」などです

モチロンカメラは中国か何かのOEMみたいですが
「新品」のフィルムカメラが欲しい方なら
十分遊べると思います


Kenko フィルム一眼レフカメラ KF-1N ニコンFマウント Aiレンズ対応



まぁこっちの方がいいかな?w
Nikon 一眼レフカメラ FM10 標準セット(FM10ボディ・Aiズームニッコール35~70mmF3.5~4.8S・カメラケース・ストラップ付)