観光地などでの写真撮影のマナーの件

コンバンワたま男です
今晩もカメラをもっておでかけしましょう
今回は神社仏閣など観光地での写真撮影のマナーの件


結論から言っちゃうと

・空気を読めばOK!
・カメラマニアは自分の価値観を他人に押し付けるな!

それだけの事!!

ハイこれにて終了~



というワケで後はその詳細なお話


以前
朝早く有名な神社に写真を撮りに行った時
出勤前のOLらしき女性がいた

私は人間を入れない写真を撮りたかったので
その女性が参拝を済ますまでしばらく待つ事にした


その女性はまるで「儀式」のように参拝してた


鳥居をくぐる前には礼をして
拝殿の前に立つと背筋をピンとして
大きな音でパンパンと手を鳴らして
礼を何回・柏手は何回というような
一般的に「正しい」とされる作法だった

それは
テレビや雑誌の
「パワースポット」などの特集で
ハウ・ツーされるような作法で

それがホントに正しいかやり過ぎなのかはさておき

それで得た知識を実践してる感が
アリアリと見える雰囲気だった

そんな儀式的まま二礼したので
もう帰るのかな?と思ったら
その女性はハンドバックから「デジタルカメラ」を取り出した


おもむろに拝殿の中をパチリ!

つづけて何枚かパチリ!パチリ!


賽銭箱の前でズームをググッと伸ばして撮影をしてた


おそらく
ブログやツイッターで
「パワースポットに行ってきたよ!」
というのをやりたいが為の写真を撮ってるのだろう


参拝の仕方は
一般的に「マナー」とされる方法を守ってるが
それが済めば写真をパチパチ撮っているのである

そんな姿を見て少し苦笑した


だが私はその時
肩に中判フィルムカメラを装着したジッツオの三脚
を担いでいた

神社仏閣の仏像やシンボル
いわゆる「神体」などは
私は撮らないし撮らないモノ
もっと言えば

「撮ってはいけないモノ」

くらいには思ってるが
他人が見れば
私も神社でカメラを持ってる時点で
その女性とたいして変わらないだろう


この様な神社仏閣での撮影マナーは
近年問題になっている
・・・というより問題になったから

既に「撮影禁止」となってる場所が多いようだ

三脚やフラッシュはモチロン
撮影自体が禁止な場所が増えている


それについてはどうのこうの言うハナシはなくて
そういう「決まり」なんだから
それに従えばいいだけの事

そんなのは良い悪いのハナシじゃない

観光客などは撮影禁止の場所でも
それでもおかまないなしに撮影をするだろうけど
それも大衆のなせるわざで
「恥知らずの田舎モノ」を実演してるのだから

韓国人や中国人観光客みたいなレベルだと
軽蔑してあげればいい

日本人は「空気を読む民族」と
よく簡単にくくられるが
それができる人もできない人も当然いるわけで
その中で「恥」をかかないようにすればいいだけ



それより問題は
いわゆる「カメラマニア」や「カメラ爺」だ

観光地における彼等のマナーは
それはそれは評判が悪いのは
近年だけでなく昔から周知の事実なんだけど

特に問題なのは彼等が

「自分は正しい」と思ってる点だ

よくある

・林道など狭い場所で三脚をひろげる
・進入禁止を越えて植物などを踏み荒らす

などは誰が見ても問題だとすぐわかるが

そうじゃない
「カメラマニア的正義」を
一般大衆に求める方が多すぎる

よくあるのは「場所取り」だ

撮影する時のベストポジションを確保する方々の事


彼等の言い分で困りモノなのは

「人の構図に入ってきた!」

という理屈だ

ファインダーの中に入って来たと
発狂するカメラマニアはよくいる


モチロン
みんながみんなマニアで電車などを撮ってて
場所取りしてたのにその前に入られたら困るだろう
それはマニア同士のマナーのハナシなので
勝手にやってくれ

だが「観光地」でたくさんの人が居る中で
独りのカメラマニアの構図なんて
普通の人には解るはずもない

有名なしだれ桜や梅や神社仏閣などを
撮ろうとして構えたら

その前に素人カメラマン(マニアの言い方)が入ってきてデジカメで撮影をはじめた
人が撮ってるんだから前に入るなよ!

という怒りだ


実に利己的だ

ハッキリ言っちゃえば
そのようなカメラマニアは何を好き好んで
人が沢山居る観光地にワザワザ来るのだろう?

しかも多くの人が観光で楽しみに来てるのに
苦虫みたいな顔して写真を撮ろうとする

観光地は写真を撮る場所でもあるけど
多くの普通の方にとっては
写真は「とりあえず撮っておくか」ってレベルの副産物である

写真が主体ではない

観光地ではカメラマニアは
黙って我慢して
チャンスを待つべきであり
マニア的マナーを一般人にも求めるのは勘違いだ



さてそんなメンドクサイ話はこれくらいで

先日
鎌倉の「六地蔵」を撮りに行った時
ついでに「大仏」にも行ってみた

そこは完全で完璧と言っていいほどの

ディス・イズ・観光地!だったw

遠足の小学生やツアーバスの高齢者
外国人からカップルなどなど
多種多様な人達で溢れてて

北鎌倉などの流行とかは関係なく
「大仏ここにあり!」ってくらいの人気だったw

「大仏」はシンボルやランドマーク
という領域なので
特に「参拝」という意識をもって
お参りする方はそんなにいないだろう


たまには私もこういう
シンボリックな建造物を撮ろうかなぁ
と思って一枚パチリ


画像



鎌倉という「観光地らしい観光地」
記念写真を撮る「観光客らしい観光客」

う~む何もかも調和がとれてて
「正しい日本の観光地」の記念写真になりましたw


今日の日記の
「観光地や神社仏閣における写真撮影のマナー」
なんて大仏の前じゃ関係ねぇ~な!www

と思った件w




撮影データ:

カメラ:Rolleicord Vb
レンズ:Xenar 75/3.5
フィルム:フジプロビア100F(RDPⅢ)
スキャナ:キヤノン「CanoScan 9000F」





まとめ:

でもお前は
他人を写真に撮る「肖像権」のマナーがなってねぇな!
というツッコミがあるかなw

コチラは金持ちらしき中国人観光客のカップル

画像


女性が気が強そうで
男を下僕のように扱ってるのが面白かったw

注意!
トラブルが苦手な子はこういう撮り方をしちゃダメだよ!





スナップ写真のルールとマナー (朝日新書 063)

スナップ写真のルールとマナー (朝日新書 063)
朝日新聞社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スナップ写真のルールとマナー (朝日新書 063) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


Canon フラッドベッドスキャナー CanoScan 9000F A4対応 高精細CCDセンサー 9600dpi(フィルム) 発色LED搭載 35mmフィルム12コマ連続スキャン 本体内蔵ACアダプタ