「銚子電鉄」にカメラを持って遊びに行こう!の件

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝もカメラや写真で遊んでみましょう
今回は自主再建を断念した「銚子電鉄」に
カメラをもっておでかけしよう!の件


未明の「毎日jp」のニュースでこんな話が

銚子電鉄:自主再建を断念、市などに支援要請 震災打撃

記事は→コチラ



「銚子電鉄」とは
千葉県銚子市の「銚子駅」と「外川駅」の区間を結ぶ鉄道で

正式名は「銚子電気鉄道」

ホームページは→コチラ



元々経営がギリギリだった
この銚子電鉄がついに自主再建を断念した
理由はいろいろあるだろうが
答えは一つ!


お前らが「ぬれ煎餅」を買わないからだ!!!


・・・なんて冗談みたいに聞こえるがわりとマジ


なので
「お前らぬれ煎餅買えよ!」
というワケで


銚子電鉄に遊びに行こう!




銚子電鉄が
同じ千葉県の「小湊鉄道」みたいに
キモ鉄ヲタばかりでなく
女性の方にも人気なってるのと違い
いま一つブレイクしない理由は

なんと言っても「東京から遠い」点だ

実際の距離だけで言っても
千葉とはいえ意外とある

車やバイクなら東京からだと
それなりの旅行だ


電車で行くとなると
「料金」はそれほどかからず
「乗り換え」などはすごく簡単なのだが

いかんせん「時間」が掛かる
東京からだと片道2時間半~3時間はかかる



だがしかし!!

銚子電鉄はマジおもしろい!

特にカメラや写真を趣味にしてる人には
魅力的な被写体がたくさんあって
何度も行きたくなる場所だ

デジカメならまだしも
フィルムカメラ使いだと
フィルムが足りなくなることうけあい(経験談w)

なので
今時のカメラ女子も
みんなが「小湊鉄道」ばかりのとこを
コッソリと出し抜いて行ってみるというのもアリカモw



銚子電鉄への
「行き方」(アクセス)や「乗り方」はすごく簡単です

東京からなら
とにかく「千葉駅」を目指しましょう

そしたら「総武本線」に乗り換えて

「銚子駅」まで乗ればいいだけです


出発地点にもよりますが料金は
大体片道「2千円」前後で行けるでしょう


「銚子駅」に着いたら
そこから「銚子電鉄」にはどうやって乗るの?
と思われるかもしれませんが

ホームの端っこまで行きましょう
そうすると・・・

画像

画像


とってもイカス駅舎があります!

そう
ホームの端っこに銚子電鉄の始発駅があるのです

ここで既に写真パチパチ撮りたくなりますw



では次に

・それで「キップ」はどうするの?
・「一日乗車券はあるの?いくら?

という点

銚子電鉄に乗る時は
必ず「弧廻手形」という名の一日乗車券を買いましょう

画像

この乗車券は1枚「620円」です

もしかしたら今後の経営で値段が変わるかもしれませんが
今のところ620円と激安です

2回乗り降りすれば既に元は取れるので
買って損はありません

それに後でお話するオマケもありますw


キップはドコで買うのか?
銚子の駅は関係ないので
銚子電鉄の電車来るのを待ちましょう

千葉の穏やかな気候で電車を待つのも気分がいいものです

電車がキタ!!

画像


わっ!なんかカワイイ電車!


電車から車掌さんが降りてきて
その方がキップを売ってくれます
「一日乗車券ください」と言えばOK

その時銚子駅までのキップを
その車掌さんに渡します


後は出発まで待つだけ

出発すると

ユックリと・・・しかしバタバタとギシギシと
銚子の町並みを行きます

なのでのんびり乗っていたいのですが


ここでポイント!
銚子駅で乗ったら次の「仲ノ町駅」で直ぐ降りよう!!

あっという間に着いちゃうので忙しないですが
ここには面白いものがたくさん在るので
オススメの駅です


ホームに降りるとそこは・・・

画像


醤油工場だったw


この仲ノ町駅は
銚子電鉄の本社もあります
そして周りは「ヤマサ醤油」の工場です

というより工場の中に駅があるカンジw

「桃太郎電鉄」というゲームの像があったり
昔の丸の内線の車体カラーに塗られた車両など
休憩中の車両があります

そしてなにより「デキ3」という
たいへん可愛らしい車両もこの仲ノ町駅に居ます

この車両は女子にもオススメなので
実際に行って見てみてください


銚子電鉄は
このようなローカルな電車にしては意外と本数が多くて
時刻表を見ると1時間に2本というカンジです

画像


なので写真を撮ってる間に
ちょうどよく次の電車がきます
それに走行してる車両のバリエーションがあるので
乗り換えるたびいろんな車両に乗れます


他の駅で
観光的に有名なのは「犬吠駅」
ここで降りてみましょう

当然この駅は「犬吠崎灯台」に行ける最寄の駅で

歩いて行けばそんなに距離も無く
すぐに着きます

画像


灯台に登るにはお金かかるよ!w


それはいいとしてこの「犬吠駅」では

さきほどの「弧廻手形」という名の「一日乗車券」
これに付いてる引換券がつかえます!

駅構内の売店に行けば交換してもらえます


え?何と引き換えられるの?かって?



それは当然・・・

画像


ぬれ煎餅!!


銚子電鉄とはぬれ煎餅である
故に電車のキップでぬれ煎餅が貰えるのである
これは必然

620円の乗車券でぬれ煎餅が1枚付いてくるワケw



銚子電鉄のぬれ煎餅はマジおいしいので
モチロンお土産もお買い上げ~

画像


これは薄口バージョン

犬吠駅はお土産がたくさん売ってて
他に「佃煮」も人気らしい
私はモチロン

画像


ヤマサ醤油買った!ww

ついでにヒゲタ醤油も買った



というワケで
「銚子電鉄」とその界隈はとてもおもしろい場所です

自主再建がダメになったのはどうしようもない事なので
これからどうやって遊べるか?ってだけの事です

経営悪化の一つの原因として
「東日本大震災」があげられています
たしかにその影響はあるでしょう

私が遊びに行った時も
犬吠岬のあたりに観光客が全然居ませんでした

風評被害という
影響され易い庶民が居るのは当然です

ならば「魅力的で面白い」という影響を与えればいいのです



・・・とか言いながら
人が全然居ない観光地
それが良くて私は気に入ったんですけどねw


というワケで
この時は二眼レフカメラのローライコードVbで
写真を撮ってきました

画像


何時もは枚数をあまり撮らない私ですが
この時は面白い被写体が多くて
フィルムが無くなって焦りましたw




以下↓はクリックすると拡大します



画像

私のオキニの電車


画像

ここにもヤマサ醤油w


画像

意味ありげだが実は無いw


画像

お昼だけど黄昏の午後みたい


画像

イカス仲ノ町!


画像

犬吠崎灯台下の岩場




撮影データ:

カメラ:Rolleicord Vb
レンズ:Xenar 75/3.5
フィルム:フジプロビア100F(RDPⅢ)
スキャナ:キヤノン「CanoScan 9000F」

他:日帰りの「小旅行」がテーマの日記は→コチラ
他「二眼レフ」関連の日記は→コチラ





銚子電鉄 銚電のぬれ煎餅<ぬれせん> 5枚

銚子電鉄 銚電のぬれ煎餅<ぬれせん> 5枚
銚子電鉄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 銚子電鉄 銚電のぬれ煎餅<ぬれせん> 5枚 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


二眼レフの紹介も乗ってる中判の本
中判カメラの教科書

中判カメラの教科書
玄光社
2013-02-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中判カメラの教科書 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル