キングジムのポメラ「DM10」をしばらく使ってみた件

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝もパソコンやガジェットで遊んでみましょう
今回はキングジムのデジタルメモ
ポメラ「DM10」をしばらく使ってみた感想の件


レビューなどのごたいそうな内容ではありませんw


数ヶ月前にポメラを買ってみた
買ったのは「DM10」という型番で

画像


現在売っているポメラの中で
下から2番目に安い機種だ

今回は実際しばらく使ってみて
なかなか便利なのでその感想などの件


まず私がポメラを買う事になった最大の理由は

ネットブックの「キーボード」が壊れたからだ
直すには高いし
新しく買うのはもったいないので
これに換わる入力装置を考えてポメラを買った

画像


現在はあまり話題にならないネットブックだが
今でも私は一番便利な端末だと思ってる

・・ですが
どんなガジェットでもなんでもそうだが
「その人にとって必要なものかどうか?」
なんてのは当然人それぞれ

なのでネットブックが不便だと思う人もいれば
私のようにとても使える端末だと思う人もいる


「ポメラ」はその点
「自分に必要かどうか?」が
購入時にとても大事な選択要因になると思うので
まずこれを前提としてお話したい


ポメラは「デジタルメモ」と
メーカーがうたっているとおり
「メモ」を書く為の道具だ

文章(テキスト)を入力する事
それだけの機能があるのが基本で

ネットにはモチロンつながらないし
ましてや動画や写真を鑑賞したりはできない

あらゆる他の機能を省いて
文字入力だけしかない

なので小電力で
本体は軽く小さくでき
簡単に扱える道具になってるワケだ

そのうえお値段も安い!


・・・イヤ正確には全部は安く無い!w

昔ポメラが発売された当時は
定価が鬼のように高く
少し足せば安いネットブック買えるじゃん・・
という価格設定だった

なので私はネットブックを買ったわけだけど

今でも新製品は普通に高い
最新機種の「ポメラDM100」の現在の最安値だと

20500円だ!

これはいくらなんでも高い
なので私がオススメする機種は
今回の「DM10」だ

これなら現在5千円台で買える


キングジムのホームページでの詳細は→コチラ


ポメラの購入を考える時
以前と違って明確に選択が別れるので
逆に買い易くなってると思うのは

・「ウルトラブック」などの薄型軽量のノートPC
・アイフォンなど「スマホ」やアイパッドなど「タブレット」

この2つの端末があるので
ポメラを選択する必要ない方が殆どだろう


ウルトラブックやマックブックエアーがあれば最強だし
全部まとまってるので荷物も少なくて済む

なのだが
モチロン大きさ重さは
ポメラよりでかいし重い

なので
カバンに「どちらかだけ」を入れておきたい場合は
気軽にポメラの方のがいいと思うか
ウルトラブックで万全!を取るか
みたいな選択になる

それにウルトラブックの類はお値段が高い!
それが1番の問題w


では次に
現在は当然考える方が多いであろう組み合わせ
タッチパッドのアイフォンなどの端末と
「ブルートゥースキーボード」(Bluetooth)を使うという選択

いやいや
スマホやアイパッドの画面でも文字入力はできるだろ!
と言う方もいるだろう

たしかにその通りで
ツイッターなどSNSで短い文章を入力するだけなら
タッチパッドなどでもいい

だがブログの記事作成や
学生が論文を作成する時や
趣味の小説などの文章を書く場合
なんにしても物理的な「キーボード」が欲しいトコ

なのでブルートゥース(ワイヤレス)のキーボードが必要になる

画像


これはアイフォンと安いキーボードの組み合わせ
(アイパッドなどタブレットでもOK)

これはこれで便利そうだが
使ってみるとそれほど快適でもない
端末はネットにつながるので
調べ物をしながら書く場合は
当然画面を一度切り替えなければならない

ネットを外部記憶装置にしないで
脳内だけで文章が書ける人にはいいが

それならそれこそポメラの方がベストだ


私の場合は
ネットを見ながら日記を書く場合が多いので
ポメラの使い方としては

画像


横にアイフォンを並べて使っている
これなら画面をさえぎる事無く
快適に入力できる


それでもポメラは軽いとはいえ
340グラムある(DM10)

アイフォンと折り畳みのキーボードの方が
軽くて省スペースにもなる場合があるだろう

だが
ココが実際使っててのポイントだが
何にしても快適にするのは

「荷物が少ない方がいい!」

これマジで!

絶対的な「総重量」よりも
まとまってる方が「収まり」がよくて
結果的に快適になる

いわゆる「デジタルガジェット」や端末
それらが現在いろいろ出てて
モバイルルータなんかもあって
便利にしたいのか複雑にしたいのか

カバンの中でゴチャゴチャになってる人もいますが

ウルトラブックやマックブックエアー1台のみ!
とか
お金が無いならアイフォンとポメラのみ!

の方が快適になると思います


ちなみに大きさを比べるとこの様になります

画像


向かって左から
「iPhone 4」・「ポメラDM10」・「初代iPad」




↓あとは細かい話


ポメラの液晶は
とても見やすく黒がクッキリしてるし
文字の大きさも変えられる

この機種はバックライトがないので
暗いトコでの使用は不向きだが
室内の照明で十分使える

DM10より安いDM5の場合
液晶の質がガクンと落ちるので
値段の差を考えるとオススメしない


電池は単4乾電池を2本で
公証20時間となっている

私はあまり意識してないので
どれくらい持つかはよくわからないが
とりあえず頻繁に電池交換してる気はしてない

エネループはメーカーは保障しないが
一応使えるようだ


キーボートの質感
打鍵音や感触は良好だ
高級なノートPCほどではモチロンないが
十分静かでなめらかに入力できる


このポメラDM10は最新機種DM100のように
「Bluetooth」でパソコンにつながる機能は無いし
「QRコード」で読み取る機能も無い

なので作成した文章をパソコンに移す時は
いちいちマイクロSDカードを抜いてPCに挿さないといけないの?
と思われがちだが

んな事はなくて
付属してるUSBケーブルでPCに直につなげば
記憶装置「リムーバブルディスク」として認識するので
「マイコンピュータ」などで開ける

丁度USBメモリをPCに挿したのと同じ挙動だ

画像


こうやって本体のメモリとマイクロSDカードにアクセスできる



ちなみにDM10が対応してるのは
「microSDカード」だ!
「microSDHCカード」には対応して無い
ここはマジで注意!

SDだから2GBまでだ
SDHCでも2GBまでは使えるの?と思ってもムダ!
認識そのものがしないので
間違えないように購入したいとこ

ただ
激安SDカードは現在は殆ど8GB以上のクラスなので
2GBのmicroSDで安いのを探すのが意外とたいへんw
なんか割高な気がしてしまう

実際テキストはそんなに容量は必要ないのですが
DM10の本体のメモリが少ないので
何本も書きかけの原稿を貯めておくには
SDカードが必要になるでしょう



「DM10」は5千円台で買えるので
とにかくコストを抑えたい人にはオススメですが
↑上のように細かい点があるので

既に昔からポメラをガンガン使ってる人は
少し高い「DM20」を選択してます

こちらなら
本体メモリーや文字数の制限が多くあるので
長い小説や論文を書く方には「DM20」の方がオススメです

現在最安値で12000円前後なので
そのDM10との差額をどう考えるかですね

DM20の詳細は→コチラ





・・・という事でポメラはそんなカンジかな

気軽に文字入力をしたい人には
ポメラはオススメだ
DM10くらい安いなら
文字入力専用端末として選択するのもアリだと思う

ちなみに今回の日記もモチロン

画像


ポメラで書いてますw




KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM10シロ パールホワイト

KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM10シロ パールホワイト
キングジム
2008-11-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM10シロ パールホワイト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM20 プレミアムシルバー