二眼レフカメラをもって「銚子電鉄」に遊びに行こう!の件

コンバンワたま男です
今晩もカメラや写真で遊んでましょう
今回は二眼レフカメラをもって
「銚子電鉄」に遊びに行こう!の件
・・・の動画の件




さて今回は
以前の日記の様子を動画にしてみたので
その動画が本編ですw

「銚子電鉄」の経営がよくなくて
自主再建を断念というニュースを見たので
前回の日記をやったのですが
今回はその内容をそのまま動画にしてみました



前回の日記は→コチラ



その日記の内容を動画にして
ユーチューブにアップしました!

この日は

画像


二眼レフカメラの「ローライコードVb」と
「カネゴン」だけを持って
銚子電鉄に遊びに行ったのでその件です

少し長いですが
「銚子電鉄」の面白さと
「写真」の趣味の楽しさが伝われば幸いです





↑上に表示再生されない大きな画面で見る場合は→コチラ




お前ら!ぬれ煎餅買えよ!(買ってあげて><


銚子電鉄 銚電のぬれ煎餅<ぬれせん> 5枚
銚子電鉄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 銚子電鉄 銚電のぬれ煎餅<ぬれせん> 5枚 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル











後は本題の
ちょっと細かいカメラ・写真の趣味のハナシ



私のブログには現在
カメラや写真やパソコンやいわゆるガジェットやその他
などなどの日記がある

このような趣味のブログは
なるべくテーマを絞った方が
ターゲット(客)を呼べるので
そういう形態はあまりやらない方がいいのは
よくある話

でもそれじゃ自分(私)が面白くないので
この様な雑多なカンジになってる

マニアやヲタクという人達が
その分野においては詳しくて知識もあるのに
「人間的」にはあまり面白くないのは
その様な雑多感が無いからだと思う



カメラや写真を趣味にする人は
近年だいぶ増えた

先日も「アメトーク」という番組で
「カメラかじってる芸人」というのが放送されたそうで
なかなか話題になってる

私は見て無いがどうやら
にわかがにわかと叫んでにわかを笑うにわかな内容
だったようだ

そのせいでマニアが
したり顔で番組を批評する様子がネットでは多く見られ
芸人やTV局の思惑通りになっている



カメラ・写真の趣味が
これほど普通に普及すると

そのせいで
とっても面白い現象が起きている

・何を撮ったらいいか判らない
・撮るものが無い

その様な人達がよくいる
「え?じゃあなんでカメラ買ったの?バーカ!www」
と言っちゃえばそれまでだが
これが結構多い

元々何かしらに興味や趣味がある人じゃないと
カメラや写真の趣味は長続きしない分野で
殆どの方はいわゆる「兼ヲタ」という方々で

鉄ヲタや飛行機ヲタや
にゃんこ好きやカワイイものが好きな人

などなど被写体は既にある人なら
撮るものが無いなんて事はおきない


なので
物事を節操なくいろいろと興味がある方には
カメラ・写真はとっても楽しい趣味なんだけど

元々無趣味な人は
カメラを買ったからってそこから何か展開される事は
あまり起きない


だけど
私はもっと「単純」に楽しみたいと思ってるし
いわゆる「初心者」の人も「単純」になれば楽なのになぁ~
と考える


カメラの殆どの機種は
どんな古いフィルムのクラシックカメラでも

「大量生産」された「工業製品」だ

現存する個体が減ってきてるだけで
元々はじめから「庶民」の道具で
その大衆が楽しむ趣味

「フィルムカメラ」は
マニアックでサブカルで少数の人間がやってる趣味
なんてのは今では通じなくてもう普通の趣味だ
(まぁ「サブカル」なんて定義できる時点で大衆的だけどw)


モチロン
フィルムカメラには高い機種があって
当時は庶民には手が届かないのもあるけど

現在は殆どのフィルムカメラは安く買える


元々「庶民の趣味」(庶民が始め易い)である
フィルムカメラや写真の趣味

それを「複雑化」したり
「初心者お断り」なフンイキにしてるのは
「人間的」にはあまり面白くない
マニヤやヲタクやカメラ爺なのは周知の事実だ


私はそんなめんどくさい事より

「カメラをもっておでかけしようぜ!」

と言いたい


典型的な観光地にカメラを持って行って
典型的な観光地写真を撮ってもいいじゃん


という事で

「積極的にわかカメラヲタ」

というスタンスを提唱し
それを堅持しようと思う今日この頃で
今日の日記はおしまい・・・






二眼レフの紹介も乗ってる中判の本
中判カメラの教科書

中判カメラの教科書
玄光社
2013-02-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中判カメラの教科書 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル