シャッターボタンが無い「PowerShot N」にボタンがあるとイカス件

コンバンワたま男です
今晩もカメラや写真で遊んでみましょう
今回はシャッターボタンが無いのが売りの
キヤノン「PowerShot N」にボタンがあるとイカス件


今回の日記は
「PowerShot N」を買ったよ!とかレビューではありませんw



さて
「コンパクトカメラ」というジャンルの位置付けが難しくなってるそうだ
それは単純に「売れない」という点でのハナシ

スマホや携帯で写真が撮れ
そのままツイッターやフェイスブックなどで公開できるし

本格的な写真をやってみたい方は
いわゆる「ミラーレス」や
安い「一眼レフカメラ」のエントリーモデルがあるので

コンパクトカメラ・・・普通の人が「デジカメ」と総称する
小さいデジタルカメラの売り上げはそれほど良くないらしい


それに近年
デジカメの性能はどれも「必要十分」なので
写真機としての性能は何を買ってもOKになってるので
一台あればもうそれで十分だ

なのでカメラメーカーは
それ以外のトコでカメラを売るワケ

・簡単
・きれい
・小さい
・ズームがすごい!

という昔ながらのキャッチーなのは昔
現在は

・Wi-Fi 対応

とか出てきて

ん?それならスマホに高性能のカメラ付けりゃいいじゃん
とか言いたくなる事になってるw



カメラがデジカメになって
いろいろ進化というか新しい機能が増えてるのだが

実はデジカメは昔からの「呪縛」に捕らわれている

それは
大多数の人が思い描く「カメラ」というカタチから
大きく逸脱できないのだ

レンズを使う光学装置だから
物理的に変えられないトコもあるが

どちらかと言うと
消費者側に「カメラはこういうカタチ」という概念があって
そこから外れるデザインを受け入れられない
つまり「売れない」のだ

面白い事に
昔「フィルムカメラ」が全盛の頃に出たデジカメは
今のデジカメより
デジタルの利点を生かそうとカナリ奇抜なデザインが多い





さて
キヤノンから「PowerShot N」というデジカメが発売された
このカメラの特徴は何と言っても・・・

画像



このカタチ!

とっても小さくてシンプル

簡単に言えば女の子に人気になるカワイイカタチ

実際発売前から話題になって
限定の「ビンテージブラウンセット」は即日完売したそうだ


この「PowerShot N」には
「先進的なカメラ」というイメージが
おそらくあるのだろうが

キヤノンが想定する
「ターゲット」(客層)はビックリするくらい明確だと思う


それは潜在的な「フィルムカメラ欲しい病」な子達


言い方はアレだがよく言われる
女の子や若者が思い描く

「根拠が無いフィルムカメラや写真に対する過度の期待」

そこに商売を見つけて
「PowerShot N」をしかけてきた
というカンジだろう


キヤノンのスペシャルサイトは→コチラ




発売前ツイッターや掲示板での
この「PowerShot N」の感想は
まず

「二眼レフみたいにウエストレベルファインダーだ!」
「これあれば二眼レフごっこできるね!」

というのが多かった

背面の液晶をチルトして90度あげて
ローアングルで撮ったりできるのだ
地面スレスレや
路傍のお花や猫ちゃんを撮り易い


ぶっちゃけ
センサーなどの「カメラの性能」というのは
みんなこのカメラでは興味無いのだ


現在・・・というか数年前から
「ウエストレベルファインダー」というキーワードは
カワイイ女の子の重要な要素になっている


フィルムカメラ・・特に「中判」のカメラには
そのファインダーが多くて
二眼レフの場合はそれが標準だ

これは
二眼レフカメラの「ローライコードVb」と
マミヤ「M645」

画像


両方ともウエストレベルファインダーのカメラ
M645の方はファインダーだけ後で買って交換したw

女の子に人気の
「ローライ」の二眼レフや「ハッセルブラッド」
その人気の大きな要因は「ファインダー」である事は確かだろう

「PowerShot N」はそのカンジを
ふんいきの「ごっこ」で遊べる

二眼レフの場合は構え方はこんなカンジ

画像




モチロン
元々チルトする背面液晶は便利なので
そういう中判とか関係無しでも
撮影が楽になるだろう




そして
外見的な特徴では
ストラップの「吊環」が
いかにも「中判」っぽいデザインだ

コレはM645のストラップつけるトコ

画像


デジカメは一つで吊るのが多いが
「PowerShot N」2つで吊れるし
それに似合う
ストラップやカメラジャケットなどアクセアリーも用意されている



なんにしても女の子は首からカメラをさげるとカワイイ!

それがウエストレベルファインダーだとさらにカワイイ!

そこ大事!!





他にも
「PowerShot N」には
「クリエイティブショット」という機能がある

いわゆる「アートフィルター」の画像処理を
一度に6枚撮ってくれる機能だ

「構図」も「明るさ」も「色」までも
勝手に6枚撮ってくれる

これもいわゆる「フィルムカメラ的」な
その様な「遊び」(表現)がやってみたい子向けだろう

全部お任せで撮って
どのあたりが「クリエイティブ」なの?
という疑問はカメラマニアの余計なお世話w




そんなわけで
この「PowerShot N」は

女の子や若者の「フィルムカメラ人気」たる由縁を
もっと手軽にかわいらしく

さらに近年の「写真の趣味」の重要な要素である
「コミュニケーション」の為に
Wi-Fi 対応でSNSに簡単にアップできたりした

潮流に乗ってるカメラだと思う




だが!!ここで本題だが

私がこの「PowerShot N」がどうしても好きになれない

というか買わなかった重大な理由がある

それは「シャッターボタン」(レリーズボタン)


「PowerShot N」は
「新しいカメラ」と「古いカメラ風な要素」
がうまくマッチしたカメラだが

その「新しい」部分がシャッターボタン


このカメラ
パッと見ボタンが無い

ていうかホントに無いw

レリーズは背面の液晶でできる
私はむしろここまではイイ

もう一つの方法は
レンズの鏡胴の根元のリング
ここが押し込めるようになってて
それがシャッターボタンらしい

う~~~む・・・

たぶんそれは便利だと思う
ズームもそのリングでできるので
片手で操作できる

おそらく
カメラを撮影道具として考えたら
それは結構な新しい装置だ


だが「惜しい!!」という感がものすごくする


なんとなく
「潜在的にフィルムカメラに憧れる若者」を
狙った感があるデザインなのに
そこだけハンパだ

だからといって
カメラ軍艦部(上部)に普通のシャッターボタンを付けても
それは何にも意味が無い


「シャッターを押してる」(レリーズしてる)

という感触はとても魅力的なので
その機能があるとカメラをもっと好きになると思う



そこで私が勝手に
「PowerShot N」にボタンを追加したった!

見よ!これが「PowerShot N」の次世代機だ!

画像



・・・カッコイイ!ww


これは「ハッセルブラッド」のボタン
それを足したw

中判一眼レフの場合は大体ここに付いてて
ハッセルの場合は左手でレリーズしたりする人もいる


うむこれなら買うなw







まとめ:

ただの冗談ですw

でもまぁ「PowerShot N」を買わなかった理由は
私はこんなとこかな
それ以外はと~~~~っても欲しいんだけどねw

ちなみに

・フィルムカメラをやってみたい!
・できれば中判・・・
・ローライの二眼レフやハッセル使ってみたい!

という子は
素直にフィルムカメラをはじめてみればいいのになぁ~
と思います

すぐに「コストが云々」と言い出す人もいますが
1万もあれば
カメラの購入とはじめの試し撮りくらいはできますよ

画像


フィルムカメラにチャレンジ!!




関連日記:

二眼レフ関連の日記は→コチラ
マミヤM645関連の日記は→コチラ



中古カメラ検索サイト「カメラファン」(→コチラ
のハッセルブラッドの撮影の仕方の動画






フィルム写真の教科書 (玄光社MOOK カメラ・ライフ別冊)



中判カメラの教科書 (玄光社MOOK カメラ・ライフ別冊

中判カメラの教科書 (玄光社MOOK カメラ・ライフ別冊)
玄光社
2013-02-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中判カメラの教科書 (玄光社MOOK カメラ・ライフ別冊) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


大人の科学マガジン Vol.25(二眼レフカメラ) (Gakken Mook)