意味がありげ風な椅子の写真の件

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝もカメラをもっておでかけしましょう
今回は意味がありげ風な椅子の写真の件


もう何時か忘れるくらい以前

環七をバイクで走っていると
面白そうな場所があったので停車して写真を撮った


画像



椅子がポツンとあって
階段がある

だけど階段上がっても
その先は針金で封鎖されてて中に入れない

この椅子は何の為にあるのだろう?

とても不思議だ

環七に面した歩道に
突然この「非現実的」で「曖昧」な風景があったので写真に撮った




・・・と言いたいが

実はこの椅子には意味があって
それは別に特別な面白い話じゃなくて

この写真を撮った場所が「バス停」なのだ

なのでそのバス停用に
誰かが置いたであろう椅子

そしてこの階段は
おそらく環七より一段高いとこに
住宅などがあったのだろうが
更地にして
周りに柵にを建てて封鎖してる

なので階段が残っただけ



住所は:東京都練馬区豊玉2丁目あたり

現在は「東京消防庁練馬消防署」の施設になっています

グーグルマップのストリートビューでは
まだ昔の写真を撮った時の状態です

コチラ





まとめ:

近年の写真好きな子の大好きな
「曖昧」や「非現実的」なるもの

実はそれは
極めて日常的な結果の一部でしかなかったりします

それを勝手に遊ぶ分には面白いですが

リアルを見ずに
曖昧なセカイに期待し過ぎると
主体がない「曖昧なだけ」になっちゃうと思います




撮影データ:

カメラ:ローライコードVb
フィルム:フジPro400
スキャン:canoscan9000F




キヤノン フラットベッドスキャナ CanoScan9000F MarkII

キヤノン フラットベッドスキャナ CanoScan9000F MarkII
キヤノン
2013-03-14

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キヤノン フラットベッドスキャナ CanoScan9000F MarkII の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル