TV録画やPC用の普通のUSB外付けHDD「HD-LBF2.0TU2」を激安で買った件

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝もパソコンで遊んでみましょう
今回はTV録画やPC用に使える
普通の2TBのUSB外付けHDD
バッファロー「HD-LBF2.0TU2」を激安で買った件



さて

2TBのUSBの外付けHDDを買ったぜ!

なんて今時声高に叫んでも
ん?だからどうした?
と返されるであろうくらい

現在は
TVの録画用に
レコーダーにUSBでHDDを増設や
液晶テレビに直接付けて録画できたり
と外付けHDDは普通の家電製品だ


その中でも
2TBの容量の製品が
値段と容量のバランスで
いわゆる1GBあたりで最安値なので

3TBの容量が出ている現在でも
2TBを選択するのが普通だ

この状況は近年ずっと続いてるが
2011年のタイの洪水の影響で
2012年は外付けHDDがとても高かった

2TBで8千円前後だったのが
普通に1万越えしてた

それが最近少しずつ安くなって
今日・・

「おそらくここが底かもしれない」

とゴーストが囁いたので
バッファローの「HD-LBF2.0TU2」を買ってきた!!


そうつまり今回の日記の主題は

2TBの外付けHDDを買うなら今だ!・・・たぶんw

という件です


その理由は簡単

円安だ!!


実はHDDは
今年は安くなってるわけではなく
円安で高くなりました

無能の民主党のせいで
あらゆる産業がメチャクチャになり
経済が壊滅的だったとこに
円安になって
PCパーツはかなり「生もの」なので
秋葉原などで売ってる「バルク」のHDDが値上がりしました


しかし「外付け」のHDDは
ある程度量を確保して生産してるのか
そんなに大きな影響はなくずっと下げ続けていました

ですが後から影響が出て
おそらくこれから高くなる予感がします
というより「下がらなくなる」と予想


・・・そんな細かい話はいいとして

ドンキホーテに行ったら
「HD-LBF2.0TU2」が激安で売ってた

画像



7980円!!!!

安過ぎwww

全国でもやってるかは知らないが
ゴールデンウィーク中のセールらしい(6日まで)
普段は8980円でそれでも安い


なので全く使い道を考えてないが
あればあったで使うのが外付けHDD
という事で速攻買った!!

画像


お買いあげ~!



近年外付けHDDは
いわゆる「LAN接続型」の「簡易NAS」になるのが人気だが
これは普通のUSB接続で
しかも「USB3.0」ではなく普通の「2.0」

そう極めて普通の製品で
それ故安いし一番利用し易い商品だ


近年は液晶テレビやレコーダーの
録画用の増設HDDとして使われる人が多いだろうが

この「HD-LBF2.0TU2」は
パッケージに

「どちらも使える!!」
とでかく書いてあるとおり
パソコンにもTVもほぼ全部のメーカーでOKだ!

画像


・レグザ
・アクオス
・ブラビア
・ビエラ

などのテレビ・レコーダーはモチロン

・プレステーション3
・トルネ



・ハンデイカム
・エブリオ
・ザクティ

などビデオカメラにも対応してる


先にぶっちゃけちゃうと

このような「○○対応」とは
メーカーがそれを確認している(保障してる)
というだけの事で
外付けHDDは殆ど何でも
テレビなどに接続して問題なく使える

だけどメーカーが「対応!」と謳ってる方が
何かと安心なのは確かってワケ


中を見てみよう

画像


・本体
・USBケーブル
・ACアダプター
・説明書たくさん

が入ってる
後で詳しく言うが「ユーティリティー」などのソフトの
CD-ROMなどは入ってない
HDDに直接入ってる

本体のボディは

画像


とくに感想が無いプラボディだが
換気・排熱が良さそうで
表面はピカピカになってる(指紋は付くw)

家電に多く対応を謳ってあるだけあって
説明書は各社用にたくさん入ってる

画像


TVで使う場合はコレと
TVの説明書があれば
接続に難しい事は無いだろう

ちなみに
私の使っているテレビは
パナソニックのプラズマテレビ「GT3」なのだが

それに「HD-LBF2.0TU2」をつないで
フォーマットすると・・・

画像

画像



180時間32分!!!

とカナリ録画時間が多い
しかもこれはいわゆる「長時間録画」ではない
BSなどの生そのままの時間

データが少ない「地デジ」や長時間録画なら
いわずもがなだ

他にもデジタルカメラの写真データの枚数や
MP3の音楽データの曲数はこんなカンジ

画像


2TBあれば余裕だねw

というワケでTVやレコーダー用に購入したら
これだけでもう使用できるので
この先もずっとTV録画にだけに使うのなら話はおしまいだ

次は「パソコン」の場合と
少しだけ注意点の話



パソコンでの使い方は
そのままUSBに接続すればいい

フォーマット済みなので
それでもう使えるようにはなってる

・・・なってはいるが
「フォーマット」は「FAT32」でされている


難しい話はナシにして

このままだと「一つで4GB以上のファイル」は扱えない

具体的には
PC内に4GB以上の動画ファイルがあったとして
それを「HD-LBF2.0TU2」に移動して保存しようとしても
エラーが出てできない
何でかというとそれが「FAT32」

なので
パソコンで使う場合は

1番はじめに「NTFS」にフォーマットしておくとよい

後々気づくと
既に保存したファイルを移動するハメになりがち


これはよくある話なので
バッファローでははじめからそれを想定してるのか

HDD内にユーティリティーが保存されてて
それを起動すると

画像


「NTFS」にフォーマットするか?の問いが出るので
素直にやっておくといいだろう


このHDD内にあるソフトは消してしまっても
ホームページからもダウンロードできるようだが
とりあえずPC内にバックアップしておくといいだろう



付属のソフトは

画像


「バッファローツールズ」という名で

高速化の
・ターボPC
・ターボコピー

・バックアップユーティリティー
・ラムディスクユーティリティー
・Easy File Sort(ファイルふりわけ)
なんてのもある

高速化は使えそうだ


というワケで今のトコまだ安い
バッファロー「HD-LBF2.0TU2」の件でした



今回の日記の製品
BUFFALO バッファローツールズ対応 外付けハードディスク 2TB HD-LBF2.0TU2



同じ製品で価格が安いいわゆる簡易パッケージ
BUFFALO 外付けハードディスク PC/家電対応 (Regza[レグザ]/Aquos[アクオス]) 2TB HD-LB2.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]









さてここからは少しだけ複雑だけど
結構よくある話なのでポイント

USBの外付けHDDは便利で安いので
昔の320GBや1TBから容量をアップしようと
2TBに買い替えて

パソコンで使ってたHDDをTV録画に
もしくは
TV録画に使ってたHDDをパソコンに

と使用目的を変えると
どちらも


認識しないので使えない!!!


となる場合が多い


それはなぜか?
これはすごく簡単な理由で
先ほどの「フォーマット」
これが双方で違う形式だからだ


普通外付けHDDを買うと
「FAT32」でフォーマットされている
それをそのままTV録画に使うのはできる
パソコンでもそのまま使える

だけど
パソコンで「NTFS」でフォーマットしたHDDを
そのままTVにつないでも認識しない場合がある

逆にTVは
「FAT32」でフォーマットされたHDDをまず認識します
そうするとご存知のようにTVがフォーマットします

つまり認識させるには「FAT32」じゃなきゃダメで
その後TVは録画用のフォーマットをします


その録画用のHDDをパソコンに接続すると
まったく見た目上では認識しません(Windows XPの場合)

正確には認識してて
「マイコンピュータ右クリ」→「管理」で見れます


先ほど一度プラズマテレビにつないでみた
「HD-LBF2.0TU2」をみてみましょう

画像


このように「GTP保護パーティション」となっていて
中にアクセスできません
しかもここからでは「再フォーマット」もできません


このままではこの外付けHDDは
TV録画専用になってしまいます

なのでこれを解決する方法ですが
それはすごく簡単


アイオーデータの
「I-O DATA ハードディスクフォーマッタ」

ダウンロードは→コチラ

というソフトを使って
再フォーマットすればいいのです

逆にTV側が認識しない場合は
このソフトで「FAT32」にすれば認識するようになります

ちなみにアイオーデータのソフトですが
外付けHDDのメーカーは関係なく使えますw


私のブログにこの件は一度やってるので
そちらもよろしかったら・・・

TV録画に使用した「外付けHDD」がパソコンで認識できない場合の対処法の件