USBヘッドホンアンプのオペアンプを「LME49860NA」などに交換してみた件

コンバンワたま男です
今晩もパソコンで遊んでみましょう
今回はUSBヘッドホンアンプの「オペアンプ」を
「LME49860NA」などに交換してみた件


とはいえ
以前そういう「USBヘッドホンアンプとは?」や
そのオペアンプの「交換日記」はやってるので
今回は別のオペアンプも試してみたので
その感想などの話

オーディオマニアじゃないので
レビューなどのごたいそうな内容ではありませんw



私が現在パソコンで使用している
「USBオーディオ」は

画像



「PRODIGY CUBE」という製品

この手の製品は「呼び方」がいっぱいあって混乱するが
ようするに「USBDAC」とか「ヘッドホンアンプ」とか
そんな機械だと思えば正解

この「PRODIGY CUBE」の場合は
パソコンのUSB端子(出力)から音を導いて
本体を通していい音にして
ヘッドホンなりスピーカーから音を出す
という装置

普通の赤や白や光などをケーブルから
「入力」はできないので(出力はできる)
殆どパソコン専用のアンプだ

画像


大きさは手のひらサイズで
電源不要で場所もとらず
ノートパソコンでも使える


ところで
パソコンからは普通にヘッドホンの端子で音が出るじゃん!
なんでこういうの使う必要があるの?

と思う方もいるかもしれないが
「イイ音」で音楽やゲームを聴きたい人は
こういう装置を使ってて
今回のはUSBだがPCに内蔵する
PCIのサウンドカードなどを使っている


モチロン現在のPCの音がイイと思える方は
そのままでもヨロシイ


というワケで前回の日記にそういう話は
すでにあるのでそちらにまかすとして

その日記は→コチラ




今回は「オペアンプの交換」の件


オペアンプ(OPAMP)とは?

と言うのは
簡単にざっくり言えば「音が変わるモノ」

現在というか少し前から
携帯プレイヤーやスマホやアニメ(?)などの影響か

「ヘッドホン」が人気らしい

なのでおのずと
「ヘッドホンアンプ」という装置の存在を知る方も出てきて
PCオーディオの人気と一緒にブームがあるらしい

だけど
ヘッドホンアンプやDACの類はお値段がお高い

性能がヘボくて安いだけの製品もあるが
それなりのは数万円はする

オーディオの音の良し悪しは
絶対的な音質のクリアさだけなら判断がついていいのだが
個人的な「好み」というのもあってそれが実は極めて大事だ

「イイ音だが気に入らない」

幾ら高い機材を買っても
そういう状態になるとお手上げだ


そんな時にうれしいのが
「オペアンプ交換できるヘッドホンアンプ」
の存在

今回の「PRODIGY CUBE」もそう

現在
交換できるUSBオーディオは結構あるし
PCIのサウンドカードにもある

オペアンプが交換できれば
かなり音質を変える事ができる

しかもオペアンプは数百円と安いのだ!


オペアンプは基本的に
「イイ音になる装置」ではなく
「違う音になる装置」って考えればOK

モノによって組み合わせの相性があるので
高い安いのの違いはそれほどなく

・どのオペアンプが機材と合うかな?
・どのオペアンプは自分の好みかな?

というカンジで遊べる





というワケで
交換できるアンプを持ってるなら
オペアンプを秋葉原に買いに行こう!

秋葉原のどこで売ってるのだろう?
そんな疑問はすぐ解決

毎度おなじみ「秋月電子」サマ

画像



こちらで買える

ちなみにホームページでも販売してる


コチラ


オペアンプは大体200~300円くらいの半導体だ

今回は300円で良さげなを選んでみた
買ったのは

画像


「2回路入低ひずみHiFiオペアンプ LME49860NA」と
「2回路入高精度オペアンプ OPA2277PA」

どちらも300円
「ナショナルセミコンダクター」と
「バーブラウン」のオペアンプだね

「LME49860NA」の方は以前
「LME49720NA」という型番を試してみたら
かなりクリアで素直な音で気に入ってたので
その系統で今回は試してみたかったので買った



「PRODIGY CUBE」での交換の仕方はすごく簡単
本体のネジを4本はずして

画像


このオペアンプを交換すればいいだけ

専用の工具やIC抜き工具を使った方がいいが
私は気にせずラジオペンチで抜いてるw

脚が曲がらないようにと
装着する「向き」さえ気をつければ大丈夫

他のUSBアンプでも基本的には同じだ




では
交換してみたオペアンプの感想

私はオーディオマニアではないので
言い回しなどがその界隈とは違うかもしれません

それと「好み」と「機材」の違いがありますので
一般論として受け取らないよう


ちなみに音源は
「EAC」で作った「cueシート」を

「KbMedia Player」というプレイヤーで再生しています
(ダウンロードは→コチラ



まず「LME49860NA」

なんか「内圧」がかかってるようにこもってる
低音は「出てる」がそれだけ
単純な音質は良いとは思うが
全体的に場の広がりがなく中心に寄ってギュウギュウ
若い子にはいいかもしれない
「LME49720NA」のスッキリでクリアというのとは
まったく逆な味付けな印象
「LME49720NA」に低音を足したとも違うので
系統が違うと考えた方がいいかも

オススメするなら「LME49720NA」(270円)にする


次は「OPA2277PA」

こちらもパワフル
というか「LME49860NA」と似てるw
低音はさらに出てて少し雑なカンジ
ヴォーカルの艶は良い
場の広がりはこちらの方がある
曲間や無音時の「サー」というノイズがなぜか大きくなった



というカンジかな

オペアンプは「価格」はそんなに判断材料になるような
おおきな要因ではないと思いますが

元の以前交換してた「MUSES02」に戻しますw

画像


コチラは3500円もしやがるw


ついでにMUSES02の感想ですが
今回他のを試したおかげで良し悪しも判りました

MUSES02は低音が出ない
なのでクラシックなどに向いてて
ロックやポップスには向かない
とよく言われて実際そのとおりだと思います

ですが低音の「しまってる」感は
今回のよりMUSESの方があり

元々低音ドンドンは好きじゃない私には
イイ音の低音の方がいい
というカンジです

大事なヴォーカルですが
MUSES02は
絶対的な音質は他のより優れていると思います

ですが結構ヴォーカルがセンターに寄り過ぎてるかもしれません
クリアでつまってる感は無く聴きやすいのですが
超真ん中です

全体の音の場の広がりは
MUSESはカナリ広くて
オープンエアーのヘッドホンを使うとそれがすごく良いですが
もしかしたら
その空間の拡がりの中でクリアなヴォーカルがあるので
そのせいでより境界が見えて真ん中過ぎる印象があるのかもしれません




まとめ:

そんなわけでオペアンプを交換する件でした
今回は気に入ったのが無かったですが
1個300円で楽しめるので
オススメの遊びです!

ちなみに以前は
PCIのサウンドカードにしてました

画像


これは「AUDIOTRAK」の「PRODIGY HD2」

これもオペアンプが交換できます
しかも3個もあり
全部MUSESにする人もいるようですw

オペアンプ交換する前提で
とにかく「音質」なら
「PRODIGY HD2」の方が「CUBE」よりオススメです

でも「CUBE」ならドライバいらずで
ノートPCとかでも使えるから悩ましいトコw


「PRODIGY HD2」の日記は→コチラ





以前オペアンプ交換の動画を作って
ユーチューブにアップしてあるのでよろしければ・・・



↑上に表示再生できない場合は→コチラ



そうそうヘッドホンの視聴に最適な曲は何がいい?
という問いには

「ヨドバシアキバ」のヘッドホン売り場の伝統にのっとって
柴田淳の「おかえりなさい。」にしましょう!

意味が解らない方は検索してみてねw








私が買った時は19800円でしたが安くなりましたね
AUDIOTRAK PRODIGY CUBE

AUDIOTRAK PRODIGY CUBE
AUDIOTRAK
2008-11-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by AUDIOTRAK PRODIGY CUBE の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


アイフォン(iPod)などの携帯プレイヤー用でポータブルアンプで
オペアンプ交換できるのでは
この機種が評判良くて人気のようです
Audinst ポータブルヘッドホンアンプ AMP-HP 【正規輸入品】

Audinst ポータブルヘッドホンアンプ AMP-HP 【正規輸入品】
オーディンスト
2011-06-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Audinst ポータブルヘッドホンアンプ AMP-HP 【正規輸入品】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


柴田淳の「おかえりなさい。」が
収録されいてるアルバムは「わたし」です

わたし
Dreamusic
2005-03-30
柴田淳

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by わたし の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル