一眼レフのローアングル撮影に「アングルファインダー」という選択の件

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝もカメラや写真で遊んでみましょう
今回は一眼レフカメラのローアングル撮影には
「アングルファインダー」という選択もあるでよ!の件



このブログでは数年前にも
「アングルファインダー」の件についての日記をやった

今回はそれと内容的に同じで
目新しいハナシではないのだが

前回と違う点がある
それは

現在「一眼レフ」や「ミラーレス」などの
新製品で売り出されてる
デジタルカメラの「背面液晶」が

いわゆる「バリアングルファインダー」
ようするに「可変液晶」が当たり前になっている
という点だ

数年前までは
可変する背面液晶は
その機構自体が「売り」になる機能で

メーカーの多くのラインナップの中に
1台は用意されてるくらいのカメラだったが

現在は結構普通に装備されている

これはソニーの「NEX-C3」の背面液晶

画像


大きく液晶が上を向き
ローアングルなどでの撮影が楽になる

このNEXは下向きにも動き
運動会などの群集の中から手を伸ばして
上から撮影なんてのもできる


しかも以前は
可変液晶の「質」が可変しないモノよりも
画質が劣る場合が多く

動かないけど高画質

可変するけど低画質

という2択だったが
現在はこのNEXもそうだが
可変液晶でも高画質の液晶が付いている



なので
ここからが本題だが

近年「アングルファインダー」の存在が忘れられている!

画像


これはキヤノンの「アングルファインダーB」

昔のフィルムカメラ時代には
アングルファインダーは当然誰でも・・・って程ではないが
普通のカメラアクセサリーとして認知されていたが

デジカメ全盛になるにつれ
存在価値は薄れていった

その最大の理由はモチロン「背面液晶」だ


ローアングルや無理な体勢での撮影時
ファインダーを覗かなくても
背面液晶で確認しながら撮影ができるようになったからだ

それでも
先ほど話の「可変ではないデジカメ」や
いわゆる「ライブビュー」ができない一眼レフの場合には

まだアングルファインダーの出番はあった



アングルファインダーとは?

という「使い道」や「使い方」としては
殆どの場合は
「ローアングル」撮影の時に使用するアクセサリーだ

・ちっちゃい猫ちゃん
・路傍の花
・アスファルトを写し込んで見上げる構図

などなど
とにかくカメラが地面に近い時に

普通の「アイレベルフィアンダー」を覗きにくい
ほふく前進状態で地面に伏せれば撮れるが
それはちょっと・・・

なんて低い位置での撮影時に
このアングルファインダーをカメラの
「アイカップ」(アイピース)部分に装着すると

上から覗き込むようにして撮影できる

具体的には
「ほふく前進状態」でしか撮影が無理な構図の時
「立て膝状態」くらいでも撮影できる



今回のアングルファインダーBは古いアクセサリーで
現在は中古でしか売ってない
デザインもその当時に合わせてあるが
モチロン今時のEOSシリーズにもそのまま使える
(現行商品は「アングルファインダーC」)

画像

画像


キヤノンの一眼レフの場合は
フィルムカメラ時代からデジカメまで
それほど接眼部分の変化は無いので
この様に装着できるのだ




さてここまでの話で

可変液晶が普通になってるデジタル一眼レフカメラに
なぜ今頃アングルファインダーなのか?
ローアングルは可変液晶でライブビューで撮ればいいんじゃね?

というツッコミがあるだろう

それはその通りだ
数年前まではまだ利用価値があったが
現在はそれほど必要性はなく
誰も使用してないアクセサリーだ


だが!実はそこがオススメのポイント!!


「アングルファインダー」はもう忘れられた
旧世代のアクセサリーである
なので誰も使ってない
ここが狙い目!


話が少し飛ぶが

現在というか少し前から少数だが着実で確実に
「フィルムカメラブーム」がある

若い子や特に女の子に人気がある

そのブームの盛り上がりの本質的な要因は
「デジカメブーム」が在っての話だと私は思ってる

デジカメは誰でも簡単に写真を始められる道具だ

なのでどんどん写真を撮る人が増えた
そんな中
それだけじゃ満足しない子達が出てきた

そこで昔の「フィルムカメラ」という存在を知る


そこまではよくある話だが
現在はさらに「中判フィルムカメラ」までに興味を持つ子がいる


この若い子達の探求の原動力は
「デジカメ」という大多数への反抗にも似た
「カウンター」であると私は思っている



・・・そう

アングルファインダーを現在使っている人はあまりいない

フィルムカメラを使ってる子くらいは意外と多くいるものだが

このファインダーを使用して
路上で立て膝をつき
猫ちゃんやお花を撮ってる人はあまりいないのだ


ここはハッキリを言った方がいいのだが


写真を趣味にしたらカッコつけよう!

そして女の子にモテよう!

それが大事!!


なのでアングルファインダーでカッコつけちゃおうぜ!って件



近年の中判フィルムカメラ人気
特に女の子が興味津々なのは

「ウエストレベルファインダー」のカメラだ

画像


これは二眼レフカメラの「ローライコードVb」と
マミヤの一眼レフ「M645」

「ウエストレベルのカメラを使ってみたい!」
たったそれだけの理由で
この様な中判カメラを購入しようとする子までいるのだ

そしてその理由の多くは「カワイイから!」から来てる

実際
二眼レフを覗き込む女の子はカワイくなるからしょうがない


なので
お前ら野郎どもも
ウエストレベルの「ハッセルブラッド」でも買えば
女の子にモテモテだぜ!


・・・といいたいトコだが
さすがにそれは飛躍し過ぎ

そんなわけで今回のアングルファインダーの出番だ


これなら
普通のデジタル一眼レフに付けられる

キヤノン以外のメーカーでも
おそらく純正である事はあるだろう

今時デジ一眼なんて珍しくも何ともない家電製品だ
だがそこにアングルファインダーを付けるだけで
とたんにグッと個性的になる


アングルファインダーBは
そうとう昔に販売されたアクセサリーなので

中古屋さんでも結構安く売っている
確実ではないが大体

3000~4000円くらいで買えるだろう


B型の注意点は・・・

画像


右側の四角の金属のプレート
カメラボディに装着される部分がちゃんと付属してるか?
それが大事
これがないといわゆる「丸型」のカメラ(F-1など)にしか付けられない

現在のデジに付ける場合も必要だ

確か「アダプターS」という名前かもしれないが正確には忘れた



ちなみに新品で購入となると
現在のアングルファインダーCはとても高い!
なのでケンコーの安めのファインダーがオススメだ

だがB型はデザインと質感がとても良い

画像


金属でシットリしてて作りもいい


そして
時代相応のカメラに装着すると・・・

画像


どうだいカッコイイだろ!

これはキヤノンの「AE-1P」

カメラボディとレンズで7000円
アングルファインダーBが3000円

1万かけるだけでこんなにカッコイイカメラが使えます



ちなみにアングルファインダーは
360度回転しますので

画像


ローアングルの縦位置で撮影する時も簡単です





まとめ:

お金かけずに写真やカメラを趣味にする事はできます!
それはフィルムカメラでも同じです

というわけで
勝手に「アングルファインダー普及の会」の件でしたw





現行の純正は高いですが倍率を変えられたりします
Canon ANGLE FINDER C 2882A001

Canon ANGLE FINDER C 2882A001
キヤノン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Canon ANGLE FINDER C 2882A001 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


各社対応してるケンコーの価格が安い商品
キヤノンEOSやニコンやペンタックスなどに対応してるようです
Kenko アングルファインダー KF-001 KFシリーズ一眼レフカメラ・各社一眼レフ対応