共産党(赤旗)のチラシが相変わらずクズな件

コンバンワたま男です
今晩もクズを眺めて笑ってみましょう
今回は共産党(赤旗)のチラシが相変わらずクズな件


昨日ポストにこんなチラシ(ビラ)が入ってた
(クリックで拡大します)

画像


「アベノミクスでくらしはよくなっていますか?」

先に当たり前の話をしておくと
庶民が景気の動向の恩恵を受けるのは後回しです
現在はそれこそ共産党や民主党が言うところの
「一部の富裕層」のターンです

金が無い庶民は
金がある金持ちがお金を使ってから
やっと恩恵をうけるのです

それは当たり前の事なので
庶民はただ金持ちが金を使ってくれるのを願うのがスジです


共産党や赤旗が
このようなチラシや街頭演説で対象とする「庶民」とは

一言で言えば「クズ」です

彼等はそれを「弱者」と呼びますが
それこそ庶民の言い方をすれば「クズ」です


彼等の「やり方」が卑しく汚いのは
弱者の味方をしているのではなく

「弱者を生産している」

という点です

彼等のメシのタネには
圧倒的に従順で無知なクズが必要です

努力すれば現状から脱せる人や
健康・仕事・家庭に不安を抱いてる人に近づいて

「あなたは弱者なんですよ」
「あなたは悪くないですよ」

と認定をするのが彼等のやり方です

そして立派なクズに仕立てるのですが
本当にその環境からは抜け出せるようにはしません
弱者が

・自分で考えて
・自分で努力する

そんな事をされては
共産党と赤旗はオマンマにありつけないのです


このチラシを見れば
彼等がチラシを見る庶民をいかにバカだと想定して作成してるかが
よく判ります

良く言えば
共産党はどういうキャッチコピーを付ければ
クズにウケルかがよく解っています


いやいや世間には弱者もいるぞ!
という反論もあるでしょう
それはそうかもしれません

ですがその弱者とはどのレベルの人でしょうか?

私は
生まれも育ちも現在も
地形的にも地域的な意味でも低層地区に住んでいるので
色んな人間を見てきました

生活保護を得て団地に住んでいた一家は
他の住人よりも遥かに良い暮らしをしてました

アルコールやギャンブルや女にハマって
家族をかえりみない奴もいました

全て自分が巻いたタネで近所全てに嫌われて
世界が敵だと信じてる中年女性

生活に支障が無い体や精神の障害で障害者と称する人

その他もろもろ
数多くの「クズ」を見てきました
その中に私が「弱者」だと思う人は
1人としていませんでしたが

彼等は自らを「弱者」と称してしています
もっと言えば彼等の理屈では

・真面目に働くのはバカ
・国や区(市)に面倒を見てもらうのが賢い

と思っています

そんなクズ達に知恵を付け育てたのは誰でしょう?

それは共産党と赤旗をはじめとする
人権団体やオンブズマンなどの
左翼やリベラリスト達です

彼等は弱者を生産し
知恵を付けて「権利」を主張させます

権利があるならそれを享受できるのが当然
犠牲も何も払わないが権利は主張する
そんな立派なクズを作ります


そしてコレはあまり言われない事ですが

彼等共産党の支持者や区議会議員は

「弱者でも何でもない生活に困窮もしてないどうしようも無いクズを助けている」

というのを自覚しています
彼らは判っててやっているのです

彼等は本当に弱者を助けたいワケじゃなく
クズを飼いならし支持者にして勢力を拡大したい
それでクズに感謝されるんだから一石二鳥くらいの考えです

彼等のステータスは「知」です
それはモチロン世俗的で社会的な事ではなく
昔からの彼等の言語「左翼」としての知識です

場末で団塊の世代が酔って議論してる

・政治が悪い~
・世界的な視点を持て~

・・というアレですw

彼等が弱者や庶民を助けたい!として行動する
その原動力とは

根本的に「バカな弱者を知恵で助けてあげる」

これだけです
元からその視点で彼等は庶民を見てるのです

それは彼等活動家にはリアルでの社会性が無く
同じ思想活動以外での友達や仲間がいなく
社会では孤立してて
相手をしてもらえるのがさらに下のクズだけだからです

つまりクズとクズが互いにクズを求めるのです



憲法9条・96条の件はもはやギャグですw

画像



こちらが共産党の顔である
志位和夫教祖のお顔

画像


ホントウの庶民の知恵を一つ言っておきましょう

「ツラ(顔)を見ればわかる!」