西日暮里の「富士見坂」の子供代表が立派な「活動家」の件

コンバンワたま男です
今晩もカメラを持っておでかけしましょう
今回は西日暮里の「富士見坂」の子供代表が
立派な「活動家」に仕上がってる件


最近「富士山」が話題
それはモチロン「世界文化遺産」の件でだ

その登録への選定の大きな要因はイロイロあるが
富士山の文化遺産登録は「自然」だけじゃなく
「富士信仰」の山でもある事を
最近知る方も増えてきたと思う

東京の大昔「富士講」という富士信仰がブームになって
その信者達が修行や詣でたのが富士山

東京にはその富士講が作った
「富士塚」というミニチュア富士が
今でも各地に残っている

東京の住人は昔から富士山に思い入れがあり
信仰までいかなくても
毎朝遠くに見える富士山に

「今日も1日良い日でありますように」

とお願いするような身近な存在であるワケだ



さて
東京にはそんな富士山にまつわる施設・名所がおおくあるワケだが
現在でも都内で唯一

「実際に富士山が見える富士見坂」

として有名だったのが
西日暮里の「富士見坂」だ

画像


他にも各所に富士見坂はあるが
ちゃんと富士山が見えるのがここだけだったという意味


過去形にしてるのは
先日マンション建設でついに富士山が見えなくなったからだ


そのニュース記事は→コチラ




さてここからが本題だが

この土地に実際に長く住んでる住人には
これは大きな問題だっただろう
いつも見えていた富士山が見えなくなるのだから

それは想像できる

一方
住人ではないその他の人はどうだろう?

「西日暮里の富士見坂から富士山が見えなくなったんだってさ」

と問われたら
「普通の人」はどう反応するだろう?

答えは

「へ~~」

でお終いだろう

それが多くの人の答えだろう

そうリアルの話として
富士見坂で富士山が見えようが見えまいが
多くの人には関係が無い



何か大きな勘違いをしてる人がいるが

東京は「変化」をして発展した都市です

それは変化をしないと
メガロポリスを支えるようなインフラを維持できない
という超現実があるからです

沼や湿地帯だらけだったとこを埋め立てて造成し
火事や大地震や水害を何度も繰り返し
その度に対処をしていって
人命や財産を守るために変化をし

現在も進行中の大都市を作ったわけです


大きな一眼レフカメラをもった
ちい散歩気取りの団塊世代は

下町や江戸情緒を探して
路地裏などに侵入してきて撮影し
徘徊しながら変化する街を見て

・東京の都市計画はなってない!
・情緒が無い開発はやめろ!
・昔ながらの風景が失われていく・・・
・景観が~景観が~

という意見をするが

そのような「東京の田舎者」は
いかにナンセンスな意見を吐いてるかが解ってないのです



さて
西日暮里の富士見坂にはこんな張り紙があります
これは今回のマンションではなく
以前のマンション建設のさいに貼られたものですが
現在でもそのまま残っています

日暮里・谷中・千駄木の「子供代表」という事になっています
(クリックで拡大します)

画像

画像


「石原都知事」と名指ししてるとこに
この張り紙の勢力がバレバレですねwww

それにしてもこの文章はいいとして
レイアウトというか行間の狭さと余白の少なさ
かなり偏狭的な症状が見えます

子供が書いたとは思えません



さて
想像してみてください

建設会社がマンションを建てようとした
図面も資金も建設に関わるあらゆる職人も手配した

そしたら何処からともなく
誰だがわからない人が来て
いきなりこう切り出した

「富士山が見えなくなるから建設やめろ!」と

突然他の区から言われて
しかも悪者扱いされるのだ

大人が子供達を巻き込んで
「子供の意見」として難癖をつけてくる

建設会社は「権力」や「体制」でもなんでも無い
建設で食ってる多くの庶民が関わってるのだ

それを「富士山が見えなくなる」で道理を問う人達が居るワケ


この様な庶民と乖離がある考え方をする違和感がある人達

基本的には
リベラリストというか左翼的な思想を持ってる
オンブズマンや教師などが関わって騒いでるというのが
よくある街の住人による反対運動を煽ってる勢力だ
(ようするにバック)


だがこの西日暮里の富士見坂については
それ以上に

土地の高低差においての
「山の手」と「下町」
その生まれ育った地で形成された価値観や意識
そのものでの差異

それが違和感の原因だと思う

ようするに
川の氾濫で畳を舟代わりにして救助を待ったり
火事で町内一角全部丸焼け
などの経験が乏しい

山の手的発想の「上から目線」が
この富士見坂の件での傲慢さになっているのだろう


・・とはいえまぁホントは
後から来た田舎者の住人が騒いでるんだろうけどねw




ところで
「景観」というフレーズが好きな
谷中・根津・千駄木のいわゆる「谷根千」の活動家の皆様

景観を損なうモノには断固反対する姿勢がおありのようなので
コチラについてはどの様な対処をなさるのでしょう?

画像


千駄木駅のすぐ近く本郷通りにある中華料理屋ですが
「毛沢東」の肖像が大きく描かれています

ご存知のように「毛沢東」は大虐殺を行った人物です

ヒトラーやスターリンと同じかそれ以上の人物です

そんな人物の肖像画を
千駄木の街中に掲げたら「街の景観」はどうなんでしょう?

数年前からずっとこの看板はありますが
これに住人運動を起こして対処する予定はあるのでしょうか?



もしかして
この肖像画が「東条英機」だったら
即刻撤去する様に運動を起こしたりはしませんよね?w


法的に何も問題ない
「NTTのデータセンター」に反対運動をしてた
近隣の住人にもぜひご意見を聞きたいとこですw