足立区宮城氷川神社の「宮城富士塚」の動画の件

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝もカメラを持ってお出かけしましょう
今回は東京都足立区の
「宮城氷川神社」にある「富士塚」
「宮城富士」の件


・・・の動画を

ユーチューブにアップしたよ!

の件



先日の「富士山」の文化遺産登録
それによって富士山に注目が集まっているが

その登録の選考では
「自然」という面だけではなく

「富士信仰」の信仰の山としての
文化的な面もあった事がTVなどで紹介されたので
その様な歴史に
あらためて興味が起きた方も多いだろう


その富士信仰と言えば
富士山にもある「浅間神社」なのだが

さらに興味深い存在と言えば

「富士講」とその方々の施設「富士塚」だ


今回の日記では

富士講とは?
富士塚とは?

という内容は調べればいくらでも情報があるのでやらないが
興味ある方は調べてみるといいだろう

特に東京にお住まいの方は

江戸時代に
江戸界隈でブームになったのが「富士講」なので
東京には現在でも結構身近に富士塚が在ったりして
おもわぬ発見があるかもしれません


その中でも「足立区」は

現存する富士塚が多くあります


「荒川」・・・現在の荒川方水路ではなく
昔の荒川・入間川の近くに「氷川神社」が多くあり

その境内に「富士塚」があります



ここは東京足立区の「宮城氷川神社」


画像



住所は:足立区宮城1-38 

とても静かな場所で
大きめな敷地に立派な鳥居があります

隣りには公園があり
敷地を隔てる高い壁や柵は無く
何時でも開放されています

この神社は
足立区の文化的な施設ではよくある話ですが
「荒川方水路」を作る時に
そこにあった神社や寺は移動せざるをえなくなり
現在の場所に移動したそうです


境内には「氷川神社」が真ん中にあり

向かって左には「稲荷神社」と「水神宮」があり

右側に「浅間神社」と「三峰神社」があります


この様に神社にはメインの神社の他に
敷地内にいろんな神社や施設がある事が
よくあります

コレは

「摂社」(せっしゃ)
「末社」(まっしゃ)

と呼ぶようです
その2つの正確な区別の仕方はわかりませんが

メインの本殿の「御利益」的に
武装というかパワーアップの為に
敷地内にいろんな神社を置くのだそうです

宮城の富士塚も
その様に敷地内に摂社して建てられたようです



こちらが「宮城富士」(塚)

画像

数メートルの高さで
溶岩かはよくわかりませんがそんなカンジの岩でできています
登山道も正面にあり

頂上には「浅間神社」の祠があります

画像

画像




そんなワケで今回の内容を動画にして
ユーチューブにアップしました
よろしかっら・・・





↑上に表示再生しない大きな画面で見る場合は→コチラ



注意点!!

富士山の文化遺産の件で
富士塚が注目されるのは必然ですが

富士塚は江戸時代の昔からある
「富士講」の方々の為の「宗教施設」です

興味深い面白い施設ですが

神社は「私有地」であり
開放されてても
騒いだりしないようにしましょう!


それと大事な話ですが

富士塚にむやみに登るのはやめましょう!

富士塚は登る日などが決まっていたりしますし
登るのは富士講の方々です

「品川神社」の「品川富士」の様に
登るのも開放されてるような(あくまで)富士塚もありますが

興味本位で「登るのを目的」にしないように!


特に
カメラを持った街歩きや珍しいモノ好きなサブカル系には
目に余る人達がいますので



おまけ:

神社の入り口にこんな石碑が!


画像



「國威宣揚」!

超カッケー!!

これは調べてみる価値ある石碑ですね!