安いカメラスタビライザー「SK-W02」を買ったので開封動画の件

コンバンワたま男です
今晩もカメラで遊んでみましょう
今回は激安で買えたカメラスタビライザー
NOTES「SK-W02」の開封動画の件


今回の日記は

買ってきたよ!なので開封して動画アップしたよ!

というだけの内容です
実際の使い方や性能・効果の件はそのうちやります



(追記:初テストの日記と動画をアップしました→コチラ




近年
いわゆる「カメラスタビライザー」が人気だ
人気というより認知されてきてる

そのブームの1番の要因は

「デジタルカメラで動画が撮れる!」

というのが大きな理由だろう

以前は
運動会や学芸会を撮影するパパさん達は
動画はいわゆる「ビデオカメラ」で撮り
写真はデジカメで撮るものだったが

コンパクトカメラやザクティなどの
小さなデジカメでも手軽で十分な画質で撮れるようになって

それが現在では
デジタルの「一眼レフ」や「ミラーレス」にまで
動画の機能があるのが普通になってきて
しかもフルハイビジョンで撮れるようになった

センサーが大きく
ボケを強くするのも楽しめて
レンズ交換できればいろんな画角・画質で撮影できる

・・・と遊び方や表現の幅が広がったので

写真を撮るのはモチロン
一緒に「デジタルカメラで動画を撮る」
という方が増えている


その様に撮影された動画は
家族や仲間など身内で鑑賞するだけでなく
現在はユーチューブなど動画サイトやSNSで公開する人も多い

なので
「人目に晒すのなら動画のクオリティを上げたいなぁ~」
と思うのは必然で

カメラ機材を次々買っていってしまうのは
よくある話w


そんな中
特に「街歩き」系の動画で
質を高める為に欲しくなるカメラ用品といえば

いわゆる「カメラスタビライザー」だ!


カメラスタビライザーとは?
という話はメンドイので簡単にすると

カメラを持って
歩いたり走ったり
階段などを登り降り
などなど

撮影者がアクティブに動けば動くほど
体の動きでカメラが動いてしまって
ブレブレの動画になってしまうのを防ぐ
カメラに装着する道具だ

「ステディカム」という呼び方の方が有名かもしれないが
今回は「カメラスタビライザー」でお話する

「ステディカム」は商品名なので
それ以外の場合は「カメラスタビライザー」
と呼ぶのが一般的なようだ

「戦車」や「ブルドーザー」などの「キャタピラー」を
「トラックベルト」と呼ぶようなモン



スタビライザーの用途は具体的には

手に持ったカメラで
一人称的な視点で
商店街や観光地などの街歩き動画を撮ると
歩みに合わせて上下にグワングワン揺れてしまう

それは見てる人にはキモチ良くない動画だ

なのでそれを抑えてる役割なのが
スタビライザーってワケ


スタビライザーというか「ステディカム」を使用した
有名な映画作品と言えば

「シャイニング」!

画像


子供が三輪車でホテル内を走ってるのと
迷路の中を追いかけてる印象的なシーンで使われているから
見た事ある方も多いと思う


なので
動画が撮れるデジカメもあるし
せっかくだから
そんなスムーズな移動シーンを撮りたいなぁ~
なんて思った方は
「スタビライザー」の存在を知って
いろいろ調べるだろう


だが!いざ調べると

スタビライザーの類は高い!

しかも鬼高い!!

10万越えるモノもザラで
推奨されるような有名なのは8万くらい
スマホ用ですら2万はする!

そんなの手が出ないぽ・・・

とあきらめる方多数



・・だったのだが
数年前三脚やカメラバックで有名な

「マンフロット」が安いスタビライザーを発売した

画像


Manfrotto スタビライザー マルチ・ビデオスタビライザー MODOSTEADY 585


これは現在でも売ってて
価格は1万前後だ

今までの本格的なのに比べたら安いし
なにより「小さくて軽い」ので
携帯性があって良さそう!

と結構人気になったようだ

有名なユーチューブのレビューなどでも取り上げられ
前々からスタビライザーを思案してた人は
すぐに飛びついたようだ


・・・だが
このマンフロットの製品
「小さくて軽い」というのがキモで

その分スタビライザー的な性能が
あまりよろしくないって評判なのだ

もちろんそれを理解してれば
何処にでも持ち運べて便利なのだろうが
不満がある方も多いようだ


なのでカメラスタビライザーを

「自作」する人も居る

「安いのは不満だし性能が十分なのは高い」
なので自分で造っちゃおう!ってワケだが
それもそういう工作に慣れてる人や時間がある人向けだ



結局のところ「製品」としては

重くてデカくて値段が高い!
それが性能が良い!

というのはスタビライザー界隈では真実に近いらしく
ヌルヌルのスムーズな動画撮りたきゃ
カネ出して重い機材を使えよ!
ってのが答えらしい


だがそれじゃあ面白くない!

安くても必要十分なスタビライザーないのか?
金出せばOKより
出さないけどOKの方が面白くね?

俺様1人ラッダイト運動!



・・・ということで
秋葉原に行って激安のカメラスタビライザー買ってきた!

画像


購入したのは
MOTES「SK-W02」

そのお値段6980円!!


先程のマンフロットの製品が1万前後なので
それより安い!
パッケージを見る限りシッカリしてる
だがその分「携帯性」は無いが
本格的な高いのよりは小さく持ち運びは楽そう
ってカンジだ


この値段これなら
「自作」というのが楽しい人はいいけど
そんなのメンドウだしヒマも無い

だけどそれなりの欲しいなぁ~
しかもなるべく安く!

って場合には許容できる値段だと思う



そんなワケで今回は「開封動画」の件なので

買ったスタビライザーの箱の中身を見るだけの件w
その様子を動画にしたのでよろしければ↓


少しだけ感想は
思ってたよりもシッカリしてる
これで6980円なら買いだと思う

特に「重り」(錘)がかなり重く
これならシッカリスタビライザーとして機能しそうだ
動きもスムーズ

気になったのは
カメラを固定するネジ穴が
前後だけしか動かないので
バランスをとる微調整はできなそうだ


というワケで後は動画をどうぞ





↑上に表示再生できない大きな画面で見る場合は→コチラ






まとめ:

このカメラスタビライザー「SK-W02」を購入したのは

秋葉原のあやしいお店界では有名な

画像


「三月兎2号店」

中の人の趣味なのか
カメラ用品が結構あって
マウントアダプターやフィルターや
シューアクセサリーなどなど
安くて便利な製品がたくさんあります

ちなみに
メーカーはよくわからないが「本格的なつくりで安い」
・・という製品もあってそれは29800円くらいでした

見たカンジそれを使えば
性能的な不満は起きないんじゃね?
というくらい立派なモノでしたが
さすがにその値段で人柱は無理なのであきらめましたw


三月兎のホームページは→コチラ



続きの初テストの日記と動画は→コチラ




今は少し高いようです
イージースタビカム小型カメラ用 SK-W02

イージースタビカム小型カメラ用 SK-W02
プロ機材ドットコム

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by イージースタビカム小型カメラ用 SK-W02 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


同等品で安いのもありますね



携帯性ならマンフロットがいいでしょう
Manfrotto スタビライザー マルチ・ビデオスタビライザー MODOSTEADY 585-1



レッドラム!レッドラム!
シャイニング [Blu-ray]

シャイニング [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シャイニング [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル