新型も出るので電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」の使い心地の件

コンバンワたま男です
今晩もガジェットで遊んでみましょう
今回は新型も出る事だし
電子書籍リーダー
アマゾン「Kindle Paperwhite」(2012)の使い心地の件



注:

新型(2013)の製品レビューとかではありません!
キンドル(2012)の使い方や感想などのハナシです




さて
私のこのブログに来るお客の
「検索ワード」に最近

「キンドルペーパーホワイト 販売終了」

というフレーズがここ数日よくあった
モチロン当該するそんな日記は無いのだが
たまたま単語が組み合ってヒットしたのだろう

そんな話題は知らないので
少し驚いて

・えっ!アマゾンが日本からキンドルを撤退するのか?!
・日本の出版社や作家の柔軟性の無さにアマゾンが辟易したのか?

なんて一瞬思ったが
モチロンそんなワケは無く

「Kindle Paperwhite」の新型2013年モデルが発表されたのだ
(なので2012モデル販売終了という検索があったんだね)


アマゾンの詳細ページは→コチラ


2や2ndのように
ナンバリングするのではなく
「新しいiPad」のように
新型は「Kindle Paperwhite(ニューモデル)」と呼べばいいらしい

これは私が実際使ってて実感するのだが

「完成してる」製品にはナンバリングして
新旧の区別をあまりしたくない意図があるのだろう

ていうかそういう印象を客に持たれると
2を買うなら3まで待つ
3を買うなら4まで待つ
といつまでも買ってくれない
なんてのを防ぐ効果があるのかもしれんw



さて
先に言っておいた方がいいのは
私がここ数年で・・・

買ってからの満足度が一番高かったのは
この「Kindle Paperwhite」だ

画像


「からの」というのがミソで
買う前の期待度とそれから購入後の満足
その「ギャップ」が一番あったのがキンドルだった
・・・という意味


モチロンここ数年他にもイロイロ購入してるから
満足だった買い物は他にも沢山ある

私はカメラも趣味にしてるから
昔から欲しかったフィルムカメラを買ったら
すごくハッピー!になる
それはキンドルよりも満足だ

だけどそれは欲しい!欲しい!って思ってて
買えば大満足するであろうと買う前から解ってたモノだ


それが「Kindle Paperwhite」の場合は
買ってからの満足がデカイ!

つまりそこまで期待してなかったというワケw


実際このブログの以前の日記には
「電子書籍」というモノをかなりディスってる日記もあるw
(楽天の三木谷氏をディスる為の意図で)



それが何だかんだで私は
「Kindle Paperwhite」を購入する事になったのだが

これから
「購入してみようかなぁ~」
とお考えの方もいるでしょうから
今回はそんな件です

しかしキンドルを購入する人の大前提

・電子書籍とリアルの本との乖離
・買ったら本を読むのか?読まないのか?

それは個人的な資質の問題で
本を読まない人がキンドル買えば読むという事もそう無いだろうし
購入するかの思案には個々で考えればいい事だから
そういう感性や郷愁的なのはナシで

今回は新型になって変わった点も見ながら
「Kindle Paperwhite」の「ハード」的なハナシの件



まず
「Kindle Paperwhite」の購入をお考えの方が
疑問や不安に思うであろう点を並べてみよう


1:とにかく文字はちゃんと読めるのか?(ディスプレイの件)
2:操作は快適か簡単か?
3:設定は誰でも簡単にできるか?
4:コミック(漫画)は読めるか?
5:キンドル本(書籍数)は十分あるか?
6:モテるか?


だいたいこの位のお題が出てくるだろう

では↓後はその詳細のお話・・・




1:とにかく文字はちゃんと読めるのか?(ディスプレイの件)


まず大前提として
キンドルは昔から「液晶」パネルではありません

「液晶のプラズマテレビ」というモノが無いように
パネルそのものが違います

「e-ink」という方式で
ホンモノのインクで描いています

文字や絵をパネルに描いたらそのまま表示するので
消費電力が極めて少なく済む
なのでおのずと稼働時間が増えます


こればっかりは実際に店頭などで
実物の「Kindle Paperwhite」を手にとって
確認した方がすごくわかり易いのですが

文字はとにかく見やすく読みやすいです

これは芥川龍之介「蜘蛛の糸」

画像

画像


キンドルといえば洋書(英文)の本ばかりのイメージがありますが
「日本語」こそ綺麗に表示できる端末だと私は思います
(ちなみに「蜘蛛の糸」は青空文庫で無料)


家電量販店などに行くと
おそらく「Kindle Paperwhite」はすごく地味な印象があるでしょう
すぐ隣りにある「Kindle Fire HD」の方が
画面が明るくて綺麗!
と思われるかもしれません

それに
「Kindle Fire HD」はモチロン
「iPad」でもキンドルアプリを入れれば
キンドル本など電子書籍は読めます

なので「Kindle Fire HD」が1台あればいいんじゃね?

と閃いちゃう人も多いと思います


・・・これはハッキリ言った方がいいのでズバリ言いますと

「液晶の端末」と「Paperwhite」は別物!

と考えた方がいいでしょう
先に言っちゃうとコミックを読むのなら液晶でもいいですが
「小説」などを読むにはベストではありません

個人の主観でしょうが
液晶画面で小さな文字をずっと読み続けるのは
私には無理です


「Paperwhite」のディスプレイは
「すりガラス」のような手触りで(曇ってはいないですw)シャワシャワしてて
それがものスゴイ「つや消し」になっているようで
光の反射を全然しません
液晶と違って昼間の日ざしの下でも読めます


文字の

・大きさ
・余白
・行間

は簡単に変えられます
フォントは明朝とゴシックです

画像


私は文字の大きさを1番小さいのから2つ目にしてます
これで昔の文庫本の極小さい文字より少し大きいくらいですが
まったく読みにくさを感じません



「Kindle Paperwhite」の大きな特徴は
なんと言っても「バックライト」です

ですが正確には「バックライト」ではなく
「Paperwhite」では「フロントライト」と称してる方式です
(便宜的な言い方でバックライト)


電子書籍の端末は
イーインクでバッテリーが長持ちするのが利点で
液晶のようにバックライトで照らしてないので見やすい

という概念がありましたが
「なんにしてもバックライトあれば便利」
という極めて正当な進化で「Paperwhite」はライト付きです

正直ライトが無ければ私は買いませんでした

ライトがあれば当たり前ですが暗いトコでも読めます
寝る前に読むのも楽チンです

このフロントライトという方式はマジでよくできてて
液晶のような眩しさを全く感じません
文字を見やすいようにだけ照らしてるカンジです

明るさの調整もできます

新型の2013年モデルは
このディスプレイがさらに良くなってるそうです
ぶっちゃけこれ以上(2012)の向上が必要か?とも思えますが
黒のコントラストや白の白さが変わってるそうです


なんにしてもディスプレイは一度実際に見るのがオススメ!






2:操作は快適か簡単か?

「Kindle Paperwhite」の物理的なスイッチは1つです

画像


電源スイッチのみ!
後はスマホやタブレットのように「タッチパネル」で操作します

昔のキンドルは
「ページめくり」はボタン式だったのですが
「Paperwhite」はタッチでできます

横に動かす「スワイプ」でもいいし
ただ単にポンと「タッチ」するだけでもページがめくれます

キンドルの重量は200グラムくらいしかないので
私は左手だけで持って
そのまま親指でポンポンしてページをめくります


全部の操作はタッチパネルで行うので
スマホなどを使い慣れてる方なら大丈夫でしょう

本を探す時の検索など文字入力も
スマホと同じような画面に表示される
「ソフトキーボード」で入力します

実は
「Kindle Paperwhite」はワイファイにつないでれば
ツイッターなどSNSもできるので
つぶやくこともできたりしますw
ブラウザ(体験版)からや
本のフレーズをコピペのように引用して投稿できます



よく
「Kindle Paperwhiteのタッチパネルは反応が遅い」
という方が
とくにYou Tubeの「レビュー動画」と称する方に多いですが

「タッチパネルの反応」が遅いという事はありません
むしろ敏感なくらいの性能です

正確には
「タッチした後の処理が遅い時がある」
が正解です

ですが
それはコミック本や写真集を速く読みたい場合や
本来の趣旨とは違うネット観覧などをする場合においてです


小説など文章の本を読んでる時は
ポンポンとテンポよくページをめくっていけ
ページ切り替えでつまずきがあるブレイク感は
私は全く感じません(むしろ快適)


ちなみに先程の↑上の「文字の大きさ」を変える設定
指二本でつまんだり開いたりする

「ピンチ」(ピンチアウト)

の操作で
本を読んでる最中でも簡単に変えられます

その他画面の右上をタッチすると
「しおり」がはさめたり

本を読むうえでの快適な操作は
専用端末ですしあります

操作の類は直感的というか
むしろスマホなどみたいに複雑な機能が無いので悩まない
ってカンジですねw

新型の2013年モデルは
内部のCPUが更に速くなり25%向上したそうです





3:設定は誰でも簡単にできるか?

いわゆるデジタルガジェットや家電製品
その「設定」が
絶対的にできない苦手な人というのは結構多い

説明書読めばいいじゃん!
と言いたいが今時のハイテク機器には説明書すらない
アイフォン・アイパッドを購入して途方にくれる方も多かったらしい

「Kindle Paperwhite」はどうか?

画像


実は説明書は入ってない!
パッケージの内容物はUSBケーブルだけ
説明書はそれこそ電子書籍で本体内にありますw



私は家電量販店で購入したので
設定が少し必要だったが

アマゾンで購入すると
アカウント情報の設定が既に済んでる端末が届くそうだ

とはいえその設定といっても
アマゾンのアカウントを入力するだけの事なので

購入先はお好きなトコを選べばいい


他に必要な作業は
ご家庭の「Wi-Fi」(無線LAN)につなげるだけだ

おそらくこれができない方が多いらしい

だが
現在の無線LANは昔と違ってすごく簡単なので
「難しく考えない方がいい」
というのが結構マジなアドバイス

ご家庭に無線LANルータが無いのは無理だけど
スマホなど利用してて既にある方なら

そのルータのボディ裏に
シールでシリアルナンバー(パスワード)が書いてあるので
それをキンドルに入力するだけだ

ヘンに難しく考えてルータの設定をいじったりするとドツボになりやすい



それだけで基本的な設定はお終いだ

アカウントがあればログインしてストアに行って
キンドル本を購入すれば
後は読むだけ!

・・・なのだが
それはクレジットカードを使ってる人のハナシ
基本的にその前提でアマゾンやキンドルはできてるけど

クレジットカードは使いたくない!
だけどキンドル使いたい!

なんて場合には
「アマゾンギフト券」(カード)
が使える

その場合にはもう少し設定が必要なので
その日記は別にあるのでよろしかったら


Amazon「Kindle Paperwhite」を「ギフト券」の支払いだけで使う件






4:コミック(漫画)は読めるか?

これは簡単なハナシにしましょうね

当然読めます
キンドルストアにコミックは沢山あります
昔のコミックを安くして販売もしてます

当然全部の漫画があるわけじゃないですが
話題の漫画もあります

ですが・・・

画像


とうぜんモノクロなので
カラーページはモノクロです

これは「進撃の巨人」の1巻
進撃は全巻キンドルにあり
新刊の発売日にキンドルにも出ます

漫画の場合は
ディスプレイは綺麗なのに
(本のデータの)解像度が低いので
スクリーントーンなどはつぶれる傾向があるようです

画像


画面の大きさも
コミック本より小さく文庫本漫画寄りの大きさです


キンドルはイーインクを使用してるので
ページ送りの時にリセット(リフレッシュ)する必要があり
その瞬間に画面が反転するので
それが気になり嫌う方も多いのですが

小説など文章なら数ページに1回程度ですが
コミックだとページ毎に反転します
なので気になる方は気になるでしょう

その理由もあり
ページ送りは少しもたつきます
普通に読む分には大丈夫ですが
速く読む人は反応(処理)が遅いと感じるでしょう

新型の2013年モデルは
コミックのページめくりは速くなってるでしょう



「Kindle Paperwhite」における「コミック」は

「持ち運び」に便利
電車などの移動中に読みたい
キンドルで最新巻を購入してすぐ読みたい
逆に読んだ事が無い昔の安いコミックを読む

という使い道がいいと思います

ちなみにキンドルで買った本は
アマゾンアカウントで管理されているので
「Kindle Fire HD」や「iPad」のキンドルアプリで
本を最購入しないで読めますので

コミックは
家ではそのようなカラー液晶端末で読み
外出先ではペーパーホワイトなんて使い分けがいいかもしれませんね

ちなみに「進撃の巨人」の11巻は
ミカサの特別カバーがあるのですが

画像


こういうのは当然電子書籍では楽しめませんw


コミックは無料やセールが多いので
チェックするといいですね
今はドラゴンボールが100円のようです

コチラ







5:キンドル本(書籍数)は十分あるか?


これはズバリ言いますが


少ないです!!


・・ですが読みたい本が多くて困りますw


こんなアンビバレントな気分なのが
キンドル本というか電子書籍な件

これはもう個人でどう思うか
本を読む人が電子書籍に何を求めてるか
そのようなハナシになってしまうので

あくまで私の話にしますが


私が
読みたいような本
作家の本は
ことごとくキンドルにはありませんでした

なので先に
「読みたい本がキンドル本化してるか?」
を調べておいてから
電子書籍というモノに手を出した方がいい


・・と私が言うとおもいきや
そうではありませんw


まず
「贔屓の作家しか読まないのでその新刊を読みたい!」
なんて方は先に
その作家が電子書籍に理解があるか調べておいた方がいいでしょう

ですが
いわゆる「雑食」の人は電子書籍は向いていると思います


ハッキリ言っちゃえば

「そんなに欲しい本があればリアルの本を買えばいい」

くらいに私は思ってるので
欲しい本がキンドルに無ければ普通に古本屋で買いますw


キンドル本での読書や本選びの楽しみは

昔読んだ
「夏の100冊」のような定番の小説を
オッサンになった現在

「青空文庫」で無料で読み返してみる

なんて無料の本を懐かしく読んだり


キンドルストアでベストセラーになってる
ドラマの原作本

今なら「半沢直樹」の原作である

「オレたちバブル入行組」 [Kindle版]→コチラ

などを試しに読んでみたり


などなど
すっかり忘れてた本や
普段リアルの本なら買わないであろう本を
電子書籍の手軽さから買って読んでみよう

・・なんて使い方が
電子書籍らしい使い方だと思う

実際私も・・・

画像


~得体の知れない不吉な魂が私の心を終始圧えつけていた~

梶井 基次郎の「檸檬」なんて→コチラ

まだ私が若いおちんちんだった頃に読んだっきりで
忘却の彼方の本だったw


この様な本が
キンドルストアで探してると沢山でてくるので

読みたかった本は少ないけど
読みたくなる本が増えて困る

という状態になることうけあいですw


ちなみにこのような
路上にたって拳を握ってる若者のほとばしる先っちょ汁の青春小説

ジャックケルアックやサリンジャー

などなどはキンドルに在りません!!
それが残念!


2012年のキンドルは2GBの容量があり
2013年の新型は4GBです

普通の文字の本は4000冊入るそうです

漫画や写真集は容量が大きいので
おのずと量は減ります

常識的に考えて
キンドルを購入すれば使えるクラウドもあり
2GBでも十分過ぎると思います





6:モテるか?

少なくとも
アイフォンやスマホで小説を読む為
目を近づけて覗き見るようにしてる人や

スターバックスでマックブックエアーを使用する
というギャグとして定型してる人

よりかはモテるガジェットかもしれませんw







まとめ:

長いので今回はこんなカンジで

「自炊」の本も読めるのか?入れ方は?
とかはそのうちにでもやります
(答えは普通に読めますけどねw)


私は既に2012年モデルを使用してて
何も不満は無いので十分ですが

これからの人は
モチロンニューモデルがいいでしょう


Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi
Amazon
2015-06-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル