「Kindle Paperwhite」で吉川英治著「宮本武蔵」を読む件

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝もパソコンやキンドルで遊んでみましょう
今回はAmazon「Kindle Paperwhite」で
吉川英治著「宮本武蔵」を読む件



さて2013年の新型が発表され
予約の受付を開始してる

「Kindle Paperwhite」→コチラ


前回の日記でも触れたが
キンドルの使い方は

「現在の作家の新刊を読む端末」

という面よりも

昔の有名な作家の小説を
「青空文庫」などで無料で読み返したり

普段はリアルな本では買わないような
作家やジャンルの本を
キンドルの手軽さから試してみる

なんて「雑食」な使い方が向いている端末だと思う



キンドル(2012)の
使い心地など細かい話の前回の日記は→コチラ



そもそも
キンドルストアで売っている本の数は
ぶっちゃけそれほど多くなく

目当ての本がストアに無い場合
その作家が書いた本「全部」が無いのが普通だ

それは「出版社」か「作家」が
電子書籍にするのを抑えてるのか

アマゾン側が
商売的に利益にならない作家は本にしないのか

どっちかか両方かは私は知らないが
とにかくオキニの作家の本がストアに無ければ
そういう点でのキンドルの使い道は一つ減る

それはそれで残念なんだけど
キンドルはそれより

・全く知らなかったけど面白そう
・知ってるけど読んだ事無い

なんて本を試してみるのが楽しい使い方だと思う


それが可能なのは
青空文庫などで「無料」の本がたくさんあるからだ

それなりにお金を出して
普段読まない様な作家やジャンルの本は購入しづらい

それが
古くて有名なら殆ど無料であるし
お金かかるのでも100円とか安いのもある

有名な作品で無料本の場合
昔過ぎて言葉使いが現代人には読めないので
「新訳」(現代訳)として読みやすくした本などが
100円とかである

青空文庫は無料なので良いのだが
慣れてない方には読めないので
そういう新訳の本が便利だ



そんなワケで
私は読みたかった作家や本は
キンドル化してないのは知ってて
「Paperwhite」を買ったのだが

読みたい本はドンドン増えてる

ストアで検索したり
ランキングやセールなどを見ると
次はコレにしようかなぁ~と増えてくのだ

そんな中現在読んでるのは

画像


~どうなるものかこの天地の大きな動きが~

吉川英治著「宮本武蔵」



先に言っちゃうと
コレは100円でキンドルストアから買った本だが

無料でも読める!
本のデータを配布してるサイトがあるのだ


キンドルで買う場合は
検索で普通に「宮本武蔵」と入れれば
すぐ見つかるが結構種類が多い

いわゆる「全巻集」で1つの商品(本)になってるのもある

画像



中身は同じなのでどれでもいいのだが
私が買った1巻100円のだけは少し違う製品で

1巻1巻別売りなので高くつくw

だけどその分というか・・・

画像


ちゃんとした表紙がある!

・・・そんだけ!w


中の文章は特に新訳とかではなく
他の安い全巻集や無料なのと同じだ
なのでホントに表紙のイラストだけw



さて
私は昔から
いわゆる「歴史小説」や「時代小説」の類は全く読まないので
池波正太郎も司馬遼太郎も藤沢周平も
映画や時代劇の原作では知ってるが
本は読んだ事無い

なので超~有名なこの
吉川英治の「宮本武蔵」も読んでなかった

本を読まない他の多くの人と同様

「宮本武蔵」とは井上雅彦氏の漫画

画像

画像


「バガボンド」の「原作」として知ってただけだ


それにバガボンドは
この「原作」をかなり脚色して
佐々木小次郎などのキャラを作ってる
というのは知ってたので

全然違う内容なら
尚更ワザワザ読む事も無いかなぁ~
とオモテた


それが先日キンドルストアを見てたら
100円であったので1巻だけ買ってみた・・・というワケw


でこれが面白い!

はるか昔から面白いから
現代まで読まれてるのだろうけど
素直に面白い!

この本は1935年から新聞で連載されたらしいので
すごく昔なのに
文章が読みやすくてスラスラ進む
いわゆる「大衆小説」なので展開も早く抑揚がある


そして何より現代の視点からすると

漫画「バガボンド」を読んだうえで
この小説を読むとさらに面白いと思う

たぶん現代の若い子は

バガボンドは読んだ事あるが
原作の小説は無い

・・・ていうか
そもそも本自体を普段読まない

なんて子が多いと思う
そんな子がこの原作を読めば
すごく楽に読めると思われる

その理由は簡単

本を読んでる時
登場人物が漫画バガボンドのキャラクターで
脳内に登場するので文章からイメージし易いからだ

新免武蔵はモチロン
お通も又八も
漫画のキャラクターが動き出す

そしてお杉おばばも!w


なので本を普段読まない子は
むしろ漫画を読んでからこの原作を読む
という順番の方が良さそうだ




バガボンドは原作を大きく脚色してる
という世間のウワサだったが
私はむしろ
意外と原作通りなんだなぁ~という印象がある

30巻くらいからの
小次郎を魅力的にしようと過度に演出し過ぎたり
武蔵の暗黒フォースが出てきたり
ぬたああん
とか抽象的な画は何だかなぁ~とは思うが

原作と別物という感はあまり無かった


吉岡清十郎は漫画と原作ではだいぶ違うケドw



なのでオススメの本なので
若い子には特に読んで欲しいが
1冊100円じゃたいへんだ

なので全巻セットなら200円くらいなので
それでもいい

そしてさらに言うと
少し手順が必要だが
無料で本のデータを配布してるサイトがあるので
そこからダウンロードして
「Kindle Paperwhite」に入れて読んでもいいだろう

モチロン違法じゃないので安心

「吉川英治 宮本武蔵 曇天文庫」で検索すれば
そのサイトがあるのでそこからゲットだ!


そのサイトからキンドルで扱える
「.mobi」という拡張子のファイルがダウンロードできる
6.7MBくらいとテキストにしてはデカイファイルだ

これを「Kindle Paperwhite」に入れる

やり方は簡単

普通は本のデータやテキストなどは
「Paperwhite」にわり与えられたメールアドレスに送ってもいいし
一度キンドルの「クラウド」に入れてもいい

今回はファイルが大きいので
直接「Paperwhite」の中に入れてみよう

とはいえ簡単なのだが
少しだけポイントがある

それは
PCとキンドルをつなぐ
USBケーブルは・・・

画像


付属してた「純正」がいいかも!という点

これはあくまで私の環境だけかもしれないが
付属のUSBケーブルを使わず
他のケーブルを使用したら

「充電」はできるが「通信」はしない

という事になった

キンドルを純正USBケーブルでPCにつなぐと
普通のUSBメモリーと同じ様な挙動をして
端末の中にアクセスできるのだが
他のケーブルだとそれができなかった


純正のケーブルをつなぐと

画像


こんな画面がピコンって出ると思う
出なかったら「マイコンピュータ」で開けば
「Kindle」という名のリムーバルルディスクとしてある

この「ドキュメント」フォルダに
先程の「[吉川 英治] 宮本武蔵.mobi」というファイルをいれればいいだけ!

簡単だね!




そんなワケで
私は1巻だけは100円で買いましたが
その後はこのダウンロードしたファイルで読んでいます

意外というかありがちな話かもしれませんが
全巻分のファイルだとページが多過ぎて長くて
何時終わるのか解らないので
少しめげそうですw





現在キンドルペーパーホワイトを予約すると
1980円分のKindle本用クーポンがもらえるそうです
Kindle Paperwhite(ニューモデル)

Kindle Paperwhite(ニューモデル)
Amazon
2013-10-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Kindle Paperwhite(ニューモデル) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


充電器は無くても使えます
必要な人だけ
Amazon Kindle Paperwhite充電器 (端末には付属していません)



原作の「宮本武蔵」はキンドル本があるけど
漫画の方はキンドル化してないですね
バガボンド(36) (モーニング KC) [コミック]

バガボンド(36) (モーニング KC)
講談社
井上 雄彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バガボンド(36) (モーニング KC) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル